腰椎椎間板ヘルニアの原因は何?原因や痛みのしくみを徹底解説

腰
LINEで送る
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアという病名を聞いたことがあると思います。

主に、腰から足にかけて痛みやしびれが出るのですが、原因は一体何でしょうか?

なぜ、腰椎椎間板ヘルニアになってしまうのか?また、痛みやしびれはなぜ出るのか?

腰椎椎間板ヘルニアの原因について解説しています。

1 腰椎椎間板ヘルニアになるのはなぜ?

椎間板

腰椎椎間板ヘルニアになってしまう理由は、椎間板に負荷が大きくかかることや加齢による変性があります。

また、遺伝的な要素もあるとされています。

仕事やスポーツなどで、腰へ負荷がかかることが続くと、背骨の間でクッションの役割をしている椎間板に負荷がかかります。

その負荷が過剰にかかり過ぎると、繊維輪と呼ばれる部分を突き破って髄核が飛び出してしまうことに。

髄核と呼ばれる部分が飛び出してしまうことをヘルニアと言い、腰でヘルニアの状態になるから腰椎椎間板ヘルニアということですね。

2 痛みやしびれには2つの原因がある

黒板

腰椎椎間板ヘルニアになると、主に痛みやしびれが出るようになります。

この痛みやしびれの原因は、先ほど解説した髄核が飛び出すことによる神経圧迫とされています。

ですが、実はもう1つ原因があります。それぞれについて解説します。

2-1 神経圧迫

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、神経圧迫により起こるとされています。

冒頭で解説した、椎間板の中にある髄核が飛び出し神経を圧迫することが理由ですね。

2-2 筋肉

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、筋肉が原因でも起こります。

筋肉が原因で痛みやしびれというと、イメージできない方も多いかもしれませんね。

ですが、筋肉が固まってしまうことで、腰椎椎間板ヘルニア特有の痛みやしびれが出ることは非常に多いです。

3 腰椎椎間板ヘルニアは筋肉が原因のことが多い

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、神経圧迫によるものとされることが多いです。

ですが、実際には先ほど解説した筋肉が原因の方が多数。

麻痺や膀胱直腸障害といった重度の症状は神経が原因。しかし、それらを除いた場合は、筋肉が原因なのです。

4 神経圧迫より筋肉が原因の方が多いと言える理由

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、神経圧迫よりも筋肉が原因の方が多いです。

その理由について解説します。

4-1 痛みやしびれに変化があるなら筋肉が原因

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれが、強くなったり弱くなったりする。こんな場合は神経圧迫ではなく、固まった筋肉が原因です。

理由は簡単。

痛みやしびれの強さが変わるのは、神経が圧迫されたりされなくなったりするのではないからです。

そうではなく、筋肉の状態に影響を受けているということ。動けば痛みが強くなり、休めば弱くなるのは筋肉が原因ということ。

4-2 神経圧迫なら重い症状が出る

腰椎椎間板ヘルニアで、本当に神経圧迫が原因の場合は重い症状が出ます。

膀胱直腸障害や麻痺などですね。これらの症状は、神経が圧迫されて障害されている症状です。

痛みやしびれがあっても、こういった重い症状がなければ神経圧迫ではなく筋肉が原因。

5 筋肉が原因の痛みやしびれとは?

疑問

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれが、筋肉が原因で出ていると言われてもちょっとよく分かりませんよね。

詳しく解説します。

5-1 筋膜性疼痛症候群

筋肉が原因で出る痛みやしびれを、筋膜性疼痛症候群と言います。

筋肉に疲労がたまり、筋肉が固まってしまうと痛みやしびれの原因になってしまうということ。

5-2 筋膜性疼痛症候群の特徴

筋膜性疼痛症候群の痛みやしびれの特徴には、動きや姿勢によって出るということがあります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を動かす。そのため、動作などによって痛みやしびれが出るということ。

腰椎椎間板ヘルニアの場合なら、歩くと痛む、前かがみになると痛むなどですね。

5-3 筋肉にトリガーポイントができる

筋膜性疼痛症候群では、筋肉にトリガーポイントと呼ばれる痛みやしびれの発生源が形成されます。

神経圧迫になっていても、実はこのトリガーポイントが痛みやしびれの元ということですね。

トリガーポイントとは?痛みや痺れの原因トリガーポイントを徹底解説

6 腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因になる筋肉

腰椎椎間板ヘルニアの原因が筋肉にある場合、どの筋肉が痛みやしびれの原因になりやすいのかを解説します。

原因になりやすい筋肉があるのは主に3カ所。

  1. お尻
  2. 股関節周り

写真をご覧ください。

筋肉が原因の痛み

腰やお尻の筋肉

股関節

股関節周りの筋肉

2枚の写真でバツ印をつけています。

このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印をつけている足の部分に痛みやしびれが出やすくなります。

あなたの場合も、このような状態ではありませんか?

7 こんな状態ならあなたも筋肉が原因

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアの原因が神経圧迫か筋肉による筋膜性疼痛症候群か?

あなたの場合はどちらかをチェックしてみてください。

7-1 こんな状態なら神経圧迫が原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因が、神経圧迫と考えられる場合の例をあげます。

  • 足首を起こすことがまったくできない
  • 足の感覚がほとんどない
  • トイレに入っても用を足すことができない
  • 失禁してしまう

こんな状態なら、神経圧迫が原因でかなり重度の腰椎椎間板ヘルニアです。

7-2 こんな状態なら筋肉が原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因が、筋肉と考えられる場合の例をあげます。

  • 朝起きた直後は強烈に痛いが時間とともに少し弱くなる
  • 歩くとだんだん足が痛くなってくる
  • 長時間座ったままでいるとふくらはぎがしびれてくる
  • お尻が痛くなると足も痛くなる
  • お風呂上りは少し痛みが軽くなることがある
  • 仕事が休みの日は比較的痛みやしびれが軽い

こんな状態なら、筋肉が原因で痛みやしびれが出ている腰椎椎間板ヘルニアです。

こちらもあわせてどうぞ。

腰のヘルニアでよくある症状と症状別の対策や手術が必要な場合を解説

8 神経だけが痛みの原因ではない

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれの原因について解説してきました。

神経圧迫が原因の場合はあります。ですが、かなり少数。そして、神経圧迫だけが原因と思われていたのはもう過去の話。

神経圧迫が原因か?筋肉が原因か?では、対処の仕方がまったく違います。

神経圧迫になっていても、それはそうなっているだけのケースはいくらでもあります。

痛みやしびれの本当の原因は何か?そして、本当の原因に対して必要な治療を受けていただきたいと思います。

筋肉が原因の腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれでお困りならこちら

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアが起こる理由は、椎間板に過度の負荷がかかったり加齢による変性などがある
  • 腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、たとえ神経圧迫になっていても筋肉に原因があることが多い
  • 筋肉に原因がある腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれは、主に腰、お尻、股関節周りの筋肉が原因

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。