腰痛で顔を洗う時に前かがみがつらい!原因と前屈ができるために必要なこと

顔を洗う
LINEで送る
Pocket

腰痛のため、朝顔を洗う時に前かがみになるのがつらい。

ゆっくりならできるけれど、普段どおりに前にかがもうとするとかなり痛い。また、前にかがむだけではなく、顔を洗って体を起こすときも同じく痛い。

そんな状態のため、かなり深く膝を曲げて軽く前に体を倒しながらしか洗顔ができない。痛みもつらいけれど、毎朝こんな状態だと朝から憂鬱。

こういう方は多いですね。では、そもそもなぜ前かがみで痛みが出るのでしょうか?そして、そんな時はどうすれば良いのでしょうか?

腰痛で前かがみの姿勢が痛む時の理由、そして、どうすれば洗顔時にスムーズに体を前に倒すことができるようになるのか?などについて解説をしています。

腰痛で顔を洗うのがつらい方は続きをどうぞ。

1 顔を洗う時に前かがみになると痛む理由

黒板

朝起きて、顔を洗う時に前かがみになると腰が痛い。その理由は、腰やお尻の筋肉が固まっているためです。

腰やお尻の筋肉が固まった状態で前にかがむ。単純な動作ですが、この場合は筋肉が固まっているので前にかがむことでさらに負担がかかります。そのため痛い。

さらに、固まった状態ですから前にかがんだ後、体を起こす時も痛みが出ると思います。これも、固まった状態の筋肉に負担がかかるためなのです。

2 なぜ筋肉は固まってしまうのか?

考える女性

前かがみで腰が痛む原因は、筋肉が固まってしまったことにある。では、なぜ固まってしまうのかというと、簡単に言うと疲労がたまっているからです。

普段は痛くなくても、何となく腰が重い・だるい。そんな状態が続いていると、ある日朝起きたら体が固まって起き上がるのが大変。そして、痛みもあるという状態になるのです。

急に前かがみができなくなったと感じるかもしれません。ですが、実はそうではなく予兆はあったということですね。

3 前かがみで腰が痛む時はここが原因になりやすい

洗顔時に前かがみになると腰が痛い。その時の原因は、主にどの辺りの筋肉かを解説します。写真をご覧ください。

腰痛

腰・お尻の筋肉が原因になりやすい

腰とお尻に複数箇所バツ印を付けています。この辺りの筋肉が固まってしまうと、前かがみになる時に痛みが出ることがあります。

写真では右側だけですが、左右の筋肉が固まってしまうこと、左側だけが固まってしまうことも当然あります。

4 動いているうちに腰が楽になるのはなぜ?

朝顔を洗う時に前かがみになると痛い。でも、しばらく動いているうちにだんだん痛みが治まってくる。その理由は、動くことで固まった筋肉がゆるんだからです。

この時間違いやすいのが、動いてい楽になるのなら、運動でも始めようかと思ってしまうこと。動いて楽になるといっても、前かがみで痛む状態なら運動は良くありません。

なぜなら、運動することでその時は良くても、結局は筋肉への負担になってしまうからです。

5 顔を洗う時に腰が痛む場合はどうすればいい?

腰痛

顔を洗う時に前にかがむと腰が痛い。その場合どうすれば良いのか?とりあえずは面倒かもしれませんが、椅子に座って顔を洗うというのが一番簡単。

これなら腰への負担が少し減りますので、前にかがむのも少し楽かと思います。

そこまで痛くないし、毎朝椅子を持ち運ぶのは面倒というなら、片足を低い台に乗せた状態で前にかがむという方法もあります。この方法でも、少し痛みが軽減すると思います。

6 前かがみで痛む時の対策

前かがみで腰痛が出る場合、対策としてはまず腰やお尻の筋肉をゆるめる必要があります。そのための方法として簡単なのが次の3つ。

  • お風呂で温める
  • ストレッチで伸ばす
  • 筋肉をマッサージする

毎日少しずつで良いので取り組んでみてください。ただし、過剰にならないように気をつけてくださいね。やり過ぎると後日痛みが増すことがありますので。

7 湿布や薬は有効か?

腰の湿布

洗顔時に前かがみになると腰が痛い。その状態に、湿布や痛み止めの薬はどうかと思う方もいるでしょう。ですが、残念ながらこの場合はあまり効果を期待できません。

なぜなら、湿布や痛み止めは消炎鎮痛剤だからです。固まった筋肉が原因なので、炎症に対して有効な湿布や薬は効かないということ。痛み止めは他にも種類がありますが、筋肉へのものではありません。

モーラステープやロキソニンを処方されて貼ったり飲んだりはしている。でも効かないなら、痛みの原因が炎症ではなく筋肉にあるということですね。

8 前かがみで痛むならこんな施術もある

腰痛

朝顔を洗う時に前かがみが痛い。その原因は腰やお尻の筋肉にあります。そんな場合は、筋肉へ直接施術をすることができるトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みの原因になっている筋肉を鍼で施術する方法です。ツボへの刺激ではなく筋肉へ直接刺激を与えるという点が特徴。

前かがみが痛い、前かがみから起こす時も痛い。そんな場合は筋肉に原因がありますので、トリガーポイント鍼療法での施術対象になります。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

9 顔を洗う時に腰が痛む方へ

顔を洗う時に前かがみになる。そんな単純な動作が痛くてできない。毎朝そういう状態が続くと困りますよね。

痛みが続くと、内臓が悪いのでは?と思ってしまうかもしれません。ですが、前かがみという動作に伴って痛むのは筋肉に原因がある証拠です。

そういった筋肉が原因の痛みは、筋肉への対策が必要。炎症や内臓への対策ではありません。

筋肉が固まったことによる痛みは、筋肉が壊れたわけでも病気になったわけでもありません。単に縮んで固まっただけ。肩こりのひどい状態に近いと思ってください。

ですから、筋肉の状態が良くなるようにしていけば、顔を洗う時も腰のことを気にせずに洗えるようになりますよ。

顔を洗う時に前かがみなると腰が痛くてお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 顔を洗う時に前かがみになると腰が痛い。その理由は、腰やお尻の筋肉が固まってしまったことにある
  • 腰やお尻の筋肉に疲労がたまると、だんだん固まって痛みの原因になってしまう。そのため、前にかがむ、かがんだ状態から起こすという動作で痛みが出る
  • 固まった筋肉が原因で痛むなら、湿布や痛み止めといった消炎鎮痛剤ではなく、筋肉をゆるめることを目的とした対策が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。