梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

痛み止め
Pocket

梨状筋症候群でお尻や足が痛い。そんな時に痛み止めを飲んだけれど効かない。

こういう方、結構多いですよね。ですが、痛み止めなのに、なぜ飲んでも効かないのでしょうか?

病院で処方された痛み止めを、用法・用量を守って真面目に飲んでいる。それでも効かないという場合は、ちゃんとした理由があります。それは、痛み止めが良いとか悪いではありません。

では、梨状筋症候群で痛み止めを飲んでも効かない理由は何か?そして、痛み止めが効かない場合、肝心のお尻や足の痛みはどうすればいいのか?これらについて解説しています。

痛み止めが効かないという方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群で痛み止めが効かない理由

黒板

梨状筋症候群で足が痛む時に、痛み止めを飲んでも効かない。その理由は、痛みの原因に対して痛み止めの作用がそもそもないからです。

梨状筋症候群で足が痛む場合の原因は、ほとんどの場合で固まった筋肉にあります。ですが、痛み止めは、炎症を抑えることや神経の興奮を抑えることが主な作用。

そのため、痛み止めが良い・悪いではなく、そもそも痛み止めに筋肉を緩める作用がないのです。だから、痛み止めを飲んでも効かないということですね。

2 こんな時に痛むなら痛み止めが必要

ふくらはぎの激痛

先ほど、筋肉が原因の梨状筋症候群には、痛み止めが効かないということを解説しました。ですが、原因が炎症にある場合は痛み止めが必要です。

痛みの原因は1つではありません。筋肉のこともあれば炎症のこともあります。そして、その両方のことも。炎症が原因で痛みが出ている場合は、消炎鎮痛剤としての痛み止めが必要ですね。

夜中に痛みで目が覚めるとか、安静時にズキズキうずく。そんな痛みは炎症が原因と考えられます。病院でロキソニンが処方されることがあるのは、炎症が原因と判断された場合ということなのです。

3 筋肉が原因の痛みの特徴

足が痛い

梨状筋症候群による足の痛みが、固まった筋肉が原因で起きている場合には特徴があります。いくつか例を挙げますので、ご自身の症状と比べてみてください。

  • 歩き始めは良いが、途中からだんだん痛くなる
  • 歩くと痛みが強くなり、少し休むと治まりまた歩ける
  • 立ち仕事で、立ったままが続くと痛くなる
  • デスクワークで長時間座ったままだと痛くなるので途中で立ちたくなる
  • お風呂上がりは少し楽なことがある
  • 朝起きた時が強烈に痛む

他にも考えられますが、上記のような場合に痛みが出るなら、筋肉が固まったことで足に痛みが出る梨状筋症候群と考えられます。

4 筋肉が原因の場合に気をつけて欲しいこと

注意点

梨状筋症候群による痛みの原因が固まった筋肉にある。そんな場合に、気をつけて欲しいことがいくつかありますので解説します。

4-1 必要以上に動かない

梨状筋症候群による痛みの原因が筋肉にある場合、必要以上に動かないようにすることが大切です。

筋肉が原因ということは、筋肉がケガをしているのと同じこと。ですから、動けば動くほど痛みが出たり、長引いたりしてしまいます。

優先順位を付けて、必要な時に必要なだけ動くよう心がけてみてください。

4-2 鍛えると治るは違う

梨状筋症候群による痛みの原因が筋肉にある場合、筋トレやスポーツで鍛えることも控えてください。

先ほどと同じですが、筋肉が原因ということは筋肉がケガをしているのと同じことです。ケガをしている時に筋トレやスポーツで回復が早まることはないですよね。

筋トレやスポーツは良いことです。ですが、痛みがある時は控えてくださいね。

4-3 筋肉に過度な刺激を与えない

梨状筋症候群になった場合、動くことや筋トレなどが良くない。それなら、マッサージやストレッチで筋肉をほぐすなら良いだろうと思うかもしれません。

確かに、動き過ぎたり鍛えることよりは良いですね。ですが、過度な刺激にならないよう気をつけてください。つまり、力任せにマッサージやストレッチをしてはいけないということ。

過度な刺激は、その時は気持ちいいかもしれません。ですが、後から痛みが増すことも考えられます。適度な刺激で取り組むようにしてくださいね。

5 痛み止めが効かなくて筋肉が原因ならどうすればいい?

梨状筋症候群

梨状筋症候群でお尻や足が痛い。その時に痛み止めを飲んでも効かないのは、筋肉に原因があるということを解説しました。では、筋肉が原因ならどうすればいいのか?

そんな時には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。梨状筋を含め、その他にお尻や足の痛みの原因となっている筋肉を直接施術します。

炎症が原因なら痛み止めが良いです。ですが、固まった筋肉が原因なら、それらを緩めることを目的とした対策が良いということですね。

梨状筋症候群にトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群で痛み止めが効かなかった方へ

梨状筋症候群の痛みに対して、痛み止めをちゃんと飲んだのに全く効かない。こうなると、がっかりしたり、不安になるかもしれません。

ですが、今回解説したように、痛み止めが効かない場合には、効かない理由があるということはお分かりいただけたのではないでしょうか。

痛み止めが良いとか悪いではなく、痛み止めには種類があり、それぞれ作用も異なります。また、体の痛みの原因も1つではありません。複数の要素があるということ。

そのため、痛み止めが効かない場合でも、多くの場合は原因が別にあると考えられます。そして、原因が異なれば必要な対策も当然違ってきます。

梨状筋症候群で痛み止めが効かないのは、そもそも神経や炎症が原因ではなかったということです。そして、筋肉に原因がある場合が多いということですね。

筋肉が原因なら、必要なことは筋肉が緩むこと。そのための方法の1つが、トリガーポイント鍼療法なのです。

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みには、こういう方法もあるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群によるお尻や足の痛みに痛み止めが効かなかった方はこちら

まとめ

  • 梨状筋症候群によるお尻や足の痛みに対して、痛み止めを飲んでも効かないのは、原因が神経や炎症ではなく固まった筋肉にあるから
  • 痛み止めには炎症や神経の興奮を抑える作用はあるが、固まった筋肉を緩める作用はないので筋肉が原因の痛みには効果がないことが多い
  • 固まった筋肉が原因の梨状筋症候群による痛みには、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。