ヘルニアでお尻が痛い!歩いたり座っている時の痛みはどうすればいい?

臀部痛
LINEで送る
Pocket

腰の椎間板ヘルニアになってしまい、お尻が痛い。

歩くとだんだん痛くなってくるし、座っていてもイスに当たる部分が痛くなる。拳でトントンと叩いてはみるけれど、それくらいではなかなか治まらない。

こういうお尻の痛み、困りますよね。

ヘルニアによるお尻の痛みの原因は、実は神経ではないことが多いです。そのため、薬や注射が効かないことも。

では、お尻の痛みは何が原因なのか?そして、どうすれば歩いても座っても平気になれるのか?

ヘルニアでお尻の痛みがつらい方は続きをどうぞ。

1 お尻の痛みは何が原因?

黒板

腰椎椎間板ヘルニアによるお尻の痛み。この原因は何か?詳しく解説しますね。

1-1 お尻の痛みは神経が原因ではない

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む場合、原因は神経圧迫ではないことが多いです。

お尻が常に一定の強さで痛むわけではありませんよね。痛い時もあれば、痛みが弱い時や、姿勢によっては楽な時もある。

そのように痛みが弱くなったり楽になった時、神経圧迫の状態が一時的になくなるのかというとそんなことはあり得ません。

神経圧迫が原因なら、痛みは常になければおかしいのです。

1-2 腰やお尻の筋肉が痛みの原因

腰椎椎間板ヘルニアによるお尻の痛みは、神経圧迫ではなく腰やお尻の筋肉が原因で痛みが出ています。

筋肉は固まってしまうと痛みの原因となり、こういう場合を筋膜性疼痛症候群と言います。

例えば、固まって痛みの原因になっている筋肉を歩くという動作で使う。だから、だんだん痛みが強くなってくるということですね。

2 お尻の痛みはここが原因

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む場合、どこ筋肉が原因になりやすいかについて解説します。

2-1 腰の筋肉が原因でお尻に痛みが出る

臀部痛1

腰の筋肉が原因でお尻に痛みが出る

腰椎椎間板ヘルニアによるお尻の痛みは、腰の筋肉が原因で出ることがあります。

腰にバツ印をつけています。このバツ印の部分の筋肉が固まってしまうと、お尻の痛みの原因になることは多いです。

長時間立ったままでいると痛くなるとか、座っているとだんだんお尻が痛くなってくるという場合は、腰の筋肉に原因があることが多いですね。

2-2 お尻の筋肉が原因で痛みが出る

臀部痛2

お尻の筋肉が原因でお尻に痛みが出る

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む場合、お尻の筋肉そのものが原因になることも非常に多いです。

お尻には複数の筋肉があり、歩いたり立ち上がる時などの動作時に常に力を発揮しています。そのため、お尻の筋肉は固まってしまいがち。

歩いていると痛い、座っているとイスに当たる部分が痛い。そんな場合は、お尻の筋肉が原因の場合が多いですね。

専門的な話になりますが、梨状筋、中臀筋、小臀筋、股関節外旋筋、といった筋肉が原因になりやすいです。

3 痛み止めの薬を飲んでもお尻の痛みは治まらない?

薬

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む時に、病院で処方されたロキソニンリリカといった痛み止めを飲んだ方は多いのではないでしょうか。

ただ、飲んでも効かなかったという方もいると思います。

なぜそうなってしまうかというと、痛み止めには消炎鎮痛であったり、神経の興奮を抑える作用はあります。ですが、固まった筋肉を緩める作用はほとんどありません。

そのため、飲んでも効かないということに。では痛み止めは無意味か?というと、そんなことはありません。

夜寝ていてうずくような痛みがするなら、それは炎症による痛みのことが多いです。そんな場合は、ロキソニンのような消炎鎮痛剤がいいですね。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

4 お尻が痛む時にストレッチをしてもいい?

腰のストレッチ

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む時、ストレッチをするのは構いません。

固まった筋肉が原因でお尻に痛みが出ているなら、適度なストレッチで筋肉を伸ばすことは有効な場合があります。

腰やお尻、股関節周囲の筋肉を伸ばすのがいいですね。ただし、やり過ぎないよう注意してくださいね。

腰椎ヘルニアにおすすめのストレッチ7選

5 腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛むなら

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む。その原因が筋肉にあるのなら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉が原因で痛みが出ているなら、必要なことはその筋肉が緩むこと。トリガーポイント鍼療法は、そういった場合に施術が可能です。

腰やお尻などで、痛みの原因になっている部分に鍼をする方法ということですね。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

6 ヘルニアの原因は神経だけではない

腰椎椎間板ヘルニアによるお尻の痛みは、神経が圧迫されているためと思ってしまいますよね。

実際、MRIの画像を見たら誰でもそう思うのは仕方がありません。ですが、体の痛みは神経だけが原因ではないのです。

神経が原因なら神経への対処が必要。ですが、筋肉が原因なら筋肉への対処が必要ということ。

お尻の痛みが続いてしまっている場合、手術も考えている方もいるでしょう。ですが、本当に神経が原因ですか?筋肉が原因なら手術の必要はありますか?

たとえお尻の痛みが続いていても、今まで筋肉への対処をしたことがなければ、筋肉が原因で痛みが出るということも知って欲しいと思います。

腰のヘルニアでお尻が痛む方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアでお尻が痛む場合は、神経圧迫ではなく筋肉が固まったことに原因がある場合が多い
  • 腰やお尻の筋肉が固まってしまうと、歩く時や座っている時にお尻に痛みが出やすくなる
  • 筋肉が原因の痛みには、ロキソニンやリリカといった痛み止めが効かないことがある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。