腰のヘルニアでふくらはぎがしびれる!そんな症状の原因は?

ふくらはぎのしびれ
Pocket

腰のヘルニアでふくらはぎや、ふくらはぎの外側がしびれる。

ビリビリ・ジンジン嫌ですよね。このしびれですが、神経に原因があると思われがち。ですが、そうとは限りません。

では、ふくらはぎがしびれる原因は何か?そして、嫌なしびれにはどんなことをすればいいのか?

あまり知られていないしびれの原因、そしてその対処方法などについて解説しています。

しびれでお困りの方は続きをどうぞ。

1 ふくらはぎのしびれは神経が原因ではありません

黒板

腰のヘルニアでふくらはぎ、ふくらはぎの外側がしびれる。この時の原因は、神経ではないことが多いです。

どういうことか?と思いますよね。詳しく解説します。

1-1 筋肉が原因でしびれている

腰のヘルニアに伴うふくらはぎのしびれは、ほとんどの場合で原因は筋肉にあります。

意外に思うかもしれませんが、筋肉は固まってしまうとビリビリ・ジンジンといったしびれの原因になるのです。

歩いているとしびれてくる、長時間立ったままや座ったままでいてもしびれてくるなら筋肉が原因です。

1-2 しびれ=神経ではない

ふくらはぎのしびれは、神経が悪いと思いますよね。ですが、しびれの原因は必ず神経というわけではありません。

腰のヘルニアで、神経圧迫の状態になっている。そんな場合でも、神経圧迫が原因とは限りません。

神経圧迫になっていても、しびれやその他の症状が何もないという方もいるのですから。

2 なぜ、しびれの原因が筋肉といえるのか?

疑問

MRIで神経圧迫になっていた。だから腰のヘルニアと診断された。それなのに、しびれの原因が筋肉とはどういうことでしょうか?

