手がしびれてつらい!しびれの原因や何科を受診するのかなどの対策まとめ

腱鞘炎
Pocket

手がビリビリ、ジンジンとしびれる。

こういう手のしびれってつらいですよね。また、しびれというと少し怖いような感じもするかと思います。

では、そもそもこの手のしびれの原因は何でしょうか?また、実際に手のしびれが出た場合何科を受診すれば良いのでしょうか?

手のしびれの原因や何科を受診すれば良いのかなどの対策についてまとめました。

1 手のしびれの原因は?

手のしびれの原因として考えられるものを挙げて見ます。

1-1 脳や脊髄などの中枢神経

脳や脊髄といった中枢神経の病気があります。例えば脳梗塞や脊髄腫瘍になった場合、手のしびれが出ることがあります。

1-2 手や足の末梢神経

手や足にある末梢神経の病気で手のしびれが出ることもあります。

1-3 筋肉が原因のしびれ

しびれの原因は神経だけとは限りません。実は筋肉が固まってしまうことでも手や足にしびれが出ることは多々あります。

2 筋肉が原因で手がしびれる場合はどこが原因になりやすいのか

ここからは、筋肉が固まったことが原因の手のしびれについて詳しく説明していきたいと思います。

どの筋肉が固まってしまうと手のしびれの原因になりやすいのか?を写真で紹介します。

首や肩の筋肉のトリガーポイント

首すじや肩の筋肉

背中と肩甲骨周りのトリガーポイント

背中や肩甲骨周りの筋肉

首の前のトリガーポイント

首の前の筋肉

鎖骨の下と腕の付け根

鎖骨の下や腕の付け根の筋肉

4枚の写真それぞれに赤い丸で印を付けています。

この赤い丸の部分にある筋肉が固まってしまうと手のしびれの原因になりやすいです。

3 手がしびれる時は何科を受診すれば良い?

手がしびれる場合まずは病院を受診する必要がありますが、何科を受診すれば良いのか迷うと思いますので説明をしたいと思います。

受診するのは、整形外科や脳神経外科が良いですね。

激しい頭痛に伴い手がしびれるとか、手だけではなく足も同時にしびれるというような場合は脳神経外科が良いです。

しびれと言っても原因はいろいろ考えられます。一番良くないのは放っておくことです。

ですから、手にしびれが出たらまずは整形外科か脳神経外科で良いので受診することをお勧めします。

4 筋肉が固まったことが原因で手がしびれる場合の対策

整形外科や脳神経外科などを受診して、神経には異常がないけれどしびれがあるという場合は筋肉が原因の可能性が高いです。

では、こういった筋肉が固まってしまったことで手にしびれが出ている場合にはどういう対策があるのかを紹介します。

4-1 固まった筋肉を緩めるためのマッサージなど

筋肉が固まったことで手のしびれが出ているのであれば、その筋肉を緩めることが必要になります。

その場合の方法の1つとしてマッサージやストレッチがあります。

強く揉みすぎたり、伸ばしすぎることや、長時間揉んだり、ストレッチすることは良くありません。

ですが、適度な強さで行うのなら良いでしょう。

4-2 湿布を貼る

写真で紹介したように首や肩周り、背中などの筋肉が固まることで手にしびれが出やすくなります。

ですから、こういった部分の中で特に強くコリ感を感じる部分に湿布を貼るという方法もあります。

かぶれやすい方は気をつけて欲しいですが、寝る前に貼って朝には取るということでも良いでしょう。

4-3 病院での投薬

病院では手のしびれの程度にもよりますが、薬を処方されることも多くあるようです。

4-4 病院でのリハビリ

重篤な症状でなければ、手のしびれに対していわゆるリハビリを行っている病院も多くあります。

4-5 鍼の施術

鍼灸院で手のしびれに対して施術を行っている所は多くあると思います。

当院でも筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術で手のしびれに対しての施術を行っています。

一般的な鍼の施術とは異なり、ツボではなく固まった筋肉に対して行うのがトリガーポイント鍼療法という施術です。

5 筋肉が原因で手のしびれがある時にやってはいけないこと

筋肉が固まったことで手のしびれが出ている場合にやってはいけないことがありますので説明します。

5-1 首や肩周りのトレーニングや体操

首や肩周りの筋肉が固まったことで手のしびれが出ている場合、それらの筋肉を積極的に動かすことは良くありません。

ジムでトレーニングや体操など自体は良いことですが、手のしびれが出ている時は控える方が良いですね。

無理に動かしたり、過剰に動かしすぎるとしびれが増したり、いつまでもしびれが続いてしまうことになりかねませんから気をつけて下さい。

5-2 強引なマッサージやストレッチ

首や肩周りの筋肉が固まっていることで手にしびれが出ている場合、それらの筋肉を強引にマッサージやストレッチすることも良くありません。

マッサージやストレッチをするなら軽く、ちょっと物足りないかなというくらいがよいです。いわゆる腹八分ですね。

良いと思えることでも過剰になるとマイナスですから気をつけて下さいね。

5-3 腕立て伏せやその他の筋トレ

しびれの原因になりやすい筋肉として、腕の付け根の筋肉があるということを写真で紹介しました。

この腕の付け根に付いている筋肉が固まってしまった結果手にしびれが出ている時は、腕立て伏せやその他の筋トレは控えて下さい。

筋肉を使う結果、しびれが増したり続く結果になってしまいますから。

まとめ

  • 手のしびれの原因には神経の場合と筋肉の場合がある
  • 筋肉が原因で手のしびれが出ている場合はその原因となっている筋肉を緩めることが必要になる
  • 筋肉が原因で手のしびれがある時は筋肉を積極的に動かすことは控えた方が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。