腰痛の原因は何?考えられる病気や原因とそれらの対策まとめ

腰痛の原因
Pocket

腰痛と言っても実は原因にはいろいろあります。

一説には8割の腰痛が原因不明とも言われます。ただ、痛いということはやはり何か原因があるはずです。

その原因とそれぞれの対策についてまとめました。

1 腰痛の原因は何?

腰痛の原因

腰痛の原因として考えられるものをいくつか挙げていきます。

1-1 筋肉が原因の場合

筋肉が固まってしまうことが腰痛の原因になることがあります。

この場合の特徴は、例えば朝顔を洗う時に前屈みになると痛いとか、腰を反らすと痛い、寝返りをすると腰が痛むといった動作に伴って痛みが出る場合が多いです。

また、立ったままや座ったままで長時間いることで腰が痛くなるという場合も筋肉が原因で腰痛になっていることがあります。

1-2 内臓が原因の場合

内臓のどこかが病気になっていて、その内臓の痛みを腰に感じることはあります。

1-3 骨や関節が原因の場合

背骨を圧迫骨折した場合や、年齢に伴い骨粗鬆症になってしまった場合などに腰に痛みを感じる場合はあります。

2 腰痛の原因として考えられる病名

先ほど腰痛の原因として考えられるものを挙げました。ここからは、より具体的に病名を挙げていきます。

ただし、筋肉が原因の腰痛についてのみ挙げていきますのでご了承下さい。

2-1 腰椎椎間板ヘルニア

名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。腰の椎間板ヘルニアのことですね。

腰椎椎間板ヘルニアになると、腰痛だけではなくお尻や足の痛み・しびれが出ることが多いです。

2-2 慢性腰痛・ぎっくり腰

これはいわゆる一般的な筋肉の疲労に伴う腰痛や、たった瞬間にギクっと痛みがはしったというようないわゆるぎっくり腰です。

2-3 坐骨神経痛

坐骨神経痛というのは主に足に痛みやしびれが出る症状ですが、坐骨神経痛に伴い腰痛が起きることも珍しくはありません。

2-4 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症というのは、腰にある脊柱管という神経の通り道が狭くなることで痛みやしびれが出るとされる病気です。

主にお尻から足にかけての痛みやしびれが多いですが、腰痛を伴うことも多くあります。

3 腰痛の原因になりやすい筋肉はここ

筋肉が原因で腰痛になる場合、どの筋肉が原因になりやすいのかを写真を使いながら説明していきたいと思います。

腰痛の原因になりやすい筋肉1

腰の筋肉

腰痛の原因になりやすい筋肉

お尻の筋肉

腰痛の原因になりやすい筋肉3

股関節の筋肉

3枚の写真それぞれに赤い印を付けています。

この赤い印の部分にある筋肉が固まってしまうと腰の痛みの原因になることが多いです。

この中で、腰やお尻の筋肉は腰痛の原因になるとイメージ出来ると思います。ですが3枚目の写真の股関節部分の筋肉が腰の痛みの原因というのはちょっとイメージしづらいかもしれません。

ですが、実際には股関節の筋肉が固まってしまうと、その痛みを腰に感じることはあります。

ですから、腰痛=原因は腰としてしまうのは良くないということも言えます。

4 これも実は筋肉が原因

質問

ここからはこんな症状も実は筋肉が原因ということについてお伝えしていきます。

4-1 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアというと、神経圧迫が原因ということを知っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、実を言うとほとんどの椎間板ヘルニアは神経圧迫ではなく筋肉が原因で痛みやしびれが出ています。

