腰痛になったら気をつけることは?悪化の原因になりやすい3つのこと

腰痛
LINEで送る
Pocket

腰痛になった場合、気をつけて欲しいことがいろいろあります。

腰痛がない時なら何でもないようなことでも、腰痛であるがゆえに悪化してしまうということもあるからです。

今回は、誰もが日常で経験するちょっとしたことでも、腰痛になっている場合には気をつけて欲しいことになるということについて解説をします。

また、気をつけていたにもかかわらず、腰痛が悪化してしまった場合はどうすれば良いのかについてもお伝えします。

腰痛で気をつけた方が良いことを知りたい方は続きをどうぞ。

1 腰痛で気をつけた方が良い3つのこと

黒板

腰痛になった場合に、日常生活において気をつけて欲しいことがいろいろとあります。その中で、多くの方が経験するので気をつけて欲しいのが次の3つです。

  1. くしゃみ
  2. 動き始め
  3. 鍛えること

それぞれについて、気をつけて欲しい理由を解説していきます。

2 腰痛でくしゃみを気をつけて欲しい理由

くしゃみ

腰痛がある時に、気をつけて欲しいこととしてくしゃみがあります。なぜくしゃみ?と思う方もいるかもしれません。ですが、ご経験のある方なら分かると思います。

腰が痛い時に、勢い良くくしゃみをしてしまうと「ズキーン!」と腰にひびきます。軽く響く程度なら良いですが、強い痛みが走って悪化してしまうこともあります。

ですから、対策としてはちょっと難しいかもしれませんが2つあります。

  • 身構える
  • どこかにつかまる

こうすることで、くしゃみをした時の衝撃を少し緩和させることができます。くしゃみが出そうになったら気をつけてみてくださいね。ちなみに、咳が続く場合も同じです。

2 動き始めに気をつける

腰痛

腰痛がある時に気をつけて欲しいこと2つ目は、動き始めということです。これも、ご経験のある方ならピンとくるかと思います。

腰の筋肉が固まって痛みが出ている場合、動作の最初に力が入るため痛みが走ることがあります。そして、その瞬間にズキーンと痛みが走って悪化してしまうということ。

立ち上がる瞬間、車や自転車から降りようとして体を捻る瞬間、前かがみの状態から体を起こそうとする瞬間など。たくさんありますが、こういう動き始めには気をつけてください。

3 腰痛がある時は鍛えることを控える

筋トレ

腰痛がある時、腹筋・背筋をすれば良くなるのでは?と思っている方は意外と多いです。ですが、腰痛になってしまったら、筋トレは控えてください。

筋トレ自体は良いことです。ですが、腰痛を治すためにするものではありません。予防のために取り組むなら賛成です。しかし、腰痛の状態ややり方によっては痛みが増すこともあるのです。

治すことと鍛えることは別と考えて欲しいと思います。

4 腰痛に対して自分でできること

腰痛になってしまった場合に気をつけて欲しいこととその理由をお伝えしました。ここからは、腰痛への対処法をいろいろとお伝えしていきます。

4-1 腰痛の原因を知ろう

腰痛と言っても、実は原因はいろいろ。例を挙げると、神経、炎症、筋肉、背骨、内臓・・・。こんな風に、痛みの元になる要素はいろいろあります。

比較的多いのが筋肉です。とは言え、念のためまずは病院を受診して、必要な検査をしてもらい、原因を特定してもらうのが良いですね。

4-2 湿布と痛み止めの効果について

腰痛の原因が筋肉にある場合、湿布や痛み止めを処方されることが多くあります。ただ、湿布を貼ったり薬を飲んでも効かないこともあります。

なぜか?というと、筋肉が原因の痛みに対して、湿布や痛み止めの薬は消炎鎮痛剤だからです。筋肉が原因で痛む時は、炎症が原因ではなく筋肉が固まったことが原因。

ですから、それらがゆるむ必要があるということ。そのため、湿布や薬が効かない場合もあるということですね。

4-3 固まった筋肉が原因の腰痛なら温める

腰痛の原因が、筋肉が固まったことにあるなら湿布や薬よりお風呂で温めることが良いです。特に、入浴後は楽に感じるならなおさら。

温まることで筋肉がゆるみます。そのため、少し楽になるということですね。

4-4 温めてゆるんだ状態をさらにゆるめるために

お風呂に入って腰痛が少し軽くなったように感じたなら、その後に腰やお尻の筋肉を伸ばしてみましょう。やり方は次の通りです。

腰・臀部を伸ばす方法

腰・臀部のストレッチ1-1

1 足首を膝の上に乗せます

腰・臀部のストレッチ1-2

2 1の状態のまま前に体を倒します

これは、腰と臀部の筋肉を同時に伸ばす方法です。前に上体を倒す時は、ゆっくり倒すようにしてください。

太ももの裏を伸ばす

前屈

太ももの裏の筋肉が緊張していることも、腰痛の原因になります。まずは腰と臀部を伸ばした後で、取り組むようにしてみてください。

5 セルフケア以外ならこんな方法もある

腰痛

腰痛に対してセルフケアをしても治まらない。そんな場合は、トリガーポイント鍼療法という施術があります。これは、筋肉に対して鍼の施術をする方法です。

腰痛の原因として比較的多いのが筋肉に原因がある場合。そんな時は、こういう施術もあるということですね。

くしゃみで痛みが響く、立ち上がる時に痛い。そんな腰痛なら、固まった筋肉が原因なのでトリガーポイント鍼療法の施術対象になります。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

6 腰痛で何に気をつければ良いかが分からない方へ

腰痛になった場合に、特に気をつけて欲しい3点について解説をしてきました。実際に腰痛になったことがある方なら、思い当たることがあったのではないでしょうか?

腰痛がない方の場合でも、こういった日常のちょっとしたことを覚えておくと悪化を防ぐことができますよ。

細かな点を挙げ出すと、気をつけて欲しいことはもっとたくさんあります。ですが、まずはこの3つのポイントから気をつけてみてください。

そして、必要な対策をして腰痛回復を目指してもらえればと思います。

筋肉が原因の腰痛でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰痛になった時に気をつけると良いことは、くしゃみ、動作の開始時、鍛えて治そうとしないの3つ
  • 腰痛になった場合、原因がいろいろあるのでまずは病院で何が痛みの元になっているのかをちゃんと特定してもらうことが大切
  • 筋肉が原因の腰痛には湿布や痛み止めが効かないことが多い。その場合は、温めたりストレッチなどで筋肉をゆるめるというケアの方法もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。