腰痛はウォーキングをした方がいい?良くなる場合と悪化する場合の違い

ウォーキング
Pocket

腰痛になった場合に、ウォーキングをすれば良くなるかな?と思ったことはないでしょうか?

実際、ウォーキングで腰痛が治まったという方はいますので、ご自身が腰痛の場合もウォーキングを始めようかと思うかもしれません。

ただ、ウォーキングで腰痛が治まった方はいますが、悪化してしまった方がいることも事実。こうなると、どうすれば良いか分からなくなってしまいますよね。

ウォーキングに関しては、良い場合と悪い場合があります。では、その違いは何か?そして、良くなる理由と逆に悪くなる理由は何か?などについて解説をしています。

腰痛でウォーキングを始めようか迷っている方は続きをどうぞ。

1 腰痛でウォーキングをするのは良い?悪い?

黒板

腰痛でウォーキングをするのは良いことなのか?悪いことなのか?その答えは、その時の腰痛の状態によるということになります。

痛みが強い場合、痛みを我慢しながら歩くと腰痛が悪化する恐れがあります。では、軽い場合はどうかというと、痛みが治まることもあれば、逆に強くなってしまうこともあります。

ですからベストな選択は、完全に腰痛が良くなってからウォーキング開始。歩くことと治すことは別と考えるのが良いということですね。

2 ウォーキングで痛みが治まる時の理由

ウォーキング

ウォーキングをすることで、腰痛が治まったという方もいると思います。この場合、理由として考えられるのは、歩くことで固まった筋肉がゆるんだということ。

腰痛の原因は、多くの場合で腰やお尻の筋肉が固まったことにあります。その状態で動くと、固まった筋肉がゆるみます。そのため、痛みも治まる場合があるということですね。

運動前にウォーミングアップをすると体を動かしやすくなる。理屈としてはこれと同じです。

3 ウォーキングで痛みが悪化する理由

ぎっくり腰

 

ウォーキングで腰痛が悪化する理由は何か?これは、痛みが強い時に無理をして歩くと、筋肉に負担がかかったり炎症が増してしまうことがあるからです。

ですから、痛みがまだ強い時にウォーキングで治そうとすると、歩いている時は良くても後から痛みが増すことが考えられるのです。

ウォーキング自体は健康的な行為ですが治療ではありません。ですから、治すことを目的にするのは良くないということですね。

4 痛くなってからではなく痛くない時にするのが良い

注意点

ウォーキングは、運動としては手軽に始めることができるし、軽い運動なので体への負担も軽いです。ですから、良い運動と言えば良い運動。

ですがこういったことは、本来痛みがない時にするのが良いです。ですが、普段運動をしない方が、痛くなってからウォーキングをしようとしてしまうことが多いです。

仕方がないとは思うのですが、運動は痛みがない時にするのが良いです。そして、痛みが出てしまったら運動は休み、治療に専念するのが良いですね。

5 腰痛はどうすれば良い?

腰痛がある時は、ウォーキングよりもまずは良くすることに専念しましょう。では、どうすれば良いのかについて解説をします。

5-1 まずは原因を特定する

医師

腰痛がある場合、まずは病院で原因を特定してもらうのが良いです。腰痛と言っても、原因はさまざま。

神経、背骨、炎症、筋肉、内臓・・・。こういったことはどれも腰痛の原因になり得ます。ですから、「ちょっと腰が痛いくらいで」思う場合でも、まずは整形外科を受診しましょう。

5-2 薬や湿布の作用について知って欲しいこと

腰の湿布

腰痛で病院を受診して、骨や内臓などに問題がなければ薬や湿布が処方されることが多いです。

そういった薬や湿布について知って欲しいことがあります。それは、腰痛に処方される薬も湿布も消炎鎮痛剤だということ(※消炎鎮痛剤以外の薬が処方されることもあります)。

ですから、炎症が原因の痛みに対して有効ということですね。ロキソニンが処方されたのなら、医師が炎症があると判断したからということになります。

5-3 薬や湿布で腰痛が治まらないのはなぜか?

腰痛

腰痛に対して、処方された薬を飲んだり、湿布を貼っているのに治まらない。その理由は何かというと、原因が炎症以外にもあるということ。

こういう時に考えられるのは、筋肉が固まってしまったことです。筋肉に疲労が重なると、だんだん縮んで固まってしまい痛みの原因になることが多いです。

そういう状態に対しては、消炎鎮痛剤は効きません。この場合は、筋肉への対策が必要ということですね。

6 筋肉が原因の腰痛はどうすれば良い?

腰痛になり、病院でもらった薬を飲んだり湿布を貼っても治まらない。その場合は、固まった筋肉が原因のことが多いです。

そういった腰痛には、固まって痛みの原因になっている筋肉がゆるむことが必要。そのために取れる対策としては何があるかを紹介します。

6-1 腰やお尻の筋肉を温める

シャワー

固まった筋肉が原因で腰痛になっている場合、お風呂で腰やお尻の筋肉を温めるのが良いです。温まることで疲れが取れるのは、誰でも実感があると思います。

腰痛がある場合は、腰やお尻の筋肉を温めるのが良いです。湯船につかる習慣がないなら、シャワーを当てるという方法でも良いですね。

6-2 お風呂上がりに腰とお尻を伸ばす

お風呂で筋肉を温めた後は、腰やお尻の筋肉を伸ばすと良いですね。いわゆるストレッチです。グイグイと伸ばすのではなく、気持ち良く感じる程度で十分。時間も5分程度でOKです。

6-3 しっかり睡眠

筋肉の疲労が重なった結果、縮んで固まってしまい痛みが出ます。ですから、温めて伸ばした後は、しっかりと睡眠を取って休むのが良いです。

寝不足気味の方は、腰痛の時くらいはしっかりと睡眠時間を確保してみましょう。

7 それでも痛むならこういう方法もある

腰痛

筋肉が固まったことで腰痛になっている。そして、薬や湿布が効かない。または、腰痛をウォーキングで良くしようとして、逆に痛みが悪化してしまった。

そんな場合は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。固まって痛みの原因になっている筋肉に鍼の施術をするという方法。

そのため、薬や湿布を貼っても効かなくても、筋肉が固まったことに原因があるのなら施術の対象になるということですね。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

8 腰痛でウォーキングをするかどうか迷っている方へ

腰痛になった方が、ウォーキングで治そうとする気持ちはよく分かります。ですが、必ずそれが良い方法ではないということを解説してきました。

ウォーキング自体は良いことなのですが、そもそも痛みのない時に取り組むと良い運動なのです。

ですが、痛みが出てからウォーキングをしようとしてしまう方が後を絶ちません。良くなればもちろんそれは良いことです。しかし、悪化した場合は自己責任となってしまいます。

ですから、痛みの程度に差があるとは言え、ウォーキングをするなら完全に腰痛が治まってからにして欲しいと思います。

そして、良くなってからウォーキングをすることで体力を付け、再発しない健康な体を作ってもらえればと思います。

腰痛でウォーキングをするか迷っている方はこちらもご参考ください

まとめ

  • 腰痛でウォーキングをして良いかどうかは、その時の状態の程度による。痛みが強ければ悪化するし、軽ければ全てではないが治まることもある
  • ウォーキングで腰痛が悪化する理由は、固まった筋肉に負担がかかってしまうから。そのため、ウォーキングは完全に腰痛が治まってからが良い
  • 腰痛になってしまったら病院を受診し、必要なら薬を飲んだり湿布を貼る必要がある。それでも治まらなければ、筋肉への対策が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。