梨状筋症候群の痛みやしびれが治らない3つの理由と具体的な対応方法

3
Pocket

梨状筋症候群によるお尻の痛みや足のしびれが治らない。

痛み止めを飲んだり、リハビリにも通ってみた。なかなか症状が治まらないので、病院でブロック注射をしてもらったけれど変わらない。

痛みやしびれが続くので、他の病院を受診したところ「歩きなさい」と言われた。そこで、痛みを我慢して歩いたら、翌日から症状が悪化してしまった。

こういう方、多いですよね。このように、梨状筋症候群の痛みやしびれが治らない場合には、考えられる理由がちゃんとあるのです。

その理由は何か?そして、なかなか治らない痛みやしびれにはどういう対策があるのか?などについて解説をしています。

梨状筋症候群が治らない方は続きをどうぞ。

1 梨状筋症候群が治らない3つの理由

黒板

梨状筋症候群になり、お尻の痛みや足のしびれといった症状が治らない。この理由は、非常に単純です。

  1. 症状の原因が残っている
  2. 原因への対処法が間違っている
  3. 原因への刺激が不十分

ほとんどの場合は、この3つが理由です。これだけではよく分からないと思いますので、もう少し詳しく解説をしていきます。

2 症状の原因が残っているとはどういうことか?

臀部の痛み

梨状筋症候群になると、臀部の痛みや足のしびれなどの症状が出ます。この痛みやしびれの原因ですが、神経にあるのではなく実は筋肉にあることが多いのです。

症状の原因は、梨状筋というお尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫されることで痛みやしびれが出るとされています。ですがそうではなく、筋肉が固まったことで痛みが出ているということ。

つまり、神経が原因という前提で治療が行われることが多いですが、そもそもの原因が神経ではなく筋肉あるので原因が残っている。だから、いつまでも治らないということなのです。

3 原因への対処法が間違っているということについて

梨状筋症候群の痛みやしびれは、神経が圧迫されることではなく、固まった筋肉が原因ということを解説しました。

そして、原因が固まった筋肉の場合、必要なことはその筋肉が緩むことです。ですが、間違った対処法が取られていることが多いのでそのことについて解説を続けます。

3-1 痛み止めで筋肉は緩まない

飲み薬

梨状筋症候群の痛みやしびれの原因が、固まった筋肉にある場合には痛み止めを飲んでも症状は治りません。

その理由は簡単。痛み止めの作用には、筋肉を緩めるということがないからです。痛み止めの作用は種類によりますが、消炎鎮痛剤や神経が原因の痛みを抑えること。

梨状筋症候群でも炎症による痛みが出ることはあります。ですから、炎症が原因なら消炎鎮痛剤が有効なことはありますが、筋肉が原因の場合には効かないということですね。

梨状筋症候群でお尻や足が痛い!痛み止めが効かない原因と症状の対策

3-2 ブロック注射で筋肉は緩まない

注射

梨状筋症候群の痛みやしびれの原因が、固まった筋肉にある場合はブロック注射をしてもらって治らないことが多いでしょう。

ブロック注射は神経への麻酔です。そのため、一時的に痛みやしびれを感じなくなることはあると思います。ですが、麻酔が切れればまた症状は出てきます。

つまり、ブロック注射にも固まった筋肉を緩める作用はほとんどないということ。そのため、一時的にピタッと痛みやしびれが治まることがあっても、根本的に治ったということではないのです。

梨状筋症候群で足が痛む時にブロック注射が効かないことがあるのはなぜ?

4 原因への刺激が不十分ということについて

マッサージ

梨状筋症候群の痛みやしびれの原因が、固まった筋肉にある場合はマッサージや電気治療では十分に筋肉が緩まないことが多いです。

梨状筋は、体の奥にある筋肉です。さらに、筋肉が痛みやしびれの原因になっている場合、筋肉が骨に付着する部分が特に悪くなりがち。簡単に言うと、かなり奥の方が原因になるということ。

そんな場合に、マッサージや電気治療では、筋肉を緩めるための刺激が十分に届かないことが多いです。そのため、いつまでも症状が続いて治らないということになってしまうのです。

※筋肉を緩めるためにマッサージや電気治療が間違っているということではなく、刺激が足りない場合があるということですのでご了承ください。

5 固まった筋肉が原因の梨状筋症候群はどうすればいい?

梨状筋症候群

固まった筋肉が梨状筋症候群の原因。その場合は、痛み止めやブロック注射はそもそもダメ。マッサージや電気治療も不十分。そんな場合でも、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。鍼なので、梨状筋のような体の奥にある筋肉でも、十分に必要な刺激を届けることが可能です。

痛み止めやブロック注射では治らなかった。マッサージや電気治療でもどうもイマイチ。そんな場合は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があるということですね。

梨状筋症候群の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする理由と具体例の解説7項目

6 梨状筋症候群の痛みやしびれが治らない方へ

梨状筋症候群の痛みやしびれが治らない。そんな場合に考えられる理由、そしてどういう対策をすればいいのかなどについて解説をしてきました。

真面目に薬を飲んだり、リハビリを受けている。でも治らない。そんな場合、痛みやしびれがつらいのはもちろんのこと、原因すら分からないのは不安でしかありませんよね。

こういう場合に多いのが筋肉です。筋肉が原因というと、筋肉痛を思い浮かべる方は多いと思います。そのため、強烈な痛みやしびれの原因に筋肉が関係しているとは思えないのです。

ですが、実際に筋肉が原因で痛みも出ますししびれも出ます。そして、筋肉が原因ということが分かってしまえば、あとはその原因になっている筋肉への対策をするだけ。

ブロック注射がダメな場合でも、手術が必要ということは少ないです。そうではなく、単に筋肉が固まって痛みやしびれが出ているなら、その筋肉が緩めば良いだけなのです。

薬も注射も、リハビリも続けても治らない。そんな梨状筋症候群でも、原因は筋肉にあることが多く、対策もちゃんとあるということを知ってもらえればと思います。

梨状筋症候群の痛みやしびれが治らずお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 梨状筋症候群の痛みやしびれが治らない場合、考えられる理由は3つあり、原因が残っている、原因への対処法が間違っている、原因への刺激が不十分ということが考えられる
  • 固まった筋肉が原因でも痛みやしびれは出ることがある。そしてこの場合の痛みには、痛み止めやブロック注射をしても効かないことが多い
  • 筋肉が原因でも痛みやしびれは出る。この場合、薬や注射がダメだからといって手術が必要ということではなく、筋肉を緩めるための対策をすれば良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。