指先のしびれがつらい!薬では治まらない指先のしびれ施術法

指先のしびれがつらい!薬では治まらない指先のしびれ解消法
Pocket

指先のしびれが毎日続いてなかなか治まらない。

こういう指先のしびれは気持ち悪いし嫌ですよね。さらに、薬を飲んでも治まらないと不安になるかと思います。

ですがご安心を。

薬を飲んでも治まらない指先のしびれでもちゃんと原因はあります。そして原因があれば対処法も存在します。こういったことについてまとめましたのでご参考下さい。

1 指先のしびれの原因は何?

指先のしびれの原因として考えられるものはいろいろありますが、ここでは比較的原因になりやすく、多くの人の原因になっているものを挙げます。

指先の原因になりやすいもの、それは筋肉です。

筋肉?と意外に思った方も多いかもしれませんね。しびれというと神経のようなイメージがある方が多いと思います。それが筋肉が原因といわれても「???」となるのは理解できます。

ただ、指先がしびれる=すべての場合において神経が原因ではありません。

神経が原因で指先がしびれることも確かにあります。ですが、何でも神経が原因ではありません。

筋肉というのは、疲労が抜けきらないとだんだん固まってきます。そしてその状態が続くと硬くなってしまいしびれの原因になるのです。

2 指先のしびれはこういう筋肉が原因になりやすい

指先のしびれは筋肉が原因で起こることが多いということをお伝えしました。

では、具体的にどのあたりの筋肉が原因になるのかということを写真で紹介します。

写真をご覧ください。

指先のしびれの原因になりやすい筋肉

首や肩、肩甲骨周りの筋肉が指先のしびれの原因になりやすい

指先のしびれの原因になりやすい筋肉

首の前、鎖骨の下、腕の筋肉が指先のしびれになりやすい

2枚の写真それぞれにバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が硬くなると、指先や手のひら、手の甲、腕などにしびれが出るようになります。

また、こういった部分の筋肉が固まってしまうと、上を向いた時や首を左右に回した時、左右に傾けた時などにも指先にしびれが出るようになります。

3 筋肉が原因で起きる指先のしびれはこういう対策がある

指先のしびれは、首や肩周りなどの筋肉が硬くなってしまうことが原因で起きるということをお伝えしてきました。

では、この指先のしびれに対しては何をすれば良いのでしょうか?

このような筋肉が固まってしまったことで起きる指先のしびれは、薬や注射では変わらないことが多いです。なぜなら、それらは神経が原因ということを前提とした方法だからです。

当然ですが、筋肉が硬くなったことが原因なら神経に対しての方法は意味がありませんよね。

必要なことは筋肉への対策です。そのための方法の1つがトリガーポイント鍼療法です。

一般的な鍼の施術と異なりツボではなく筋肉を施術する方法です。そして、硬くなってしびれの原因になっているような筋肉を施術します。

実際に施術をする部分は先ほど写真で紹介した筋肉の中から指先のしびれの原因になっている部分に対して行います。

4 指先のしびれがある時のセルフケア

指先のしびれがある場合に、ご自身でも何か出来ないかな?と考える方は多いと思います。

そこで、簡単に出来るセルフケアをいくつか紹介します。

  • 首や肩周りのマッサージ
  • 首や肩周りの筋肉などに湿布
  • 保温

こういったことなら比較的簡単に取り組めると思います。

どれも硬くなった筋肉を緩めることに対して有効です。ただし、やり過ぎには注意してくださいね。湿布の場合は、かぶれやすい方はかぶれにお気を付けくださいね。

5 指先のしびれがある場合にやってはいけないこと

指先のしびれがある場合、次のことは出来る限り控えてください。

  • 運動
  • 筋トレ
  • しびれが増す動作や行為

運動や筋トレが悪いということではないのですが、筋肉が固まって指先にしびれが出ている時に運動や筋トレといった筋肉に負荷をかける行為は指先のしびれを悪化させることがあります。

また、仕事などで指先のしびれが増すような動作や行為、姿勢などが多い場合は出来る限り控えてください。

筋肉が原因で指先のしびれが出ている場合、とにかく筋肉に負荷をかけすぎないようにすることが大事です。

まとめ

  • 指先のしびれの原因はいくつか考えられるが、硬くなった筋肉が原因の場合が多い
  • 筋肉が原因で起きる指先のしびれにはトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 指先のしびれがある場合、筋肉に負荷をかけすぎる行為は控えるべき

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。