よく分かる!寝起きの腰痛の原因と気持ち良く起きるための対策まとめ

寝起き
LINEで送る
Pocket

毎朝寝起きの腰痛がつらい。

どうせ自分の腰はこんなものだとあきらめてしまっていませんか?寝起きに腰痛があるというのは原因があるから起こります。

その原因に必要な対策をすれば毎朝気持ち良くベッドから起き上がることも、顔を洗うことも、靴下をはくことも出来るようになりますよ。

寝起きの腰痛の原因と専門的な対策やセルフケアなどについてまとめましたので毎朝痛みでため息が出てしまう方はご参考下さい。

1 寝起きの腰痛の原因は何?

寝起きの腰痛の原因

寝起きの腰痛の原因を挙げていきます。

1-1 寝方・寝相が原因

寝起きの腰痛の原因の1つ目は寝方・寝相です。

どのような状態で寝ているか?ということが腰の状態に影響します。布団に入って眠りにつくまでは最も楽な姿勢で寝るのがよいです。

仰向け、うつ伏せ、右向き、左向き。どの向きでも楽な状態なら構いません。

ただし、仰向けになって腰が突っ張るように痛む方は別の姿勢を取るようにして下さい。また、左右どちらかを向くのが良い方は赤ちゃんのように背中を少し丸める状態にすると良いですね。

うつ伏せは楽なら良いですが、腰痛になる可能性の高い姿勢ですから気をつけて下さいね。

寝る時は良いけど、寝てしまった後の寝相は仕方がないのでは?と思う方も多いと思います。

確かにこればかりはどうしようもありません。ですからせめて眠ってしまうまでは腰に優しい姿勢を取ることが大事と言うことですね。

1-2 腰周りの筋肉の状態や血液循環が原因

例えば、仕事がデスクワークのため一日中座ったままとか、配達の仕事で運転時間が長いため同じく座っていることが多い。

こういう状態の方は、腰の筋肉が固まってしまいがちです。そしてその結果、腰周りの血液循環も悪くなりがちですね。

同じ姿勢が長時間続くことで筋肉は疲労し固まってしまいます。固まってしまうというのは肩こりのような状態になると思って下さい。

そのような腰の状態で寝ると朝起きた時に腰が痛くなります。

つまり、柔軟性を失った状態の腰のままで長時間ほぼ同じ姿勢で寝るわけですから、朝起きた時に動きづらい状態になるということですね。

1-3 筋肉に疲労が溜りすぎていることが原因

スポーツや仕事で筋肉に疲労が溜りすぎている場合も、寝起きの腰痛の原因になりやすいです。

疲労が溜りすぎた状態で体の手入れをせず、そのままで放っておくと筋肉はくたびれた状態のままです。そして本来の柔軟性がなくなってしまいます。

この状態で寝てしまうとやはり朝起きた時に筋肉が固まってしまう傾向が高くなり、結果として腰痛を引き起こすことになりがちです。

1-4 寝具が合っていないことや寝る場所などが原因

寝起きの腰痛の原因は体にばかりあるとは限りません。

どのような寝具で寝ているかとか、どこで寝ているか?なども当然影響します。

例えば、柔らかすぎる布団やマットレスだと体が沈んでしまいます。その状態で寝ると背骨の状態に影響しますから朝起きた時腰が痛いということになる場合もあります。

また、布団やベッドに入らずソファやこたつで寝てしまうのも良くありません。

仕事で疲れてついウトウトしてしまうのは分かります。ですが、そういう場所で寝ることが多いと朝起きた時に腰が痛くなる原因になりやすいです。

1-5 寝る前の飲食が原因

空腹だと眠れないので、ついつい寝る前に食べてしまう。

時々なら仕方がありませんが、頻繁に寝る前に食べるということをしていると体が休まりません。

お腹はいっぱいになっても、食べたものを消化する内臓は働き続けています。

本来ならできる限り体全体が休むべき時に内臓が一生懸命働いていると体に影響が出てきて当然です。

そして、朝起きた時に胃もたれがあったり、腰痛になったりするというわけですね。

2 寝起きの腰痛でこんな場合は筋肉が固まっている証拠

洗顔時の腰痛

寝起きの腰痛がある方で、次のような場合は筋肉が固まっているとことの証拠と言えます。

  • 腰痛のため目が覚めてから起き上がるまでがかなり痛い
  • 洗顔時に前屈みになると腰が痛い
  • 一度前屈みになるとまっすぐの状態に戻すのも大変
  • 靴下をはくことが出来ない
  • 朝起きた直後はかなり痛むが動いているとだんだん痛みが弱くなってくる

