腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術などの解説8項目

腰痛
Pocket

腰痛に対して、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

腰が痛い、だから鍼をする。こういうイメージは多くの方にあると思います。ですが、トリガーポイント鍼療法と言われると、よく分からないという方が多いのではないでしょうか。

トリガーポイント鍼療法とは、簡単に言うと筋肉に鍼をする施術方法のことです。このトリガーポイント鍼療法を、腰痛に対してするのにはちゃんとした理由があります。

腰痛に対してトリガーポイント鍼療法をする理由は何か?そして、腰痛と言っても、具体的にどういう腰痛に対して施術をすることができるのか?などについて解説をしています。

腰痛でお困りの方は続きをどうぞ。

1 腰痛にトリガーポイント鍼療法をする理由

黒板

腰痛に対してトリガーポイント鍼療法をする理由は、腰痛の原因が固まってしまった筋肉にあることが多いからです。

腰痛の原因には、考えられる要因がいろいろあります。その中で多いのが筋肉による腰痛。レントゲンやMRIで異常がないので原因不明。そんな場合も、筋肉が原因になっていることは多いです。

例を挙げると多々ありますが、神経や骨と思われる状態でも筋肉が原因のことはあります。筋肉が原因なら、筋肉への対策が必要。だから、トリガーポイント鍼療法を行うということですね。

2 筋肉が原因の腰痛で見られる特徴

腰痛

固まってしまった筋肉が原因で腰痛になっている。この場合には、特徴がありますのでいくつか挙げてみます。

  • 前かがみをすると痛い
  • 立ったままでいると痛くなる
  • 座ったままでいると痛くなる
  • 腰を反らすと痛い
  • 椅子から立ち上がる時に痛む
  • 寝返りで腰が痛む
  • 車や自転車の乗降時に痛む

他にもありますが、これらが筋肉が原因で起きている腰痛の特徴です。各項目に共通するのは次の2つです。

  1. 動作に伴って痛む
  2. 特定の姿勢で痛む

つまり、動作や特定の姿勢で筋肉を使います。その筋肉が固まっていると痛みの原因になってしまうということなのです。

3 神経が原因ではないのか?

腰痛

腰痛の原因として、神経が圧迫されていることはどうなのかと思う方もいるでしょう。神経圧迫が原因とされる腰痛の例に、椎間板ヘルニアがあります。

椎間板ヘルニアについては、MRIで神経圧迫の状態が写っていればそれは事実。ですが、たとえそうなっている状態でも、原因が筋肉にある場合が多いです。

神経圧迫が原因なら、神経が障害された時の症状が出なければおかしいです。ですが、実際には筋肉が原因と思われる症状しか出ていない。こういう方は非常に多いですね。

ですから、たとえ神経圧迫の状態になっていても、原因が筋肉にあるのなら筋肉への対処が必要ということが言えます。

4 内臓もレントゲンも異常なしと言われたら?

腰痛があり、病院で内臓やレントゲンで背骨の検査もしてもらった。でも異常なしと言われた。こういう場合は、筋肉に原因があることが多いです。

筋肉が固まって痛みの原因になっているかどうかは、触れば分かりますがレントゲンでは分からないからです。ですから、異常なしと言われても、痛みがあるなら原因はちゃんとあるということ。

原因不明と言われると不安になると思います。ですが、そういう時は筋肉が原因のことが多いということも知ってもらえればと思います。

5 筋肉が原因の腰痛には注射や薬が効かないことが多い

痛み止め

固まった筋肉が原因で腰痛になっている場合、痛み止めの注射や薬は効かないことが多いです。なぜなら、それらの多くは消炎鎮痛剤だからです。

腰痛の原因が、炎症による場合はあります。そういう時は、消炎鎮痛剤が必要。ですが、筋肉が固まって痛みが出ている状態に消炎鎮痛剤は効かないのです。

腰痛でロキソニンを飲んでいるけど効かない。これは、ロキソニンが消炎鎮痛剤で、その時の痛みの原因が固まった筋肉だからということが言えるのです。

腰痛で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?薬の作用と痛みの原因など8項目

6 腰痛の原因になりやすい筋肉

腰痛の原因が固まった筋肉にある。その場合は、主にどの辺りが原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

腰痛の原因になる筋肉1 腰痛の原因になる筋肉2

2枚の写真それぞれに赤い印を付けています。1枚目は腰、2枚目は臀部ですね。この辺りにある筋肉が固まってしまうと、腰痛の原因になることが多いです。

1枚目はイメージしやすいと思いますが、2枚目の臀部が腰痛の原因になるというのは意外に思った方も多いかもしれません。

臀部は大きな筋肉が複数あります。それらはさまざまな動作や姿勢維持のために働きます。そのため、臀部の筋肉に疲労がたまりすぎると腰痛の原因になってしまうということですね。

7 こんな腰痛なら病院へ

病院

腰痛の原因が、固まった筋肉にあるならその筋肉への施術が必要です。ですが、筋肉が原因ではない場合は、病院を受診する必要があります。

例えば、内臓の病気に伴う腰痛、高齢の方に多い圧迫骨折に伴う腰痛などは病院で見てもらわなければいけません。

何が原因かは分からないということが大半だと思います。ですから、いつもと違うような腰痛なら、まずは病院へ行くということを覚えておいてくださいね。

8 慢性的な腰痛でお困りの方へ

長年腰痛が続いていて、内臓の病気もないし背骨も異常なし。こうなると、何が原因かな?と不安になるかもしれません。

ですが、今回解説してきたように、固まった筋肉が原因で腰痛になっていることは本当に多いです。そして、筋肉が原因のため、原因不明とされることもあるのです。

筋肉が原因の腰痛に対しては、痛み止めの注射や薬が効かないことが多いです。なぜなら、それらには固まった筋肉をゆるめる作用がないから。

内臓や背骨に原因があるなら、それらへの対処が必要です。ですが、筋肉が原因なら筋肉への対処が必要。

そして、そのための方法はあるということも合わせて知ってもらえればと思います。

動く時や特定の姿勢で腰痛が出る状態でお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰痛に対してトリガーポイント鍼療法をする理由は、腰痛の原因の多くが固まった筋肉にあり、その筋肉を施術することができる方法だから
  • 神経が原因とされる椎間板ヘルニアに伴う腰痛も、実は固まった筋肉に原因があることは多い
  • 固まった筋肉が原因の腰痛には、痛み止めの注射や薬が効かないことが多い。なぜなら、それらは消炎鎮痛剤なので、固まった筋肉をゆるめる作用がないから

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加