腰だけではなく臀部の筋肉も原因になる腰痛の具体例と対策について

腰痛
Pocket

腰痛というと、腰だけが悪いように思うかもしれません。ですが、実際には臀部の筋肉が腰痛を引き起こしていることも多いです。

たとえ、痛みを感じる部分が腰だけだったとしても、実はその痛みの元は臀部にあるということも珍しくありません

では、具体的に臀部のどの辺りの筋肉が腰痛の原因になりやすいのか?そして、腰と臀部の筋肉に原因がある腰痛はどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

腰痛があり、臀部を拳でトントンと叩きたくなる。そんな方は臀部も原因になっている可能性が高いですよ。

腰と臀部の筋肉が原因の腰痛について知りたい方は続きをどうぞ。

1 臀部の筋肉も腰痛の原因になる理由

黒板

臀部の筋肉が腰痛の原因になる場合は多々あります。その理由を簡単に説明すると、痛みを感じる場所と痛みの発生場所が異なることがあるからです。

腰に痛みを感じるからと言っても、その痛みの元は遠く離れた部分にあることは珍しくありません。内臓の病気で腰に痛みが出ることありますよね。理屈はこれと同じ。

臀部の筋肉が原因でも、腰に痛みが出ることは多々あります。痛い場所と悪い場所は異なることがあるということですね。

2 臀部で腰痛の原因になりやすい筋肉

臀部のどの辺りが原因で腰痛の原因になりやすいかを解説します。写真をご覧ください。

腰痛の原因になる臀部の筋肉

右のお尻にバツ印を、そして腰に赤い印を付けています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、矢印の方向に向かって痛みが出ることがあります。

その結果、腰に付けた赤い印の部分に痛みが出ることがあるのです。右のお尻が原因で、左の腰まで痛みが出る場合もあります。

3 お尻の筋肉が原因で腰痛になっている時に気をつけること

痛い

お尻の筋肉が固まってしまった結果、腰に痛みが出る原因になってしまっている。その際に気をつけて欲しいことがあります。それは、動作の開始時です。

動き始めの時は、体に力が入ります。その際、腰痛のことを忘れていつもの通り動いてしまうと、ズキン!と強い痛みが走ることがあります。そのため、痛みが強い時は気をつけてくださいということ。

立ち上がる時、車の乗降時、顔を洗うために前屈みになる時など。こういった動作で痛みが増してしまうことがあるので気をつけてくださいね。

4 腰痛の際にスクワットは有効か?

スクワット

臀部の筋肉が原因で腰痛になった場合、スクワットをすれば良くなると考える方がいます。ですが、これは良い考えとは言えません。

スクワット自体は、筋肉を鍛えるという意味では良いトレーニングです。さらに、臀部の筋肉を鍛えることもできます。ですが、鍛えれば治るというのは間違いです。

特に、普段運動をしない方が、腰痛になったのでスクワットでも・・・と思って始めると症状が悪化することがあるので気をつけてください。

5 臀部の筋肉が原因ならまず筋肉へのケアを

腰痛の原因が、臀部の筋肉が固まってしまったことにある。それなら、まず必要なことはその筋肉へのケアです。

取り組みやすいセルフケアを挙げますので試してみてください。

5-1 筋肉を温める

シャワー

まず、お風呂で筋肉を温めるようにしてみてください。お風呂上がりに腰痛が少し楽に感じる方なら特に。

湯船につかる習慣がないなら、気になるところへシャワーをしっかり当てるということでも構いません。ただし、温めて痛みが増すようなら止めましょう。

5-2 入浴後のストレッチ

腰・臀部のストレッチ1-2

次は入浴後のストレッチです。右の腰・お尻を伸ばす方法を紹介します。

写真のように、右の足首を左の膝に乗せます。そして、その状態で体を前に倒します。倒す時に勢い良く倒すと痛みが出ることがあるので、ゆっくり倒すようにしてみてください。

この方法ですと、腰とお尻の筋肉を同時にストレッチすることができます。さらに、どこでも簡単に取り組めるという点もメリットです。

5-3 しっかり睡眠

睡眠

筋肉が固まって痛みの原因になるのは、簡単に言うと疲労がたまってしまったためです。その状態にとって睡眠は必須。普段、睡眠不足だと感じているならしっかり休むようにしてください。

寝れば治るということではなく、しっかり睡眠時間を確保することで、筋肉の状態を良くしていくと考えてくださいね。

6 臀部の筋肉が原因ならこんな方法もある

腰痛

臀部の筋肉が固まったことで腰痛になっている。そんな場合、固まって痛みの原因になっている筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

ツボではなく筋肉へ施術する鍼の方法です。ですから、臀部に痛みの発生源があり、それが理由で腰が痛むなら施術の対象になります。

立ち上がる際に腰が痛い、前屈で腰が痛い。そういう状態なら、臀部の筋肉に原因がある状態ですのでトリガーポイント鍼療法での施術が可能です。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

7 臀部の筋肉が原因で腰痛になっている方へ

普段からお尻を拳でトントンと叩きたくなる。そして、椅子から立ち上がる時は腰が痛む。こういう状態は、お尻の筋肉に原因がある腰痛です。

腰痛=腰が原因とは限らないということを今回解説してきました。こういうことは実は珍しいことではありません。むしろ、多くあることです。

ですから、腰痛=腰に湿布というのも、原因が臀部にあるなら効果はなくなってしまうということ。そう言われても、自分ではどこが原因か分からないと思います。

だからこそ、自己判断で終わらせるのではなく、専門家に見てもらうのが良いということ。痛みの原因は、場所が違うこともあれば、内臓が原因ということもあるのですから。

臀部と腰というと離れていますが、痛みの元になっていることが多くあるということを知ってもらえればと思います。

臀部の筋肉が原因の腰痛でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 臀部の筋肉が原因で腰に痛みが出ることは多くある。これは、痛みを感じる部分と、悪くなっている部分が別になっているということ
  • 臀部の筋肉が固まって腰痛になっている場合、動き始めに気をつける必要がある。動き始めに力が入るため、気をつけないと痛みが増す場合があるから
  • 筋肉が固まったことで腰痛になっている場合、その筋肉をゆるめるために温めたり、ストレッチ、睡眠などが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。