腰痛は動いた方がいい?それとも安静がいい?その疑問にお答えします

腰痛
LINEで送る
Pocket

腰痛は動いた方がいいのか?それとも安静が良いのか?

強い痛みの場合、そもそも動くことができないので安静にすると思います。ですが、問題は腰痛はあるけれど、日常生活は普段どおりにできる状態の場合。

痛みはあるけれど、動くことはできるという状態ですね。

こんな状態の時は、動いた方がいいのでしょうか?それとも安静がいいのでしょうか?どちらか迷ってしまうと思います。

では、実際どうすれば良いのか?また、その理由は何か?などについて解説をしています。

腰痛で動いた方がいいのか迷っている方は続きをどうぞ。

1 腰痛は動いた方がいいのか?安静がいいのか?

黒板

腰痛がある場合に、動いた方がいいのか?安静がいいのか?このことについては、どちらが正しいということはありません。この時に考えて欲しいのは、何のために動くのか?ということ。

腰に痛みがあり、その痛みを取るために動くというのは良くないですね。そもそも、動くこと=治療ではないのですから。ですから、動いた方がいいのかどうかという視点は一度忘れましょう。

腰痛を治すために動くのではなく、一度良くなった後に再発予防として運動などに取り組むというように考えてみてください。

2 腰痛で動くと良くない理由

腰痛で動くと良くない理由は、腰痛の原因が固まった筋肉にあることが多いからです。筋肉に疲労が重なると、だんだん柔軟性を失い固まってきます。そして腰痛に。

その状態で歩くとか、体操をする、鍛えるといった動作をするとさらに筋肉に負担がかかります。そして、痛みが悪化したり、長引いたりしてしまうこともあるのです。

腰痛の状態によって異なりますが、全く動かず安静にしろということではありません。必要以上に動くことは、決して良いことではないということなのです。

3 動くと楽になる場合は動いた方がいいのでは?

ウォーキング

腰痛の方で、例えばウォーキングをすると楽になる。だから腰痛は、動いた方がいいと思ったことはないでしょうか?

なぜウォーキングで動いたから楽になったかというと、固まった筋肉が原因の腰痛だからです。筋肉が固まって痛みの原因になっている時は、動くことでその筋肉が少しほぐれます。

そのため、一時的に楽になるということ。だからと言って、動いて良いということにはなりません。先ほどと同様、治すために動くという考えは一度忘れましょう。

4 腰痛の原因について知って欲しいこと

腰

腰痛と言っても、実は原因は複数あります。炎症、筋肉、内臓、背骨などいろいろな要因があります。そして、それらが同時に起きていることも十分考えられます。

腰痛の原因が異なれば、当然ですが必要な対策も変わります。炎症なら、その熱を抑える必要がありますし、内臓が原因ならそのための薬などが必要でしょう。

このように、単に腰痛と言っても原因や対策がいろいろです。ですから、腰痛のある時に、動いたほうがいいかどうかという視点は忘れましょうということなのです。

5 腰痛で動いたために悪化した場合は?

腰痛

腰痛がある時に、痛みを我慢しながら動いたので痛みが悪化した。もし、こうなってしまったら、まずは安静にしてください。

そして、痛みが落ち着いたら整形外科を受診しましょう。動いた結果、炎症が増して痛みも強くなったかもしれません。そんな場合は、炎症に対しての対処が必要。

具体的には、消炎鎮痛剤としての痛み止めや、医師の診断によりますが注射が必要なこともあるでしょう。ですから、痛みが悪化したら、まず病院を受診してくださいね。

6 どういう状態なら動いてもいいのか?

腰痛で動いても良いのは、完全に良くなってからです。そして、筋肉が原因の腰痛なら、回復後筋トレやその他運動をすることは良いことです。

なぜなら、筋肉を鍛えることで腰痛の予防につながるからです。ですから、できるだけ完全に回復してから運動等で体を動かすのが良いです。

腰痛がある時にどうしても動きたいのであれば、痛みが増さない程度の時間と量で体を動かす程度なら良いでしょう。

7 腰痛で動いた方がいいか迷う方へ

腰痛は動いた方が良くなるのか?それとも安静が良いのか?これは、実際にどの程度の腰痛か?そして、何が原因かによって判断が分かれます。

ですから、冒頭でも触れたように、治すために動くということはしないでください。ぎっくり腰でも動けば良くなるという考えもあるようですが、お勧めはできません。

なぜなら、ぎっくり腰と言っても、どの程度の痛みなのかが各個人によって違うからです。

痛くても我慢すれば動ける。だから、動いてぎっくり腰を治すというのは間違いです。軽い痛みが走った状態程度なら、少し動けば治まることもあるかもしれません。

ですが、やはり痛みがある時に大切なのは、必要以上に動かないことです。そして、くり返しますが、動いて治すという考えは忘れましょう。

動いたことで良くなったという人は確かにいると思います。ですが、それが全ての腰痛の方に当てはまるわけではないのですから。

何が原因の腰痛か?そして、どの程度の痛みがあるのか?を把握し、その上で必要な対策をすることが腰痛対策には大切ですね。

腰痛でお悩みの方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰痛は動いた方がいいかどうか?という基準は持たない方が良い。原因や状態によって必要な対策が異なるので、単に動いて良いかどうかの判断は間違い
  • 固まった筋肉が原因の腰痛は、動くと痛みが増すことが考えられる。中には動いた方が楽という方もいるが、それは動くことで固まった筋肉が一時的にほぐれただけ
  • 腰痛がある時に、動いた方が良いと思い動いたら悪化した。そんな場合は、まずは整形外科を受診してみてもらうことが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。