ヘルニアで足の甲が痛み親指がしびれる時ってどうすればいいの?

足の甲
Pocket

「足の甲が痛いし、親指がしびれて感覚がおかしい」

腰のヘルニアになると、足の甲に痛みが出たり、親指がしびれるようになることがあります。

こうなると困りますよね。

こんな時の原因は神経だと思いますよね。ですが、実際には違うケースが多くあります。

ではその原因とは何か?そして、足の甲の痛み、親指のしびれや感覚がおかしい場合はどうすればいいのかについて解説しています。

1 足の甲が痛む原因は神経ではない?

足の甲

足の甲が痛む原因は神経とは限らない

ヘルニアになり、歩いたり立ったりしている時の足の甲が痛くなる。この痛みの原因は、神経ではないことが多いです。

神経以外で考えられる原因は筋肉。筋肉が固まってしまうと痛みの原因になります。

歩くとか立っている時は筋肉を使っています。そういう時に痛むなら、やはり筋肉が原因ですね。

2 親指のしびれや感覚が鈍い原因も神経ではない?

親指

親指のしびれの原因は神経とは限らない

腰のヘルニアになると、親指がしびれたり感覚がちょっと鈍くなることがあります。

このしびれの原因は、神経の場合もあれば筋肉の場合もあります。

他に出ているヘルニアの症状全体から判断して、どちらが原因でしびれたり感覚が鈍くなっているのかを見極める必要があります。

3 神経が原因?筋肉が原因?

選択

腰のヘルニアで足の甲が痛い、親指しびれて感覚がおかしい。こういう場合、神経と筋肉どちらが原因なのか?

詳しく解説しますね。

3-1 こんな状態なら神経が原因

足の甲や親指の症状が、こんな場合なら神経が原因の可能性が高い例を挙げてみます。

  • 足首を動かせない
  • 足首から先の感覚がない
  • 親指をまったく動かせない

腰のヘルニアになり、足首から先がこんな状態なら神経が原因と考えられます。

この状態でさらに、膀胱直腸障害など重度の神経症状が出ているなら手術が必要と思われます。

3-2 こんな状態なら筋肉が原因

足の甲や親指の症状が、こんな場合なら筋肉が原因の可能性が高い例を挙げてみます。

  • 歩いているとだんだん痛みやしびれが強くなる
  • 時々、痛みもしびれもないことがある
  • 朝起きた時に痛みが強い日がある
  • お風呂上りは痛みやしびれが少し弱くなることがある

こういった状態なら、筋肉が固まったことによる足首の痛みや親指のしびれと考えられます。

筋肉が原因のこういった症状を、筋膜性疼痛症候群と言います。

4 足の甲や親指の症状はここが原因になりやすい

腰のヘルニアで、足の甲が痛むとか親指がしびれたり感覚が少しおかしい。

この症状の原因が筋肉にある。そんな場合はどこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

4-1 股関節の筋肉

足の甲1

股関節の筋肉が原因で足の甲に症状が出る

足の甲が痛むとか親指がしびれる場合の原因1つ目は、股関節周囲の筋肉です。

この辺りの筋肉が固まると、脛、足の甲、親指やつま先などに症状が出やすくなります。

4-2 脛の筋肉

足の甲2

脛の筋肉が原因で足の甲に症状が出やすくなる

足の甲の痛みや、親指のしびれの原因になりやすい筋肉2つ目は脛の筋肉。

股関節周りの筋肉が主な原因ですが、足の甲までつながっている脛の筋肉も痛みやしびれの原因になりやすいです。

4-3 その他

股関節周りや脛の筋肉以外にも、腰やお尻の筋肉が原因で足の甲に症状が出ることはあります。

5 足の甲や親指に症状がある時の注意点

バツ

足の甲が痛む、親指がしびれたり、感覚が鈍くておかしい。そんな症状が出ている時の注意点をお伝えします。

5-1 運動不足は関係ない

腰のヘルニアになり、足の甲に症状がある。その原因が筋肉の場合でも、運動不足とは関係ありません。

運動が不足しているから足の甲が痛くなったり、親指がしびれたりするのではないということ。

そうではなく、筋肉に疲労がたまりすぎた結果、固まってしまい症状が出ているということですね。

5-2 歩けば治るわけではない

足の甲の症状は筋肉に原因があるなら、歩けば良いのでは?と思ってしまう方が多いです。

ですが、歩くから良くなるわけではありません。

筋肉が原因ということは、仕事や日常生活で筋肉を休めることが必要なのです。

5-3 無理に動かそうとしない

足の甲が痛むとか、親指に症状がある。その時に、無理に動かそうとする必要はありません。

無理に動かしたから良くなるということでもないのです。

つま先立ちや、足の指でタオルを引き寄せる運動もしなくて大丈夫ですからね。

6 足の甲の症状はどうすればいいの?

足の甲に症状がある場合、どうすれば良いのかについて解説します。

6-1 神経が原因で症状が出ている場合

医師

足の甲の痛み、しびれ、感覚が鈍い、動かないなどの症状がある。そして、それらの原因が神経にあるなら病院での治療が必要です。

麻痺に近い症状になっていて、日常生活がかなり困難なら手術になることも考えられます。

6-2 筋肉が原因で症状が出ている場合

トリガーポイント鍼療法

足の甲が痛い、ビリビリする。それらの原因が筋肉にある場合なら、筋肉に対しての施術が方法の1つとしてあります。

トリガーポイント鍼療法という、筋肉に対して施術をする方法です。

腰のヘルニアに対するトリガーポイント鍼療法について詳しくはこちら

7 最後に

足の甲が痛むだけではなく、親指がしびれたり、動かしづらいという症状。

かなり不安になるかと思います。実際、神経が原因のこともあれば、筋肉が原因のこともあります。

どちらが原因かは総合的に判断する必要がありますが、すべて神経が原因ということではありません。

筋肉が原因のことも多くあります。そして、筋肉が原因の場合は筋肉が固まっているだけですし、神経自体は正常ということにもなります。

不安になることも多いかと思いますが、回復を目指して治療や施術を受けていただければと思います。

ヘルニアになってしまい不安なあなたに贈る12の知識やアドバイス

まとめ

  • 腰のヘルニアで足の甲に症状がある場合、神経だけが原因ではなく筋肉が原因のことも多くある
  • 神経が原因の場合、筋肉が原因の場合とあるが、どちらも症状に違いがあるので総合的に判断する必要がある
  • 筋肉が原因なら筋肉が固まったことが原因で、神経自体は壊れてしまったわけではないと言える

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。