このことについて解説しますね。

2-1 神経圧迫が原因ならしびれより重い症状

腰のヘルニアのしびれが神経圧迫が原因なら、ビリビリといったしびれではなくもっと重い症状が出ます。

神経が損傷し、壊れてしまったような症状。

例えば、排泄が困難になる膀胱直腸障害。ふくらはぎがしびれても、この症状がなければ神経圧迫は関係ありません。

また、麻痺になることもあります。麻痺の場合はビリビリではなく、感覚がなくなったり力が入らなくなってしまいます。

2-2 神経圧迫になっているだけのことが多い

そもそもですが、腰のヘルニアの状態になっていても、しびれも痛みも全くない方は多くいます。

つまり、MRIで検査をしたら飛び出して神経圧迫になっている。でもしびれも痛みも何もない。

こういう方もたくさんいます。つまり神経圧迫が原因ではないということですね。

2-3 時にはしびれがないことがあるのは神経ではない証拠

腰のヘルニアによるふくらはぎのしびれを時々感じない。そんな状態があるなら神経圧迫が原因ではない証拠です。

しびれがなくなった瞬間だけ、神経圧迫もなくなったのでしょうか?そんなことはあり得ません。

筋肉の状態にしびれの状態も影響されたと考えるのが正しいです。

2-4 しびれる場所が変わるなら筋肉が原因

ふくらはぎがしびれる場合でも、その場所が日によって少し変わる。そんな状態なら筋肉が原因です。

神経が原因でしびれるなら、しびれは常に一定のはずです。

ですが、しびれの場所が変わる。そんな状態なら、神経圧迫になっているだけということですね。

3 筋肉が原因でふくらはぎがしびれる時の特徴

ふくらはぎ

筋肉が原因でふくらはぎがしびれている時には特徴があります。

その特徴について解説しますね。

3-1 動作に伴いしびれが増すことがある

筋肉が原因でふくらはぎがしびれる場合、動作に伴いしびれが強くなることがあります。

固まった筋肉がしびれの原因。そして、その筋肉を使うからだんだんしびれが強くなるということですね。

歩いているとだんだんしびれる場合は、お尻や股関節周りなどの筋肉に原因があります。

3-2 しびれる時、しびれない時がある

筋肉が原因でふくらはぎがしびれている場合、そのしびれを感じる時と感じない時があります。

仕事で疲れた日はしびれが強く、ゆっくり寝ることができた日はしびれをあまり感じない。

こんな状況なら筋肉が原因です。

3-3 しびれの場所が変わることがある

筋肉が原因でしびれる場合、そのしびれの出る場所が変わることがあります。

ふくらはぎだったのが、次の日には脛という感じですね。

しびれの原因の筋肉が複数あり、別の場所にしびれを出している。そのため、場所が変わるということ。

4 しびれがひどくなる前を思い出してみてください

腰のヘルニアに伴うふくらはぎのしびれがある場合、一度思い出してみて欲しいことがあります。

それは、ふくらはぎのしびれがひどくなる前のことです。写真をご覧ください。

臀部

お尻にバツ印を付けています。

腰のヘルニアでしびれがひどくなる前、このバツ印の部分を拳でトントンと叩きたくなりませんでしたか?

もし叩きたくなった、叩いたことがあるというようなら、その頃からすでに筋肉が固まり始めていたのです。

そこからさらに筋肉が固まってしまった結果、ふくらはぎにしびれが出たということですね。

5 ふくらはぎのしびれはこの筋肉が原因になりやすい

腰のヘルニアで、ふくらはぎがしびれる。そのしびれの原因が筋肉なら、どの辺りが原因になりやすいのかを解説します。

5-1 お尻の筋肉

足のしびれの原因になりやすい筋肉2

写真のバツ印を付けている辺りが固まると、ふくらはぎにしびれが出ることが多いです。

比較的多いのは、ひざ裏近くでやや外側のしびれ。

中臀筋、小殿筋、梨状筋といった筋肉があり、それらが主にしびれの原因になりやすいですね。

5-2 股関節周りの筋肉

足のしびれの原因になりやすい筋肉3

バツ印を付けている股関節周りの筋肉が固まった場合も、ふくらはぎにしびれが出やすくなります。

この場合しびれが出やすいのは、正確に言うとふくらはぎの外側辺り。くるぶしの延長線上と言えばいいでしょうか。

中臀筋、小殿筋、大腿筋膜張筋といった筋肉がしびれの原因になりやすいです。

6 しびれがひどい場合に気を付けて欲しいこと

注意点

腰のヘルニアでふくらはぎのしびれがひどい場合、気を付けて欲しいことがあります。

それは、必要以上に筋肉に負荷をかけないということ。筋肉が固まったことでしびれが出ている場合、必要以上の負荷はしびれが悪化する恐れがあります。

しびれがある時は、筋トレや運動をすれば良くなるということでもありませんので気を付けてくださいね。

腰椎椎間板ヘルニアの方に知って欲しいしてはいけないこと9選

7 ふくらはぎがしびれる時にしても良いこと

マル

ふくらはぎのしびれの原因が筋肉にある。この場合にしても良いことは、筋肉を緩めることを目的としたことです。

理由はここまで解説してきたように、固まった筋肉が原因でしびれが出ているからです。

例を挙げると、

  • 温める
  • マッサージ
  • ストレッチ

などが考えられますね。ただ、やり過ぎないように気をつけて下さい。

筋肉を緩めるためにと思ってこういったことをやり過ぎてします。そうすると、後からしびれが強くなったり、長引くことも考えられます。

心地よく感じる程度で、適度に行う。それが大切です。

8 筋肉が原因のしびれにはこんな方法もある

トリガーポイント鍼療法

腰のヘルニアでふくらはぎがしびれる。そして、その原因が固まった筋肉の場合には、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉がしびれの原因になる場合、表面の筋肉だけではなく、深い部分の筋肉も原因になります。

そういった状態には、マッサージやストレッチでは届かないことも。しかし、鍼なら原因となっている筋肉を施術することが可能です。

しびれというと、薬や注射というイメージかもしれません。ですが、こんな方法もあるということも知ってもらえればと思います。

ふくらはぎのしびれに対するトリガーポイント鍼療法についてはこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰のヘルニアに伴うふくらはぎのしびれは、神経圧迫が原因とは限らない
  • 筋肉が固まってしまうことでも、ビリビリとしたしびれが出ることはいくらでもある
  • 腰のヘルニアで、筋肉が原因のしびれが出ている場合は、必要以上に筋肉に負荷をかけないことが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。