腰痛で反らすと痛い方に知って欲しい原因や対策とやってはいけないこと

腰痛
Pocket

腰痛になり、腰を反らすと痛い。

腰を反らすと痛む状態だと、実際に反らした時だけではなく他にも痛みが出る時があります。例えば、立ち上がる時や、立ったままが続く時。

そんな状態が続くと、日常生活だけではなく、仕事中にも痛みが出て影響上がると思います。こうなると困りますよね。

こんな場合、考えられる痛みの原因はちゃんとあります。そして、原因があるということは、必要な対策もちゃんとあるということ。

では、腰を反らすと痛い場合の原因は何か?そして、どうすれば反らしても大丈夫になるのか?などについて解説をしています。

腰痛で反らすと痛い方は続きをどうぞ。

1 腰痛で反らすと痛む場合の原因

黒板

腰痛で反らすと痛い。そんな場合の原因は、腰やお尻の筋肉が固まってしまったことにあります。捻挫や骨折といった明らかなケガがなければ、原因は筋肉にあります。

筋肉に疲労が重なると、柔軟性を失います。簡単に言うと、肩こりのような状態。これがさらにひどくなると、固まってしまいます。そして、固まった筋肉は動かすと痛みの元になります。

固まった筋肉を動かした時に出る痛みを「収縮痛」と言います。つまり、体を反らすというのは、腰や臀部の筋肉を使って反らします。それで痛むということは、筋肉が原因ということなのです。

2 反らした時に痛む原因はここ

腰を反らした時に痛みが出る。その場合、原因は筋肉が固まってしまったことにあるとお伝えしました。

では、具体的にどの辺りが原因になりやすいのか写真で解説します。

腰痛の原因になる筋肉

腰とお尻に赤い丸を付けています。この辺りにある筋肉が固まってしまうと、腰を反らした時に痛みが出る原因になりやすいです。

反らして腰が痛い、だから腰が原因。こう思う方は多いかもしれません。ですが、お尻の筋肉も原因になりやすいということがポイントです。

3 反らして痛む腰痛に痛み止めの効果はある?

痛み止め

反らした時に腰が痛む。その状態に対して痛み止めは効くのかというと、多くの場合で効果は期待できないでしょう。

痛み止めとして処方されることが多いのは、消炎鎮痛剤としてのものです。消炎鎮痛剤ですから、炎症が原因の痛みには有効。ですが、固まった筋肉が原因の痛みには効かないことが多いです。

ロキソニンを処方され、真面目に飲んでいるけれども反らした時の痛みは変わらない。これは、原因が炎症ではなく筋肉にあるからなのです。

腰痛で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?薬の作用と痛みの原因など8項目

4 反らして痛む腰痛に湿布の効果はある?

湿布

腰を反らした時に痛みが出る。その状態に、湿布はどうかと思う方は多いと思います。ですが、反らして痛む状態には、湿布の効果もあまり期待できないでしょう。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。ですから、炎症による痛みがあれば、効果を感じるかもしれません。ですが、筋肉が原因の痛みのみなら効果は期待できません。

腰痛の原因として、炎症と筋肉という2つの要素が同時に出ていることがあります。ですから、全く無意味とは言いませんが、反らして痛む状態には湿布の効果はないと思う方が良いですね。

5 筋肉が原因ならコルセットはどうか?

コルセット

腰を反らすと痛む原因は、固まった筋肉にある。それならば、コルセットをすれば良いのではと思う方もいるかもしれません。ただ、コルセットは補助具。

ですから、コルセットをした状態で腰を反らすと、やや楽に感じるかもしれません。ですが、コルセットを外して腰を反らすと同じように痛むと思います。

コルセットが良い・悪いではありません。コルセットを着けて仕事などをするのは良いですが、着ければ反らす時の痛みがなくなるわけではないということですね。

腰痛でコルセットはした方がいい?効果的な使い方や不要な場合についての解説

6 反らすと痛む腰痛にとって良いこと1

シャワー

腰を反らすと痛む場合、筋肉が原因になっていることがほとんどです。そんな場合には、温めることが有効な場合は多いです。

筋肉を温めるとほぐれます。疲れた時にお風呂に入ると楽になるという経験は誰でもあると思います。理屈はこれと同じこと。ですから、温めることは良いですね。

長湯をする必要はありません。湯船につかって体が温まったと思えば出れば良いです。ただ、できるだけ続けることが大切ですね。

腰痛は冷やす?温める?迷った時に知って欲しい8つのポイント

7 反らすと痛む腰痛にとって良いこと2

腰のストレッチ

腰を反らすと痛む原因は、腰やお尻の筋肉が固まってしまったことにあります。ですから、腰やお尻などのストレッチをすることは良いですね。

痛みを我慢してやる必要はありません。腰やお尻を伸ばして、心地よく感じる程度で十分です。やり過ぎるとストレッチとは言え、後から痛みが出ることもありますから気をつけてください。

お風呂上がりに少しの時間で構いません。腰、お尻、太ももの裏、ふくらはぎなどをストレッチで伸ばしてあげてみてください。

8 腰痛で反らすと痛む時にやってはいけないこと

バツ

腰痛で反らすと痛む時に、やってはいけないことがあります。それは、筋肉に負担のかかることです。

反らすと痛むのは、筋肉が固まってしまったことが原因。その状態に対して、さらに筋肉が疲労するようなことをすると、さらに痛みが増したり長引いたりします。

筋トレ、スポーツ、痛みを我慢しながらの腰痛体操など。これらは、痛みのない時なら良いことですが、反らすと痛む時は控えるようにしてください。

腰痛になった時にやってはいけないことは?悪化する可能性があることまとめ

9 腰を反らして痛むならこんな対策もある

腰痛

腰を反らすと痛むのは、多くの場合で筋肉が固まってしまったことが原因。その状態に対しては、対策として筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉が原因の痛みなら、その筋肉がゆるむことが必要。トリガーポイント鍼療法は、その筋肉に対して直接鍼の施術をするという方法です。

腰を反らすと痛い、椅子から立ち上がると痛い。そういった、動作に伴う痛みは筋肉が原因なので、腰を反らすと痛むなら施術の対象になるということですね。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

10 腰を反らすと痛む腰痛でお悩みの方へ

腰を反らすと痛む。この場合、反らすことで背骨に神経が圧迫されるから痛むと思うかもしれません。ですが、そういうケースはゼロではないですがかなり少ないです。

もし、神経圧迫が原因なら、反らさなくても常に痛みます。そういう状態ではなく、反らしたり、その他の動作で痛む。そして、痛くない時もある。そんな状態は筋肉が原因。

筋肉が原因の状態に対して必要なことは、その筋肉の状態を良くすることです。ですから、薬や湿布が効かないことも多いのです。

また、こういう状態を、鍛えれば治ると考えてしまうのも間違いです。そうではなく、まずは筋肉の疲労をちゃんと取ってあげることが必要。

そして、そのための方法はいろいろとあるということを知ってもらえればと思います。

腰を反らすと痛む腰痛でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰を反らすと痛む状態の原因は、明らかなケガがなければ、腰やお尻の筋肉が固まってしまったことが原因
  • 腰を反らすという動作に伴う腰痛は、筋肉が原因なので消炎鎮痛剤としての痛み止めの薬や湿布は効果を期待できないことが多い
  • 固まった筋肉が原因で腰を反らすと痛む場合、入浴で体の疲れを取ることや、ストレッチで筋肉を伸ばすことなどは対策として良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。