梨状筋症候群の原因は?お尻や足の痛みの原因と知って欲しい7つのこと

7
Pocket

梨状筋症候群になると、お尻や足が痛くなります。この痛みの原因は何でしょうか?

神経痛のように強く痛むので、神経が原因と思う方は多いです。ですが、実際には神経が原因でお尻や足に痛みが出ている方はほとんどいません。

梨状筋症候群の痛みの原因が神経ではないとなると、当然ですが神経への治療などをしていても痛みは続いてします。

では、梨状筋症候群でお尻や足が痛くなる場合の原因は何か?そして、その原因に対してはどういった対策をすることが必要なのか?

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みの原因、そして、原因に対して必要なことについて解説しています。

気になる方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群の痛みの原因は神経ではありません

黒板

梨状筋症候群でお尻や足が痛む。こういう場合の原因は、神経のようなイメージがあるかもしれません。ですが、本当の痛みの原因は筋肉にあります。

梨状筋症候群は、梨状筋というお尻の筋肉により坐骨神経が圧迫されることで痛みが出るとされます。そうではなく、梨状筋やその他の筋肉が固まってしまい痛みを出しているというのが実際。

歩くと痛みが出て、休むと治まる。こういう痛みが出たり出なかったりというのは、神経が圧迫されているからではなく、筋肉を動かしているかどうかが原因だからなのです。

2 梨状筋症候群と言われた場合でも原因は複数の筋肉にある

梨状筋症候群でお尻や足が痛む原因は、神経圧迫ではなく複数の筋肉にあります。では、どの辺りの筋肉が原因でお尻や足が痛むのかを解説します。

写真をご覧ください。

足の痛みの原因になりやすい部分1

腰、お尻、足の筋肉が痛みの原因になりやすい

足の痛みの原因になりやすい部分2

股関節周りの筋肉も原因になりやすい

2枚の写真に複数のバツ印を付けています。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、お尻や足の痛みの原因になるのです。

例えば、お尻の筋肉が固まってしまうと、太ももやふくらはぎなどに痛みが出ることが多いです。こういった、お尻から足といった離れた部分への痛みを関連痛と言います。

3 筋肉が原因で痛みが出るのはこんな時

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みは、複数の筋肉が原因ということをお伝えしました。では、筋肉が原因の場合、どういう時に痛みが出やすいのか具体例を挙げてみます。

  • 歩き始めは良くても、歩き続けるとだんだんお尻や足が痛くなる
  • 長時間立ったままでいると痛みが出てくる
  • 座っているとイスに当たる部分や足が痛くなる
  • 朝起きた時が強烈に痛くて起き上がるのも大変
  • 午前中は良くても、午後からだんだ足が痛くなる

他にも考えられる状況はありますが、筋肉が原因で痛みが出るのは主にこのような場合です。

共通している特徴を挙げると、筋肉を使っている時に痛みが出るということ。つまり、固まって痛みの原因になっている筋肉を使うから痛みが出ているということですね。

梨状筋症候群で足が痛くて歩けない!考えられる原因や対策9つのポイント

4 筋肉以外に痛みの原因はないの?

ふくらはぎの激痛

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みの原因は、固まった筋肉にあることがほとんどです。ではそれ以外はないのか?というと、炎症による痛みが出ることもあります。

体の中で炎症が起きていて、それに伴う痛みが起きるということ。安静にしている時でもズキズキとうずく特徴があります。筋肉が原因の場合とは、この点が異なりますね。

分かりやすい例としては、夜寝ていて寝返りをしたわけでもないのに痛くて目が覚める。そんな痛みがあるなら炎症が原因と考えられます。

5 炎症が原因の痛みはどうすればいい?

痛み止め

梨状筋症候群による痛みの原因が、炎症にある場合にはどういうことをする必要があるのか?この場合は、炎症を抑えるための薬や湿布が良いということになります。

炎症による痛みとは、簡単にいうと熱による痛み。ですから、その熱を下げる必要があるということですね。だから、消炎鎮痛剤としての痛み止めや湿布が必要ということ。

病院で錠剤のロキソニンや貼り薬のロキソニンテープが処方されるのは、医師が炎症による痛みがあると判断したためなのです。

ただし、痛み止めや湿布は筋肉が原因の痛みに対しての効果は期待できないでしょう。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

6 筋肉が原因の痛みはどうすればいい?

梨状筋症候群による痛みが、筋肉に原因がある場合はどうすれば良いか?この場合は、固まった筋肉が原因なので、それらが緩む必要があるということですね。

そのために考えられる方法をいくつか挙げてみます。

6-1 ストレッチやマッサージ

腰のストレッチ

固まった筋肉が原因でお尻や足に痛みが出ている場合、ストレッチやマッサージで筋肉を緩めるという方法があります。

対象となる部分は主に、腰、お尻、股関節周りの3カ所。その部分に痛みを感じなくても、お尻や足の痛みの原因になっている場合は多々あります。

力任せに行うのではなく、心地よく感じる程度の強さで伸ばしたりマッサージしてみてください。お風呂上がりに行うのが良いですね。ただし、やり過ぎないよう注意してください。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

6-2 トリガーポイント鍼療法

梨状筋症候群

固まった筋肉が原因で、お尻や足に痛みが出る梨状筋症候群には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの原因になっている筋肉を鍼で施術する方法。ですから、梨状筋症候群による痛みが筋肉に原因がある場合なら施術をすることができます。

先ほどいくつか例を挙げましたが、歩くと痛い、立ったままや座ったままでいると痛むなら筋肉が原因。そんな場合はトリガーポイント鍼療法という施術もあるということですね。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

7 梨状筋症候群によるお尻や足の痛みでお悩みの方へ

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みは何が原因か?ということについて解説をしてきました。

梨状筋による神経圧迫ではなく、梨状筋やその他の筋肉そのものが原因ということは、意外に思った方も多いかもしれません。ですが、これは事実。

そもそも筋肉によって神経が圧迫されるのなら、梨状筋症候群になっていなくても、普段座っているだけで神経が筋肉に圧迫されて痛みが出なければおかしいです。

また、痛みが出たり出なかったりするのは、その度に神経が圧迫されたり開放されるからではありません。筋肉の状態によって状況が変わるのです。

固まって痛みの原因になっている筋肉に負荷がかかれば痛みが出て、その筋肉を休めれば痛みもだんだん治まってくる。これが実際。

痛み止めやブロック注射がダメだった方もいるかもしれません。その場合は、固まった筋肉が原因だったからということ。ですから、がっかりしなくても対策はあるということですね。

筋肉が原因で痛みが出るということ。そして、その場合に必要なことは筋肉が緩むことで、対策もちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みでお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群でお尻や足が痛む場合の原因は、梨状筋によって神経が圧迫されることではなく、梨状筋やその他の筋肉が固まったことに原因がある
  • お尻や足の痛みの原因になりやすいのは、腰、お尻、股関節周り、そして足の筋肉のことが多い
  • 筋肉以外に炎症が原因で痛みが出ることもあり、その場合には消炎鎮痛剤としての痛み止めや湿布が良い場合がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。