腰椎椎間板ヘルニアは走っても大丈夫?ランナーのための基礎知識

ランニング
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった場合、走っても大丈夫だろうか?

この先もう走れないのか?それとも走れるようになるのか?ランナーの方で、こうなってしまうといろいろと心配ですよね。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまっても、ほとんどの場合はちゃんと走れるようになります。もちろんフルマラソンだって。

ただ、ヘルニアの程度によって変わります。

ランナーが腰椎椎間板ヘルニアになってしまったらどうすればいいのか?腰椎椎間板ヘルニアの基礎知識や対策について解説しています。

1 腰椎椎間板ヘルニアで痛む時に走っても良い?

ランナー

腰椎椎間板ヘルニアになり、腰やお尻、足に痛みがある。そんな時は、走る練習は止めましょう。

こういった痛みは、神経だけではなく筋肉が原因で出ていることが非常に多いです。筋肉が原因で痛みが出ている時に、ランニングで筋肉を使うことは痛みが増したり長引く元。

痛くて走れない場合はもちろんですが、走っていると痛くなってくるという場合も練習は休みましょう。

2 腰椎椎間板ヘルニアになってしまったらもう走れないの?

悩む

一度、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら、もう走れないのかというとそんなことはありません。

ちゃんと痛みやしびれなどの症状が良くなれば、また走ることは可能です。もちろん、フルマラソンにだって出ることもできるでしょう。

ただし、ちゃんと良くなってからということが前提です。

3 腰椎椎間板ヘルニアになったらどうすればいいの?

黒板

ランナーの方が、腰椎椎間板ヘルニアになってしまったらどうすればいいのか?

詳しく解説しますね。

3-1 まずは練習を休む

ランナーの方で腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら、まずは練習を休んでください。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、ほとんどの場合固まった筋肉にあります。ですから、正確に言うと筋肉を必要以上に使わないということ。

練習をしたい気持ちは分かります。ですが、筋肉が原因の場合に練習をするのは、自分で傷口を広げているの同じ。

ですから、まずは練習を休みましょう。

3-2 休んでいる間に筋トレをしてはいけない

トレーニングマシン

腰椎椎間板ヘルニアになり、走る練習を休んでいる。そんな時、筋トレはしないでください。

筋肉が原因の痛みが出ている場合、せっかく練習を休んで筋肉を休めているのに筋トレは逆効果です。

何かしたいという気持ちは分かりますが、休むべき時はしっかりと休みましょう。

3-3 練習再開は半分以上回復してから

腰椎椎間板ヘルニアで休んでいる場合、痛みやしびれなどが半分以上治まってきたら少し動いても構いません。

ただし、少しだけ。いきなり走るのではなく、まずは歩くことから始めてください。たとえ痛みが出なくてもです。

いきなり長い距離を走ったりすると、せっかく治まっていた痛みが後から出てくる可能性が高いです。

体を慣らすように少しずつ歩くことから始めましょう。

3-4 完全に復帰していいのは?

ランナー

腰椎椎間板ヘルニアになったランナーの方が、完全に練習に復帰していいのは、当たり前ですが完全に症状が治まってからです。

痛みやしびれがない。日常生活や仕事でも問題がない。そうなったら、練習も完全に復帰して良いでしょう。

4 ランナーのための腰椎椎間板ヘルニア Q&A

Q&A

腰椎椎間板ヘルニアについてのQ&Aですのでご参考ください。

4-1 腰椎椎間板ヘルニアの原因は何?

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、いくつか考えられます。

腰に過剰な負荷がかかっていることや、加齢、さらに遺伝も要因の1つとも言われています。

ランナーの方なら、練習によって腰やお尻の筋肉に負荷がかかったことなどが考えられます。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は何?原因や痛みのしくみを徹底解説

4-2 腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は?

腰椎椎間板ヘルニアになると、さまざまな症状が出るようになります。

主な症状は、痛みとしびれの2つ。さらに、筋力低下や感覚障害などになることも。また、重度になると膀胱直腸障害や麻痺などが出ることもあります。

腰のヘルニアでよくある症状と症状別の対策と手術が必要な場合を解説

4-3 セルフケアとしてストレッチをしても大丈夫?

腰椎椎間板ヘルニアで、比較的痛みが軽いならストレッチをしても構いません。

ただし、強引なやり方や、長時間のストレッチはしないでください。

腰椎ヘルニアにおすすめのストレッチ7選

5 腰椎椎間板ヘルニアで走れないなら

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因は、多くの場合筋肉が固まってしまったことにあります。

そんな場合は、どうすればまた走れるようになるのか気になりますよね。答えはシンプルで、固まった筋肉が原因なら、それらが緩めばまた走れるようになります。

そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。固まった筋肉に対して鍼の施術をする方法です。

膀胱直腸障害や麻痺が出てしまった場合は、手術が必要なことが多いです。しかし、痛みやしびれなら筋肉が原因のことが多数。

そのため、鍼の施術ができるということですね。

詳しくはこちらをどうぞ。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

6 痛みやしびれで走れないランナーの方へ

腰椎椎間板ヘルニアで走れない。つらいですよね。

ただ、ほとんどのヘルニアは筋肉に原因があります。神経圧迫だけが原因とされていたのはもう過去の話です。

神経が原因の場合も実際にありますが、数としてはかなり少ないです。それよりも、筋肉が原因で症状が出ている方の方が多数。

筋肉が固まったことが原因の場合は、筋肉が壊れたわけではありません。ですから、回復すればまた走れるようになります。

ですから、まずは休養。そして、回復に伴って少しずつ体を動かす。それが大事ですね。

腰椎椎間板ヘルニアで走れないランナーの方はこちらもどうぞ

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。