起き上がるとか、前屈みになる、動いていると痛みが弱くなる。こういった状態は筋肉が固まっているため起こります。

つまり、固まった筋肉の状態で動くから痛みが強くなり、その状態で少しずつ動いていることで筋肉がやや緩むため痛みも軽くなるということになるのです。

3 寝起きの腰痛はどうすれば良いのか?

トリガーポイント鍼療法

寝起きの腰痛にはどういう対策があるのかについてです。

3-1 筋肉が固まったことや血液循環が悪いことが原因の場合

筋肉が固まってしまっていることで寝起きの腰痛がある場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

通常の鍼治療とは異なり、ツボではなく筋肉を施術する方法です。

先ほど挙げたように動作や特定の姿勢で腰痛があるという場合は筋肉が原因のことがほとんどですから、筋肉を直接施術する鍼治療という方法も良いでしょう。

3-2 寝具が原因の場合

寝具が原因と思われる場合は、思い切って布団やマットレスなどを変えてみるという方法もあります。

買ったばかりで柔らかすぎるという場合は、タオルを体と布団の間に挟むなどして体が沈みすぎないように調整してみて下さい。

また、寝具の専門店などで自分に合った物を選んでもらうというのも1つの方法ですね。

3-3 就寝前の食事や寝る場所が原因の場合

これが最も自分でコントロールしやすいかと思いますが、同時に最も我慢が必要になる対策ですね。

就寝前につい何か食べてしまうという方は、少しずつ量を減らしたり、食べるにしても消化の良いものから始めてみて下さい。

また、ソファやこたつで寝てしまうという方は、早く布団で寝る習慣を身につけて下さい。

疲れて寝てしまうのは分かりますが、結局毎朝もっとつらい状態を繰り返すことになりますからね。

4 寝起きの腰痛に対するセルフケア

腰痛のセルフケア

寝起きの腰痛に対するセルフケアをお伝えします。

4-1 腰やお尻の筋肉のストレッチ

寝起きの腰痛の原因は、多くの場合筋肉が固まっていることにあります。

ですから、セルフケアとしては腰やお尻の筋肉をストレッチで柔軟にしてあげるという方法があります。

強く伸ばしたり、長時間やり過ぎると翌日痛むことがありますから、適度な強さで少しの時間で良いので取り組んでみて下さい。

4-2 お風呂で温める

筋肉が固まったことで寝起きの腰痛がある場合、お風呂で体を温めることは良いでしょう。

温めることで筋肉の疲労も取れますし、また自律神経の副交感神経が優位になりぐっすりと眠れる可能性も高くなります。

シャワーだけの方も多いかもしれませんが、湯船につかってリラックスするということも心がけてみて下さい。

4-3 湿布を貼る

寝起きの腰痛の原因が筋肉が固まったことにある場合、寝る前に湿布を貼るという方法も良いでしょう。

大きな効果は期待出来ないかもしれませんが、他のセルフケアとの組み合わせにより効果が増すことも十分考えられます。

かぶれやすい方は気をつけて下さいね。

4-4 テニスボールでマッサージ

筋肉が固まっている結果寝起きの腰痛が続いているのなら、お風呂で温まり、その後ストレッチとテニスボールを使ったマッサージをするというのも良いですね。

ストレッチ同様やり過ぎは良くありませんが、適度な加減でちょっと物足りないくらいの時間でちょうど良いです。

そして最後に湿布を貼るという流れがさらに良いですね。

まとめ

  • 寝起きの腰痛の原因は寝方・寝相、筋肉に疲労が溜り固まっていること、就寝前の食事などが考えられる
  • 洗顔時の前かがみがつらい、靴下をはくのがつらい、動いているとだんだん痛みが治まってくるなどは筋肉が原因で寝起きの腰痛が起きている
  • 筋肉が原因の寝起きの腰痛は筋肉をストレッチやマッサージしたり温めるという方法が良い

寝起きの腰痛でお困りならこちらも合わせてどうぞ

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。