腰椎椎間板ヘルニアにコルセットは有効?すべき時としなくてもいい時

腰
Pocket

「コルセットはした方がいいのかな?」

腰椎椎間板ヘルニアの方なら、コルセットについてこう思ったことがあるのではないでしょうか?

コルセットはいつ着ければいいのか?また、今の痛みにコルセットは果たして本当に有効なのか?こういったこと気になりますよね。

腰椎椎間板ヘルニアになった場合、コルセットはどうすればいいのかについて解説しています。

コルセットで迷っている方は続きをどうぞ。

1 コルセットは有効なの?

黒板

腰椎椎間板ヘルニアに、コルセットは有効か?これは、有効な場合もあれば、そうでない場合もあるというのが答え。

どういうことか解説しますね。

1-1 コルセットは着けて判断

腰椎椎間板ヘルニアにコルセットが有効かどうかは、着けて判断する必要があります。

つまりこうなります。

  • 着けて楽なら着ける
  • 着けても変わらないなら着けない

すべての腰椎椎間板ヘルニアに方にとって、コルセットが有効というわけではありません。ですから、一度着けてみる。そして楽なら使うというのが正しいです。

1-2 コルセットをすべき時

腰椎椎間板ヘルニアで、コルセットを着けると楽なら着けましょう。

着けて楽に感じるということは、コルセットが体をサポートする状態が合っているということ。

歩く時や座っている時でも、着けることで少し痛みが楽とか、安定感があると感じるなら着けましょう。

1-3 コルセットをしなくてもいい時

腰椎椎間板ヘルニアで、コルセットを着けても変わらないならむしろ着けないほうがいいです。

着けても痛みは変わらない、苦しい、邪魔に感じる。そんな風ならむしろ外しましょう。

楽にならないなら、ただ単に締め付けているだけですから。

腰椎椎間板ヘルニアでコルセットを着けても痛むならこの方法

2 コルセットって何のためにするの?

注意点

腰椎椎間板ヘルニアでコルセットをする目的は、簡単に言うと筋肉のサポートです。

コルセットを着けることで、腹圧が高まります。つまり、お腹に力を入れやすくなるということ。

そのため、立上がる時や、歩く時に少し痛みが楽になる場合があるわけですね。

3 コルセットはいつまで着け続ければいい?

考える

腰椎椎間板ヘルニアで、コルセットはいつまで着けていればいいのか?

これに関しては、着けなくても良いと感じたら外して構いません。着けなくても歩ける、立ち上がる時の不安もない。そんな状態になったら外して大丈夫。

多少痛みが残っていても、着けなくてもいいと感じる状態なら外して大丈夫です。

ただし、少し不安だなと思う場合は、外出時などは念のため持ち歩くようにすると安心ですよね。

4 こんな時はコルセットは不要

バツ

腰椎椎間板ヘルニアで、コルセットは寝る時には不要です。

寝ている時は、完全にリラックスしている状態。ですから、寝る時に着けても意味がありません。

締め付けているだけになってしまいますから外しましょうね。

5 コルセットをしていれば治るの?

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアが、コルセットをしていれば治るのかというとそうではありません。

コルセットはあくまでも補助具。動く時に筋肉を助ける役割をしてくれるためのもの。ですから、コルセットをしていれば治るというのは違います。

傷口に包帯を巻けば治るかというと、そうではありませんよね。コルセットもそれと同じということですね。

6 腰椎椎間板ヘルニアの痛みが続く方へ

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの痛みが続いている。そんな場合、コルセットは先ほども解説しましたがあくまでも補助具。

では、どうすればいいのかというと、痛みなどの症状に対しては筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

腰椎椎間板ヘルニアに伴う痛みやしびれは、筋肉が原因で出ていることも非常に多いです。そんな場合に必要なことは、痛み止めやブロック注射ではありません。

症状の原因になっている筋肉を元の状態にすることが必要。

トリガーポイント鍼療法は、こういった筋肉が原因で出ている症状に対しての施術です。

詳しくはこちら。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対してコルセットは、着けて楽なら着けて、変わらないならむしろしない方が良い
  • 痛みが多少残っていても、コルセットをしなくても大丈夫と思えるなら着けなくても良い
  • コルセットは治療ではないので、痛みやその他の症状に対しては専門的な治療や施術が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。