ヘルニアで足のしびれが治らない時に考えられる原因と対処法

ふくらはぎ
Pocket

ヘルニアになり足のしびれが治らない。

整形外科でもらった薬は飲んでいる、リハビリもしているし、漢方や整体も試してみたけど変わらない。

こうなると、どうすればいいのかな?と不安になりますよね。

ヘルニアによる足のしびれには、考えられる原因がいくつかあります。そして、原因によって対処法も違います。

足のしびれの原因は何か?そして、いろいろ試したけどしびれている場合はどうすればいいのか?などについて解説しています。

足のしびれが治らない方は続きをどうぞ。

1 足のしびれで考えられる原因は2つ

足の甲

ヘルニアで足がしびれる場合の原因で考えられるものは、神経と筋肉の2つです。

それぞれについて解説しますね。

1-1 神経圧迫によるしびれ

ヘルニアによる足のしびれの原因1つ目は神経圧迫です。

MRIの画像を見た方も多いでしょう。椎間板の中にある随核と呼ばれる部分が飛び出し、結果として神経を圧迫している。

ただ、神経圧迫による足のしびれは少ないのが実際です。

1-2 筋肉によるしびれ

2つ目の原因は、筋肉が固まってしまったことによりしびれが出ているということ。

筋肉でしびれというのは、ちょっとイメージしづらいと思います。ですが、筋肉が固まるとしびれの原因になります。

筋肉が原因のしびれを筋膜性疼痛症候群と言い、歩くとしびれるという場合はなどに多くみられます。

さらに、ヘルニアによる足のしびれは、ほとんどの場合で筋肉に原因があります。

2 足のしびれが治らない時に考えられる理由

足のしびれ

ヘルニアで、足のしびれがなかなか治らない。

そんな時に考えられる理由について解説を続けます。

2-1 神経圧迫により障害されてしまっている

足のしびれが神経圧迫による場合は、回復に時間がかかったり、手術が必要なこともあります。

神経圧迫によって神経が傷ついてしまっている。それによるしびれは、簡単に回復しないことが多いです。

ただ、実際に神経が障害されてしまってしびれが続いているケースは少ないです。

2-2 神経に対しての治療しかしていない

ヘルニアで足のしびれが治らないもう1つの理由に、神経に対する治療しかしていないことが考えられます。

なぜなら、ヘルニアによる足のしびれには、先ほども解説したように筋肉が固まったことが原因の場合もあるのです。

筋肉が固まったことが原因なのに、神経に対しての薬としてのメチコバールなどを飲み続けてもしびれは取れません。

薬が効いていないということではなく、そもそもの原因が異なるということですね。

2-3 筋肉が固まったままだから

あと1つ考えられる理由は、筋肉が固まったままだからということ。

筋膜性疼痛症候群による足のしびれに対しては、筋肉を緩めることが必要です。ですが、表面的な電気治療やマッサージなどでは深部で固まった筋肉は緩みません。

こういうことも、ヘルニアによる足のしびれがいつまでも続く原因と考えられます。

3 ヘルニアによる足のしびれになりやすい筋肉

ヘルニアによる足のしびれが、筋肉が固まってしまったことに原因がある。

その場合は、どの筋肉が原因になりやすいかを解説します。

3-1 腰の筋肉

腰の筋肉

腰の筋肉が固まってしまうと、足のしびれの原因になりやすいです。

  • 太ももの裏でやや外側
  • ひざの裏
  • ふくらはぎの外側

主にこういう部分にしびれが出ることが多いです。

また、足だけではなく、お尻のしびれの原因になることも珍しくありません。

3-2 お尻の筋肉

お尻の筋肉

足のしびれで、特に原因になりやすいのがお尻の筋肉です。

  • 太ももの裏でやや外側
  • ひざの裏
  • ふくらはぎの外側

腰と同じような部分にしびれが出ることが多いです。

3-3 股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉が原因のことも非常に多いです。

  • 脛の外側
  • 足の甲
  • 親指

主にこういった部分のしびれの原因になりやすいです。

4 ヘルニアによる足のしびれの対処法

ふくらはぎ

ヘルニアによる足のしびれは、原因によって対処法が異なります。

それぞれについて解説しますね。

4-1 神経圧迫が原因の場合

神経圧迫で足がしびれる。さらに、足に麻痺が出ていたり、排泄にも障害が起きている。

足のしびれに伴い、麻痺などの症状が出ている場合は手術の可能性が高いです。

4-2 手術を受けたけれどしびれが取れない場合

ヘルニアの手術を受けたけれどしびれが残っている。医師からは手術は上手くいったので様子を見ましょうと言われた。

そして、数ヶ月経ったけれどしびれが変わらない。

この場合は、そもそも神経が原因ではなく、筋肉が原因だった可能性が高いです。

そのため、手術で圧迫部分はきれいに取り除くことができたけれど、しびれが変わらないという状態になります。

こういった時は、筋肉に対しての施術が必要です。

ヘルニアの手術後にしびれが残った場合は何が原因でどうすればいいのか?

4-3 筋肉が固まったままの状態の場合

トリガーポイント鍼療法

腰やお尻、股関節周囲の筋肉が固まったままの状態のため、足のしびれがずっと続いている。

こういう場合は、それらの筋肉が緩むことが必要です。

筋肉を緩める方法はいろいろありますが、そのうちの1つにトリガーポイント鍼療法という施術があります。

一般的は鍼治療とは違い、固まった筋肉に対して鍼をする方法です。

しびれ=神経ではありません。筋肉が原因のしびれもありますし、それに対してはこういう対策もあるのです。

腰のヘルニアで足のしびれがある方はこちらもどうぞ

まとめ

  • ヘルニアで足のしびれがある時に考えられる原因は、神経圧迫と筋肉が固まっていることの2つ
  • 足のしびれが治らない場合は、神経に対しての治療(メチコバール等の服用)しか行われておらず、筋肉が固まったままのことが考えられる
  • 神経圧迫が原因で足がしびれるなら手術が必要な可能性があり、筋肉が原因なら筋肉が緩むことを目的とした対策が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。