まれに本当に神経圧迫のケースもありますがかなり少ないです。ヘルニアの状態になっていても全く何の症状もない方も多くいるというデータがあります。

このことからも、筋肉が原因のケースが多いということが言えるのです。

4-2 坐骨神経痛

坐骨神経痛も先ほどの椎間板ヘルニアと同様です。

名前からして神経が原因と思えそうですが、実はこれも筋肉が固まったことが原因なのです。

4-3 脊柱管狭窄症

これも先ほどまでの症状と同じですね。

神経が原因のようにされていますが、実は筋肉が原因の場合が多いです。ただし、椎間板ヘルニア同様数は少ないですが本当に神経圧迫が原因の場合もあります。

5 筋肉が原因の腰痛がある時にやってはいけないこと

ここまで筋肉が原因の腰痛についてお伝えしていました。もう少しこのことについて解説していきますね。

筋肉が原因で腰に痛みが出ていてる症状を先ほど挙げましたが、こういう場合にやってはいけないことがあります。

それは、筋肉に負担が必要以上にかかってしまうことです。いくつか例を挙げていきます。

5-1 筋トレ

筋肉が原因で痛みが出るということは、筋肉が落ちているからだと考える方は多いです。

特に普段運動をしていないと、運動不足で筋肉がなくなってしまってその結果腰痛になったんだという風に考えてしまうようです。

そこで、痛みがある場合でも我慢してジムに行って鍛えてみようとなってしまうのですがこれは良くありません。

筋トレ自体は悪いことではないのですが、腰痛がある時は良くないということです。

筋トレをするのなら、腰痛がある程度治まってから再発を予防する目的で行うのが良いですね。鍛えると治すは別と捉えるのが良いですよ。

5-2 ウォーキングや体操

筋トレとまでは行かなくても、ウォーキングや軽い体操、またはプールで歩くなら負担も少ないのではないかと考える方も多いです。

ですが、こういったことも腰痛がある時に行うのではなく腰痛が治まってから行うのが良いですね。

5-3 少し良くなったら一気にいろいろやってしまう

腰痛の方で例えば何らかの治療を受けていて、少し痛みが軽くなったら一気にいろいろやってしまう方がおられます。

例えば仕事。腰痛でなかなか思ったように仕事が出来なかった、なので少し治まった時にこれまでの遅れを取り戻そうとして一気にいろいろやろうとしてしまう。

これは良くないですね。気持ちはよくよく分かりますが、少し良くなった時点でいろいろやろうとしてしまうとまた痛みが強く出ることがあります。

焦ってしまうのは皆さん一緒です。ですが、急がば回れでもう少し痛みが治まってから頑張るのが良いですよ。

6 簡単な腰痛ストレッチ

ある程度腰痛が治まってきたら、軽くストレッチを行う程度なら構いません。

腰痛が目安としては1/3程度まで良くなった状態で、力任せに行うのではなく優しくゆっくり行うという前提で取り組むのなら良いでしょう。

比較的簡単なストレッチを紹介します。

腰を伸ばす

腰や太ももの裏を伸ばす

お尻の筋肉を伸ばす

お尻の筋肉を伸ばす

腰の側面を伸ばす

腰の側面を伸ばす

誰でも1度はやったことがあるのではないかと思うストレッチです。

腰痛が治まってきた時点で気をつけながら取り組んで下さいね。ストレッチと言えどもやり過ぎるとまた痛みが出たり、ひどくなることもありますから。

7 腰痛と鍼の施術

トリガーポイント鍼療法

腰痛に対して鍼ってどうなのかな?と思う方は多いのではないでしょうか。

実際、腰痛に対しての施術を行っている鍼灸院はたくさんあります。ただ、鍼の施術といってもいろいろな方法があります。

どれが良くてどれがダメということはありませんが、ご自身に合った先生や鍼灸院を探すのが良いですね。

当院でもトリガーポイント鍼療法という方法で腰痛に対しての施術を行っています。一般的なツボに対して行う方法ではなく、筋肉に対して行う鍼の施術方法です。

こういった方法もあるということを知ってもらえればと思います。

8 腰痛になってしまったら

病院

腰痛になってしまったら、まずは病院を受診しましょう。

冒頭でもお伝えしたように、腰痛と言っても原因は筋肉だけではなく内臓や骨の可能性だってあります。

内臓が原因の腰痛というのはやはり専門医に診てもらわないと分からないことも多いです。ですから、放っておかずに早めに病院を受診するのが良いですね。

そして、病院を受診して内臓や骨に問題がないことが分かれば、その後からかかりつけのマッサージや鍼、整体などに行くのが良いですよ。

まとめ

  • 腰痛の原因には内臓、筋肉、骨などがあるが筋肉が原因の場合が多い
  • 腰に痛みがある場合筋肉に負担がかかるようなトレーニングや体操は控えるのが良い。痛みが治まってから予防として取り組むのが良い
  • 腰痛と言えども原因がいろいろあるのでまずは病院を受診するのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。