梨状筋症候群の激痛を何とかしたい!痛みの発生源とその対処法

ふくらはぎの痛み
Pocket

梨状筋症候群になり、お尻や足の激痛がつらい。

歩くとだんだん足が痛くなるし、座っていてもお尻が痛くなり立ち上がりたくなる。痛み止めは飲んでいるけれど、正直言ってあまり効いていない。

こういう痛み困りますよね。梨状筋症候群になると、このように日常生活で困ることが増えますし、薬を飲んでも治まらないということがよくあります。

なぜそうなるかというと、痛みの発生源が残っているからです。痛みの原因が残っている以上、痛みが続いてしまうのは当然と言えば当然。

では、梨状筋症候群で激痛が続く場合、痛みの発生源は何か?そして、どうすれば良いのか?などについて解説しています。

激痛を何とかしたい方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群の激痛は何が原因?

黒板

梨状筋症候群で、お尻や足に激痛がある。その場合に激痛の原因になっているのは、神経が圧迫されていることではなく筋肉に原因があります。

坐骨神経が梨状筋という筋肉に圧迫されるため、お尻や足に痛みが出るとされます。ですが、実際には神経ではなく、筋肉そのものが固まってしまい激痛の原因になっています。

固まった筋肉は激痛の原因になりますし、離れた部分の痛みの原因にもなります。歩くと痛くなり、休むと激痛が弱くなる。これは、原因の筋肉を使うと痛くなり、使わないと治まるということですね。

2 激痛の主な原因4ポイント

梨状筋症候群になり、激痛がお尻から足にかけてある。そんな場合、原因になりやすい4つのポイントがあります。

それぞれについて解説します。

2-1 梨状筋を含むお尻の筋肉

梨状筋症候群の激痛の原因になる筋肉1つ目は、梨状筋を含むお尻の筋肉です。

梨状筋症候群と言っても、梨状筋だけが原因の方はほとんどいません。梨状筋やその他お尻にある中臀筋、小臀筋、外旋筋群などが原因になっている方が多いです。

お尻の筋肉

お尻の筋肉が激痛の原因になる

2-2 腰の筋肉

梨状筋症候群の激痛の原因になる筋肉2つ目は腰の筋肉です。

お尻の筋肉が固まってしまうと、腰の筋肉も同時に固まってしまうことが多いです。そのため、腰の筋肉が原因でお尻や足に激痛が走ることも珍しくありません。

腰の筋肉

腰の筋肉が激痛の原因になる

2-3 股関節周りの筋肉

梨状筋症候群の激痛の原因になる筋肉3つ目は、股関節周りの筋肉です。

ここが原因になるというのは、ちょっと信じがたいかもしれません。ですが、股関節周囲の筋肉が固まってしまい、すねやふくらはぎに痛みが出ている方は非常に多いのです。

股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉が激痛の原因になる

2-4 足の筋肉

梨状筋症候群の激痛の原因になる筋肉4つ目は、足で痛みを感じている部分にある筋肉です。

腰やお尻から痛みが響いて足が痛むこともありますが、足で痛む部分そのものが痛みの発生源になっていることも多々あります。

足の痛み

足の筋肉が激痛の原因になる

激痛の原因になりやすい主なポイント4カ所を挙げてみました。

1カ所だけが原因で激痛が出ているという方は、ほとんどいないと言っても過言ではありません。ましてや、梨状筋という筋肉だけが悪くて激痛という方も同様です。

3 筋肉が原因の激痛に痛み止めは効かない

痛み止め

梨状筋症候群と言われてお尻や足に激痛がある場合、病院で痛み止めが処方されることが多いです。ですが、激痛の原因が筋肉にある場合、その効果は期待できないでしょう。

なぜなら、痛み止めが悪いわけではなく、そもそも痛み止めには固まった筋肉を緩める作用がありません。炎症を抑えるか、神経の興奮を抑える作用が主な効果なのです。

痛み止めを飲んで楽になったなら、それは炎症による痛みが治まった可能性が高いです。ですが、痛み止めの効果が全くない場合は、筋肉が原因の激痛と考えられますね。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

4 筋肉が原因の激痛にブロック注射は効かない

注射

梨状筋症候群による激痛の原因が固まった筋肉にある場合は、痛み止めと同様にブロック注射をしてもらっても痛みがほとんど変わらないことが多いです。

ブロック注射は神経に対しての麻酔。ですから、一時的に痛みを感じなくなることもあります。ですが、麻酔が切れればまた痛くなります。

ブロック注射を打ってもらったら、一時的に良かったがすぐに戻ってしまった。そして、またいつもの激痛。こんな場合も筋肉が原因と考えられるのです。

梨状筋症候群で足が痛む時にブロック注射が効かないことがあるのはなぜ?

5 筋肉が原因の激痛はどうすればいいの?

梨状筋症候群の激痛で、原因が筋肉にある。そんな場合は、痛み止めもブロック注射も効果が期待できないということを解説しました。

では、筋肉が原因ならどうすればいいのか?セルフケアと専門的な施術について解説を続けます。

5-1 筋肉をほぐす

腰のストレッチ

お尻や足の激痛が固まった筋肉にある場合は、その原因になっている筋肉をほぐすのが良いですね。方法としては、ストレッチやマッサージで構いません。

腰、お尻、股関節周囲、足といった原因なりやすい4カ所。これらの筋肉をほぐすようにしてみてください。ただし、やり過ぎると後から痛みがさらに増すことがありますから気をつけてくださいね。

梨状筋症候群にはどんなストレッチがいい?簡単にできる方法3選

5-2 トリガーポイント鍼療法

梨状筋症候群

お尻や足の激痛の原因が、固まった筋肉にある。そんな場合、専門的な施術として、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、お尻や足の激痛の発生源になっている筋肉に対して鍼をする方法。そのため、筋肉が原因で痛みが出ている場合なら、施術をすることが可能なのです。

梨状筋症候群と言われた場合でも、歩くと痛い、立っていても座っていても痛くなるようなら筋肉が原因。ですから、そんな場合は施術が可能ということですね。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群でお尻や足に激痛がする方へ

梨状筋症候群の激痛は、神経圧迫が原因ではなく固まった筋肉が本当の原因だった。このことが分かってしまえば、痛み止めやブロック注射が効かないのも納得できるのではないでしょうか。

お尻から足にかけて、締め付けられるように痛む。まさに神経痛のような痛みだとは思います。だからと言って、原因まで神経ということではありません。

筋肉が固まってしまった場合でも、神経痛のような強烈な痛みが出ます。そして、体を動かした時、つまり筋肉を動かしている時に痛みが出るという特徴があるのです。

痛みの原因は、何でもかんでも神経にあるということではありません。むしろ神経が原因で痛みが出ていることは少ないです。それよりも、筋肉が痛みの発生源にになっていることのほうが多数。

筋肉が原因ということは、筋肉が壊れてしまったということではありません。単に縮んで固まっているだけ。激痛はつらいと思います。ですが、原因はシンプル。

そして、固まった筋肉が原因の激痛には、対策もちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻や足の激痛でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群でお尻や足に激痛がある場合、その原因となっている痛みの発生源は神経ではなく固まった筋肉にあることが大半
  • 激痛の原因になりやすい筋肉は、お尻、腰、股関節周り、痛みを感じている足の部分といった主に4カ所にあることが多い
  • 固まった筋肉が原因の梨状筋症候群の激痛には、いわゆる痛み止めやブロック注射のこうかが期待できないことが多い。なぜなら、薬や注射には筋肉を緩める作用がないから

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。