腰痛でコルセットはした方がいい?効果的な使い方や不要な場合についての解説

コルセット
Pocket

腰痛になった場合、コルセットはした方がいいのかどうか?

実際に、腰痛の方ならお考えになったことがあるかと思います。ただ、コルセットに関しては、使った方が良い場合とそうでない場合があります。

また、腰痛の際にコルセットを使うにしても、効果的な使い方や外すタイミングもあります。

では、どんな腰痛ならコルセットを使った方が良いのか?また、使う場合はどういう使い方をするのが良いのか?などについて解説をしています。

腰痛でコルセットを使うか迷っている方はご参考ください。

1 腰痛でコルセットはした方がいいのか?

黒板

腰痛でコルセットはした方がいいのか?この答えは、一度実際にコルセットを使ってから判断するのが良いです。

つまり、コルセットをしてみて腰痛が楽になるなら使う。使ってみても全く腰痛が楽にならないなら使わない。そういう判断で大丈夫です。

使って楽なら、コルセットが有効な状態。使っても変わらないなら、単に締め付けているだけですからむしろ外すのが良いですね。

2 コルセットをすると何が良いのか?

腰痛がある時に、コルセットをすると良いのは腹圧が高まることです。簡単に言うと、お腹に力が入りやすくなるということ。

お腹に力が入りやすくなることで、筋肉への負担が少し減ります。そのため、動いた時の腰の痛みも少し緩和されることがあるということなのです。

コルセットをしていると歩く時の痛みが弱いとか、立ち上がる時も痛みが少ない。そうなるのは、コルセットをすることで腹圧が高まり、筋肉への負担が軽くなっているからです。

3 コルセットの効果がない腰痛はこんな場合

腰痛

コルセットをしても効果がない腰痛は、炎症が原因の腰痛です。コルセットは簡単に言うと、筋肉を補助するためのもの。ですから、筋肉が原因の腰痛なら効果を期待できます。

ですが、炎症が原因の腰痛は、体の中に炎症が起きたことによる痛み。ですから、コルセットをしてもそもそも意味がないのです。

動く時に痛む腰痛ならコルセットの効果を期待できます。ですが、安静時でもズキズキうずくような腰痛の場合は、炎症が原因のことが多いので効果を期待できないことが多いです。

4 コルセットの効果的な使い方1

コルセットを巻く位置

腰痛の際に使うコルセットを、より効果的に使うためには正しい位置に巻くことが大切です。上の写真をご覧ください。赤い線と肌色の印を付けています。

赤い線が骨盤の位置になります。そして、肌色の印がコルセットを巻くと良い位置です。骨盤の高さが、コルセットの中央の高さになるように巻くと良いということですね。

これより上過ぎると、コルセットが肋骨に当たって痛くなったり呼吸がしづらくなることもあります。効果的に使うには、より良い位置に巻いてくださいね。

5 コルセットの効果的な使い方2

コルセットは、一度着けてしまうとそのままという方が多いのではないでしょうか?ただ、より効果的に使うなら、面倒でも状況に応じて調整するのが良いです。

例えば、外出して長く歩かなければいけない。そんな時は、少し強めにしてみる。また、デスクワークが長くなる時は、座っているだけなのでややゆるめてみる。

さらには、状況に応じて着けたり外したりするのも良いですね。ちょっと面倒だとは思います。ですが、状況に応じて調整するということも試してみてください。

6 コルセットは寝る時もするの?

睡眠

腰痛の方でコルセットをすると楽という場合でも、寝る時にコルセットをする必要はありません。

寝ている時は寝返りをすることはありますが、それ以外はリラックスした状態。ですから、コルセットをしてお腹に力を入れやすくする必要がないのです。

寝る時にコルセットをしても、締め付けているだけで意味がありません。ですから、寝る時は必ず外しましょう。

7 どんなコルセットをすれば良いのか?

腰痛ベルト

腰痛の方で、コルセットをしたいけれどどれが良いか分からないという方もいると思います。ただ、これをすれば必ず楽になるというコルセットはありません。

ですから、可能なら一度試着して使ってみる。そして、腰痛が楽に感じるなら、そのコルセットが合っているということになります。

あえて言うなら、幅の広いもののほうがカバーできる範囲が広いですから理屈上では楽に感じるかと思います(※幅の広いものが必ず良いということではありません)

8 コルセットで楽になる腰痛にはこんな対策もある

腰痛

コルセットをすると楽になる腰痛は、筋肉が固まったことに原因がある腰痛です。また、コルセットは、あくまでも補助具。ですから、着けている時が楽になるだけです。

ですから、コルセットがなくても良い状態になるためには、固まった筋肉がゆるまなければいけません。そのための方法の1つに、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉が原因の痛みに対して施術をする方法です。コルセットを着けて楽に感じる。そんな状態なら筋肉が原因なので、トリガーポイント鍼療法の施術対象と考えられます。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

9 腰痛でコルセットをした方がいいか迷っている方へ

腰痛になった場合、コルセットをしたほうがいいかどうか迷う方はいると思います。ただ、今回解説してきたように、良いかどうかは実際に使ってみて楽かどうかで判断するのが良いです。

ですから、楽ならコルセットを使うのが良いですが、そうでなければむしろ外した方が良いということ。

炎症が原因の腰痛ならそもそもコルセットは無意味です。また、着けても変わらないなら、単に締め付けているだけにもなってしまいます。

だから、一度使ってみてから判断するのが良いということですね。

そして、コルセットはあくまでも補助具ということも忘れないでくださいね。コルセットをしていれば、それだけで良いということではありません。

コルセットで楽になるならもちろん使ってください。ただ、その場合は筋肉に原因があるので、筋肉への対策が根本的には必要ということなのです。

コルセットの使い方、そして、筋肉が原因ならそのための対策もあるということを知ってもらえればと思います。

腰痛でお悩みの方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰痛がある時にコルセットをするかどうかは、一度使ってから判断する。コルセットをして楽なら使う、そうでなければむしろ外すのが良い
  • 腰痛の原因が炎症による場合、コルセットをしても効果は期待できない。なぜなら、コルセットは筋肉を補助するためのものだから
  • コルセットは、骨盤の高さ辺りがコルセットの中心にくるように巻くと良い。そして、状況に応じて調整したり、着けたり外したりすることも良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。