腰痛が続く時に湿布を貼ると良い効果的な3つのポイント

腰の湿布
Pocket

腰痛が続くので湿布でも貼ろうかと思っている。

こういう方は多いのではないでしょうか。腰痛の際に湿布を貼ること自体は良いと思います。

ですが、同じ貼るならより効果的な場所に湿布を貼って腰痛の対策をしたいですよね。

腰痛の際、どこに湿布を貼るのが効果的なのか?ということについてまとめましたのでご参考下さい。

効果的なポイント1 腰に湿布を貼る

腰痛の際に湿布を貼ると効果的なポイントの1つめは腰です。

これは当然と言えば当然ですね。

ただ、腰痛と言っても右側が痛い、左側が痛い、左右ともに痛い、仙骨付近が痛いなどのように痛む場所も人によってバラバラです。

この場合、腰に貼ると言っても少し広い範囲で貼るのがポイントです。

腰痛で湿布を貼ると良い場所

広い範囲で貼るコツは、例えば右側の腰が痛い場合、痛む場所を中心に上下もしくは左右に貼るのが良いということになります。

効果的なポイント2 臀部に貼る

腰痛の際に湿布を貼ると効果的なポイントの2つめは臀部です。

腰痛と言っても、腰だけが原因とは限りません。

例えば右側の腰痛がある時は、多くの場合右側の臀部も同じように筋肉が硬くなってしまっていることがあります。

また、腰よりも臀部の筋肉の方が硬くなっていて痛みの元になっていることも多々あります。

ですから、腰だけではなく臀部を触ってみてコリ感があるとか、明らかに痛みもあるという場合は臀部に貼ると良いですね。

腰痛で湿布を貼ると良い場所

臀部はポケットの高さ辺りが特に硬くなりやすい筋肉がある部分です。

ですから、ポケットの高さ辺りを目安に触ってみて、コリ感がある場所に貼るようにしてみてくださいね。

効果的なポイント3 股関節に貼る

腰痛の際に湿布を貼ると効果的なポイントの3つめは股関節周りです。

意外に思われるかもしれませんが、股関節の筋肉が腰痛の本になっている方はおられます。

実際に股関節に痛みを感じていなくても、筋肉を触るとガチガチになってしまっていて、腰痛を引き起こしているということは珍しくありません。

ですから股関節を指で押さえてみて、コリ感があるとか、腰に痛みが響く感じがするという場合は股関節周りにも湿布を貼るのが良いですね。

腰痛で湿布を貼ると良い場所

股関節の前面や側面に貼るのが良いですね。

こういった隠れた腰痛の原因になる部分もありますので、一度筋肉を触って確認してみてくださいね。

痛みについてちょっとだけ専門的なお話

腰痛の際に、腰や臀部に湿布を貼るのは分かるかと思います。

ですが、股関節周りに貼るというのは意外に感じた方が多いのではないでしょうか。

全ての腰痛において股関節が必ず関係しているわけではありません。ですが、人によって股関節の痛みが腰に出ていることはあるのです。

痛みというのは、痛みを実際に感じている場所と痛みを出している場所、つまり痛みの元になっている場所が同じとは限らないのです。

だから、触ってみてコリがあるかどうか、痛く感じるかどうか、押さえてみて痛みが響くかどうか。

こういったことを確認するのが良いということですね。

腰痛で湿布を貼る時の注意点

腰痛で湿布を貼る時の注意点を挙げておきます。

  • できるだけ広い範囲で貼る。ただし、かぶれやすい方は気を付ける
  • かぶれは、湿布をゆっくりはがすことである程度は防ぐことができるのでゆっくりはがす
  • 温湿布、冷湿布はこだわり過ぎなくても良いが、明らかに熱感がある時は冷湿布が良い

注意点としてはこの3つですね。

簡単に取り組めると思いますので、腰痛で湿布を貼ろうと思っている方は参考にしていただければと思います。

まとめ

  • 腰痛で湿布を貼ると効果的なのは、腰、臀部、股関節周り
  • 痛みを感じている部分だけが悪い部分とは限らないので、筋肉を触ってコリや痛みがあるところには湿布を貼るのが良い
  • 腰痛で湿布を貼る時は、広い範囲で、かぶれに気を付けて貼る。かぶれを予防するには湿布をゆっくりはがすのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。