椎間板ヘルニアで坐骨神経痛はあっても腰痛がないのはなぜ?

考える
Pocket

椎間板ヘルニアになり、足に坐骨神経痛があるのに腰痛はまったくない。

なぜこういうことが起きるのでしょうか?また、本当に椎間板ヘルニアなのでしょうか?

気になりますよね。椎間板ヘルニアで、腰痛がなくても坐骨神経痛のみがあることは珍しいことではありません。

では、なぜそうなるのか?について解説をしていますので、気になる方は続きをどうぞ。

1 椎間板ヘルニアで腰痛がない理由

黒板

椎間板ヘルニアで腰痛がない理由は、神経圧迫が痛みの原因ではないからです。

MRIの検査で神経圧迫になっていて、椎間板ヘルニアと診断された。そういう場合でも、神経圧迫の状態になっているだけで、痛みの原因にならないことはあります。

そのため神経圧迫になっていても、腰痛はまったくないということが起きても不思議なことではありません。

2 坐骨神経痛の原因は何?

足の痛み

椎間板ヘルニアで腰痛がなくても、坐骨神経痛で足に痛みがある。そんな時の痛みは、筋肉にあります。

筋肉は固まってしまうと、神経痛のような強い痛みを出します。筋肉が原因の痛みを、筋膜性疼痛症候群と言います。

腰痛はなくても、主にお尻や股関節周囲の筋肉が固まっている。そうなると、太ももやふくらはぎ、脛といった部分に坐骨神経痛の痛みが出るということですね。

3 この筋肉が痛みの原因になりやすい

椎間板ヘルニアで、腰痛はなくても坐骨神経痛がある場合の原因はどこかについて解説します。

写真をご覧ください。

お尻の筋肉

お尻にバツ印をつけています。そして、お尻と足全体に赤い印をつけています。

バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、お尻や足に痛みが出るということですね。

もう1枚写真をご覧ください。

股関節周りの筋肉

股関節周りにバツ印をつけています。

この辺りの筋肉が固まってしまうと、脛やふくらはぎの外側、足の甲などに痛みが出やすくなります。

※右足が痛む場合は、右の股関節周囲の筋肉が原因とお考えください。

4 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に痛み止めは?

薬

椎間板ヘルニアで腰痛がないけれど、坐骨神経痛で足が痛い。こういう場合、痛み止めは効かないことが多いです。

なぜかと言うと、痛み止めは固まった筋肉を緩めることが主な作用ではないからです。

例えば、ロキソニンは消炎鎮痛剤、リリカは神経の興奮を抑える薬。そのため、筋膜性疼痛症候群による痛みには効かないことが多いのです。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

5 筋肉が原因の場合はどうすればいい?

椎間板ヘルニアで腰痛はないけれど、坐骨神経痛があり足が痛い。この場合は、筋肉が原因ということをお伝えしてきました。

では、こういった筋肉が原因の痛みはどうすればいいのか?

固まった筋肉が原因なら、その筋肉が緩めばいいということになります。そのための方法の1つとして、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

詳しく解説しますね。

5-1 トリガーポイントって何?

トリガーポイントというのは、筋肉にできた痛みの発生源のことです。

筋肉に疲労が重なると筋肉が固まり、だんだんコリができてしまい、そのコリがさらに固まるとトリガーポイントができてしまうということ。

詳しくはこちらをご参考ください。

トリガーポイントとは?痛みや痺れの原因トリガーポイントを徹底解説

5-2 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の場合は?

トリガーポイント鍼療法

椎間板ヘルニアで、腰痛はないけれど坐骨神経痛はある。この場合の原因は、お尻や股関節周りの筋肉に多いです。

お尻や股関節周りには、中臀筋、小臀筋、梨状筋といった筋肉があり、それらにトリガーポイントができたため足に痛みが出ているということ。

そのため、トリガーポイント鍼療法では、お尻や股関節周りに施術をすることになります。

こちらも合わせてご参考ください。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

6 最後に

腰の椎間板ヘルニアだと、腰痛があるのが当然のように思うかもしれません。

それなのに、腰痛はなく坐骨神経痛による足の痛みがだけがある。こんな状態だと、他の病気なのかな?と思ってしまいますよね。

ですが、今回解説してきたように、椎間板ヘルニアで腰痛がないことは珍しくありません。

そして、坐骨神経痛の原因は筋肉。だから、神経に対してではなく筋肉に対しての対策が必要ということなのです。

椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛でお悩みならこちらもどうぞ

まとめ

  • 椎間板ヘルニアで、腰痛はないのに坐骨神経痛だけがある場合は、神経ではなく筋肉に原因がある
  • 臀部や股関節周囲の筋肉が固まってしまうと、足に坐骨神経痛の症状としての痛みが出る
  • 筋肉が原因の坐骨神経痛に痛み止めは効かないことが多いため、固まった筋肉を緩めることが必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。