梨状筋症候群で足が痛む時にブロック注射が効かないことがあるのはなぜ?

注射
Pocket

梨状筋症候群で足が痛む時に、ブロック注射を打ってもらったけれど効かない。

痛み止めを飲んでも足の痛みが変わらなかった。そのため、ブロック注射をしてもらったけれど、やっぱり足の痛みは変わらない。

こういう方多いですね。では、なぜブロック注射が効かないことがあるのか?その理由は、とても単純なことにあります。そして、ブロック注射が効かなかった場合はどうすれば良いかということも。

梨状筋症候群による足の痛みにブロック注射が効かない理由は何か?そして、その場合に考えられる別の対策は何か?について解説しています。

梨状筋症候群でブロック注射が効かなかった方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群による足の痛みにブロック注射が効かない理由

黒板

梨状筋症候群による足の痛みに、ブロック注射が効かない。その理由は、足の痛みの原因が神経圧迫ではなく、固まった筋肉にあるからです。

梨状筋というお尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫されている。そのため、足に痛みが出るとされています。ですが、実際にはそうではなく、梨状筋やその他の筋肉が痛みの発生源になっているのです。

ブロック注射は神経に対しての麻酔。ですが、痛みの発生源が神経ではなく筋肉にある。だから、ブロック注射をしても効かないということですね。

2 梨状筋症候群の原因は複数の筋肉にある

梨状筋症候群による足の痛み

梨状筋症候群による足の痛みは、梨状筋による神経圧迫とされることが多いです。ですがそうではなく、梨状筋やその他の筋肉が固まったことが原因の方が多いのが実際。

神経が原因の場合もありますがかなり少数です。一方、筋肉が原因で起こる痛みは多数あり、そういった症状は筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

神経圧迫が原因なら、痛みは常にあるはずです。しかし、歩くと痛むけれど、休めば少し治まってくる。そんな状態なら筋肉が原因と考えられます。

3 筋肉が原因の痛みにブロック注射はなぜ効かない?

疑問

梨状筋症候群による足の痛みが筋肉にあり、その痛みにブロック注射が効かないのはなぜか?

理由は単純で、ブロック注射に固まった筋肉を緩める作用がないからです。ブロック注射は麻酔ですから、神経の働きを一時的に抑えることはできます。

ですから、ブロック注射をして一時的に痛みが軽くなることはあるでしょう。しかし、根本的な筋肉の状態が変わらなければ、痛みも変わらないということになるのです。

4 足の痛みの原因は梨状筋だけが原因ではない

梨状筋症候群による足の痛みは、神経ではなく筋肉に原因があることが多いです。そして、梨状筋だけではなく、その他の筋肉も原因になっています。

梨状筋以外では、梨状筋以外のお尻や股関節周りの筋肉が原因になりやすいです。体の表面の筋肉もあれば、深い部分の筋肉もあります。それらが原因になりやすいということですね。

専門的な用語になりますが、中臀筋、小臀筋、股関節外旋筋、さらには腰の筋肉も足の痛みの原因になることがあるのです。

坐骨神経痛

腰や梨状筋を含むお尻の筋肉が原因になりやすい

坐骨神経痛による足のしびれ

股関節周りの筋肉も原因になりやすい

5 筋肉が原因の梨状筋症候群の痛みはどうすればいい?

梨状筋症候群

梨状筋症候群でお尻から足にかけて痛みがある。その原因が筋肉にあるならば、対策の1つとして筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

ブロック注射が効かない理由は解説しました。梨状筋症候群といっても筋肉が固まったことが原因なら、その原因の筋肉が緩む必要があります。トリガーポイント鍼療法はそのための施術です。

電気治療やマッサージといった刺激では、お尻の深い部分にある梨状筋には届きません。ですが、鍼なら梨状筋やその他の筋肉を直接刺激することが可能なのです。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群でお尻から足にかけて痛みのある方へ

梨状筋症候群の痛みに対して、ブロック注射が効かないとがっかりしたかもしれません。そして、ブロック注射がダメならどうしたら良いのかと不安な気持ちにもなったことでしょう。

ですが、今回解説してきたように、梨状筋症候群でブロック注射が効かなくてもがっかりしなくても大丈夫なのです。なぜなら、梨状筋やその他の筋肉が固まったことが原因なのですから。

複数の筋肉が固まってしまって痛みが出ていることは非常に多いです。そして、筋肉が原因の状態にもかかわらず、神経への治療のみがされてしまっていることも。

神経が原因なら、神経への治療をすれば良いです。ですが、筋肉が原因なら、筋肉の状態を良くすることが必要ですよね。梨状筋症候群と言われた場合でも、このことが当てはまります。

ブロック注射が効かなくても、筋肉そのものが原因の場合が多いのです。ですから、あきらめずに前向きに捉えてもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻から足の痛みにブロック注射が効かなかった方はこちら

まとめ

  • 梨状筋症候群による足の痛みに対してブロック注射が効かないのは、神経ではなく固まった筋肉に痛みの原因があるから
  • ブロック注射は麻酔なので、一時的に効果があるかもしれないが、そもそも筋肉を緩める作用はほとんどないので効果がないことが多い
  • 梨状筋症候群とされる場合でも、実際には梨状筋だけではなくその他のお尻や股関節周囲の筋肉が痛みの原因になっていることがほとんど

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。