腰痛になり仰向けで寝られない時の原因や自分でできる対策などまとめ

ストレッチ
Pocket

腰痛になり、痛みのため仰向けで寝られない。

夜寝る時は仰向けで寝たいけど、腰が痛むので仕方なく横向きで寝る。でも、朝起きた時は仰向けになってしまっていて、今度は起き上がるのが大変。

こういう状態が続くと困りますよね。

仰向けで寝るという簡単なことで腰が痛む。この痛みの原因は、多くの場合ではっきりしています。そして、原因があるということは、対策もちゃんとあるのです。

では、痛みのため仰向けで寝られない原因は何か?そして、どうすれば仰向けになっても大丈夫になれるのか?などについて解説をしています。

腰痛で仰向けで寝られなくてお困りなら続きをどうぞ。

1 腰痛のため仰向けで寝られない時の原因

黒板

腰痛のため、仰向けで寝られない。この、仰向けになった時に痛む原因は、腰やお尻の筋肉が固まってしまっていることにあります。

腰の骨は前弯と言って、誰でも少し前にカーブしています。腰やお尻の筋肉が固まっていると、この前弯が仰向けになるときつくなるためさらに痛みが出るのです。

傾向として女性に多いですが、仰向けになった時に、腰と床の間に手のひらが入るくらい隙間ができる。そんな場合は、腰やお尻の筋肉がかなり固まっていると言えます。

2 仰向けになると痛む原因はここ

仰向けになると腰に痛みが出る。その場合、筋肉が固まったことが原因ということをお伝えしました。

では、具体的にどこが原因になりやすいのかを解説します。写真をご覧ください。

仰向けになると痛む時の原因になりやすい部分

腰とお尻にバツ印を付けています。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、仰向けになった時に腰やお尻が痛む原因になりやすいです。

写真のように右側だけ(または左だけ)の方もいれば、両方の筋肉が固まってしまい痛みの原因になっている方もいます。

3 痛みが治まるまでは横向きで寝る

睡眠

腰痛のため仰向けで寝られない。そんな状態の時は、寝付きは良くないかもしれませんが横向きで寝るようにしてください。または、痛くなければうつ伏せでも良いです。

眠ってしまってから、自然に仰向けになってしまうのは仕方がありません。ですが、寝るまでの間は痛みを我慢しながら仰向けになるのは避けてくださいということ。

仰向けで寝ることに慣れていると、寝付くまで時間がかかるかもしれません。ですが、できる限り横向きで背中を丸くすると楽かと思います。

4 仰向けで痛む状態に湿布や薬は効果ある?

腰痛

腰痛で仰向けになると痛む。そんな状態に湿布や痛み止めの飲み薬はどうかと考える方もいると思います。ただ、仰向けで痛む場合、どちらもあまり効果は期待できません。

なぜなら、湿布も飲み薬の痛み止めも消炎鎮痛剤だからです。炎症が原因で痛みが起こることがあります。そんな痛みには、消炎鎮痛剤が良いでしょう。

ですが、固まった筋肉が原因の場合には、消炎鎮痛剤は意味がないのです。仰向けで腰が痛む、横になると楽になる。そんな場合は筋肉が原因の痛みですから、湿布・薬は効かないことが多いでしょう。

腰痛で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?薬の作用と痛みの原因など8項目

5 仰向けになると痛む時のケア方法

ストレッチ

仰向けになると腰が痛くて寝られない。そんな状態は筋肉が原因。では、どういうケアをすれば、仰向けになってもグッスリ眠れるようになるのか?

簡単にできる対策を紹介します。

5-1 湯船につかって温める

固まった筋肉が原因の場合、湯船につかって温まることは良いですね。入浴で疲れが取れるということは誰でも経験があると思います。

長湯する必要はありません。体が温まったなと思う程度で十分ですから、湯船につかるようにしてみてください。

5-2 入浴後にストレッチ

湯船につかった後は、軽くストレッチで腰や臀部を伸ばしてみてください。力任せにグイグイと伸ばす必要はありません。軽くで十分。

ただし、できる限り継続することが大切です。ストレッチで一気に回復ということはありません。軽くで良いので続けてくださいね。

5-3 少し仰向けになれるようになったら

少し仰向けになれるようになったら、タオルやクッションを腰の下に挟んでみてください。それで痛みが出ないなら、少しの時間仰向けになってみてください。

時間が経過した後でも、腰の痛みがあまりない。そんな状態になっているのなら、寝る時もタオルかクッションを使って仰向けになってみてください。

ただし、痛みがすぐに出るなら、また横向きになるようにしてくださいね。

6 仰向けで寝られないならこういう対策もある

腰痛

腰痛で仰向けになると痛むため寝られない。その原因は、ほとんどの場合で筋肉にあります。こういう状態には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって、痛みの原因になっている筋肉に鍼をする方法。ですから、仰向けになると腰が痛む状態でも、筋肉が原因なら施術ができます。

仰向けになると腰が反った感じで痛む。横になるとその痛みが治まる。そういう場合は筋肉が原因なので、鍼での施術が可能ということですね。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

7 腰痛で仰向けになると痛くて寝られない方へ

腰痛で仰向けになると痛む。そんな状態が続くと、普段仰向けで寝る方に取っては困りますよね。

また、仰向けで痛む場合、その他の動作や姿勢でも痛むことが多いと思います。そして、仕事や日常生活に影響が出てしまうことも多いでしょう。

そういった腰痛ですが、原因はほとんどの場合で筋肉にあります。筋肉が原因の痛みは、壊れてしまったわけではなく固まっているというだけです。

固まった状態とは、簡単に言うと肩こりの延長。ですから、対応方法はちゃんとあるのです。ただ、湿布や薬の効果があまりないというだけ。

筋肉が原因なら、筋肉への対策をすることが必要。そして、そのための方法はあるということを知ってもらえればと思います。

腰痛で仰向けになると痛くて寝られない方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰痛で仰向けになると痛くなるので寝られない。この状態の原因は、腰やお尻の筋肉が固まってしまったことにある
  • 仰向けになると痛む状態に対しては、湿布や痛み止めの飲み薬は効かないことが多い。なぜなら、湿布も痛み止めの消炎鎮痛剤で、筋肉をゆるめる作用がそもそもないから
  • 腰やお尻の筋肉が固まって痛みが出ている状態には、ストレッチで筋肉を伸ばすことは良い。ただし、やり過ぎは逆効果なので注意が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。