腰痛でブロック注射が効かなかった方に知って欲しい7つのこと

ブロック注射
Pocket

腰痛であまりにも痛いので、ブロック注射をしてもらったけれど効かない。

注射は嫌だったけれど、それ以上に腰痛がつらかったので我慢したのに痛いまま。こんな状態だと困りますよね。

痛みも当然つらいと思いますが、そもそもなぜブロック注射をしてもらったのに効かないということになってしまうのでしょうか?

実は、腰痛でブロック注射をしてもらっても効かない時には理由があります。そして、ブロック注射が効かなかった場合に別の対策もあるのです。

腰痛でブロック注射が効かない理由。そして、その場合はどうすれば良いのか?などについて解説をしています。

腰痛でブロック注射が効かなかった方は続きをどうぞ。

1 腰痛でブロック注射が効かない時の理由

黒板

腰痛でブロック注射をしてもらったけれど効かない。この場合に考えられる理由は、腰痛の原因に対してブロック注射の作用が適切ではなかったということ。

腰痛には、いくつかの原因があります。炎症や神経、筋肉や内臓などですね。こういった原因に対して、ブロック注射の作用があるなら当然効きます。ですが、作用がなければ当然効きません。

例えば、内臓由来の痛みに対してブロック注射は効きません。この場合は、内臓への対処が必要ということ。腹痛がする時に、目薬の効果はありませんよね。理屈はこれと同じなのです。

2 ブロック注射ってそもそもどういうものなの?

注射

ブロック注射について、知って欲しいことがありますので解説します。そもそもブロック注射とは、簡単に言うと麻酔です。

腰痛であれば、腰のどの神経が原因で腰痛になっているかを特定し、その神経に対して麻酔をして痛みを取るということが目的。

ですが、麻酔ですから効果が一時的な場合もあります。また、そもそも痛みの原因を間違えると、せっかく注射をしても効果なしということになってしまうのです。

3 腰痛の原因で多いのは神経ではない

腰痛

腰痛の原因というと、神経が圧迫されていることとされる場合が多いです。椎間板ヘルニアなどがその例ですね。ただ、実際に神経圧迫の状態になっていても、神経ばかりが原因ではありません。

神経圧迫の状態になっているというだけで、痛みの原因は他にあることが多いです。その1つが筋肉が固まってしまったことによる痛み。または、炎症のこともあります。

神経が圧迫されているとか、骨に触れていることが原因になることもあります。ですが、かなり少ないのが実情。それよりも、筋肉や炎症が原因で腰痛が起きていることの方が多いのです。

4 筋肉が原因の痛みにブロック注射は効かない

椅子

腰痛の原因で多いものの1つに、固まった筋肉があります。腰や臀部の筋肉が固まった結果、腰痛になっている状態。こういった筋肉が原因の痛みには、ブロック注射は効きません。

なぜなら、ブロック注射は神経に対しての麻酔だから。効くこともありますが、それは麻酔で一時的に痛みを感じなくなっただけということ。

そのため、ブロック注射をして数時間は良かったけれど、その後はまた同じように痛いままということになるのです。イスから立ち上がる時が痛いというのは筋肉が原因。こういう場合は効かないことが多いですね。

椅子から立ち上がる時に腰が痛い!そんな腰痛の原因と対策まとめ

5 ブロック注射が効かない時に原因になる筋肉

ブロック注射が効かない腰痛は、原因が固まった筋肉にあることが多いです。では、どの辺りが原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧下さい。

腰痛の原因になる筋肉

腰とお尻に赤い丸を付けています。ここにある筋肉が固まってしまうと、腰痛の原因になることが多いです。

腰やお尻の筋肉が固まると、前屈、腰を反らす、仰向けに寝るなどの時に腰に痛みが出やすくなります。

6 ブロック注射が効かなかった腰痛はどうすれば良い?

腰痛

腰痛でブロック注射が効かない場合、原因の多くは固まった筋肉にあります。その場合に必要なことは、固まって腰痛の原因になっている筋肉がゆるむこと。

そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。固まって、腰痛の原因になっている筋肉に直接鍼で施術をする方法です。

ブロック注射が効かなかった、前かがみや、寝返り、車の乗り降りの際に腰が痛い。こんな場合は筋肉が原因なので施術の対象になると言えます。

腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

7 腰痛でブロック注射が効かなかった方へ

腰痛でブロック注射が効かないと、これ以上はどうすれば良いのかな?手術なのかな?と不安になるかもしれません。

ですが、たとえブロック注射が効かなくても、手術が必要なケースは少ないです。本当に手術が必要な状態なら手術をすべきでしょう。

ですが、単に原因がブロック注射では効かないことにある場合、本当に手術が必要と言えるでしょうか?

筋肉が固まったことで痛みが出ている場合、レントゲンやMRIでは分かりません。ですが、触れば簡単に分かります。そして、筋肉が原因の場合は、壊れたわけでもないのです。

単に固まって痛みの原因になっているというだけのこと。だから、麻酔としての役割のブロック注射が効かないのです。

筋肉が原因で痛みが出ていることは多いです。そして、その場合の対策はブロック注射以外にもちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

腰痛でブロック注射が効かなくてお困りの方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腰痛でブロック注射が効かない原因は、腰痛の原因に対してブロック注射の作用が適切ではないから
  • ブロック注射は簡単に言うと神経への麻酔。そのため、効果が一時的なこともあるし、神経以外が原因の痛みに対しては効かないことも多々ある
  • 腰痛で筋肉が原因の場合は、腰だけではなくお尻の筋肉も腰痛の原因になっていることが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。