坐骨神経痛で座るとイスに当たる部分が痛む時に必要な7つのポイント

イス
Pocket

坐骨神経痛になり座ると痛い。

お尻のイスに当たる部分や、太ももの裏からふくらはぎにかけて痛みが出るので長く座っていられない。一度立上がると少し痛みは治まるけれど座ると結局同じこと。

こういう状況は困りますよね。特にデスクワークで座っている時間が長い方だと、何度も立つことはできないし、仕事にも集中できなくなってしまいますよね。

こんな、坐骨神経痛で座ると痛む場合の原因は、多くの方が思うよりも違う部分にあります。そして、その場合はどうすれば良いかということも。

坐骨神経痛で座ると痛みが出てお困りなら続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で座ると痛いのはなぜ?

黒板

坐骨神経痛になり、座るとお尻から足にかけて痛みが出る。こういう場合の原因は、神経ではなく固まってしまった筋肉にあることが多いです。

例えば椎間板ヘルニアで神経圧迫の状態になっていても、神経ではなく固まった筋肉が原因というのは珍しくありません。そういった筋肉が原因の痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれます。

座っていると痛いけれど、立上がると痛みも治まってくる。そんな状態なら、神経ではなく筋肉が原因ですね。神経が原因なら、常に痛くなければおかしいのですから。

2 座ると痛む場合の原因になる筋肉

坐骨神経痛で座ると痛む場合、神経ではなく筋肉が原因のことが多いということをお伝えしました。では、どの筋肉が原因になりやすいのかを続けて解説します。

写真をご覧ください。

座ると痛む場合の原因

腰とお尻にバツ印をつけています。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分に痛みが出やすくなります。

具体的に言うと、太ももの付け根周囲で座った時にイスに接する部分や、太ももの裏からふくらはぎなどにかけて神経痛のような痛みが出るという状態ですね。

3 こんな所も座ると痛む場合の原因になる

股関節が原因で座ると痛む

先ほど、腰やお尻の筋肉が固まると、座ると痛む原因になると解説しました。実はもう1カ所あります。それは、股関節周りの筋肉です。

ちょっと意外に思うかもしれませんね。場所が離れているので、本当かな?と思う方も多いでしょう。ですが、股関節周囲の筋肉が固まった場合も、お尻や足に痛みが出ます。

長時間座っていて、股関節周りが痛くなると足も痛くなる。または、股関節を深く曲げると詰まる感じがして痛い。そんな状況なら、股関節周りの筋肉も原因になっていると考えられます。

4 太ももの筋肉は原因にならないのか?

考える

座ると坐骨神経痛の痛みが足に出る場合、腰やお尻、股関節周りの筋肉が原因になると解説しました。では、太ももの筋肉は原因にならないのかな?と思った方もいるかもしれません。

座って太ももの裏が痛くなる。こういう場合、太ももの筋肉自体も固まってしまい痛みの原因になっていることは多くあります。

ですが、主な原因ではありません。主な原因は腰やお尻、股関節周り。そして、太ももの筋肉は原因の一部にはなりますが、痛みを感じているだけのことが多いです。

5 痛みがある時に楽な座り方はある?

ふくらはぎ

坐骨神経痛で座ると痛みが出る場合、どういう座り方をすれば良いのか?何か良い座り方はないのかな?こう思う方は多いと思います。

ただ、必ずこうすれば良いという座り方はありません。ですから、楽に感じる座り方で良いです。無理に姿勢を正したりする必要はありません。

クッションを挟むと楽ならそれで良いですし、イスの上に正座が楽ならそれでも構いません。痛みが出にくく、楽に感じるならOKということですね。

6 坐骨神経痛で座ると痛むならこの施術

痛い

坐骨神経痛になり、座るとお尻やイスに当たる部分、太ももやふくらはぎなどが痛む。その原因が筋肉にあるなら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉で、痛みの発生源になっている部分を鍼で施術します。そのため、坐骨神経痛で座ると痛い場合でも、筋肉が原因なら施術が可能です。

施術をする部分は、先ほども解説した腰、お尻、股関節周りなどですね。そして、必要があれば、太ももの裏やふくらはぎといった部分にも施術をします。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で座るとイスに当たる部分や足が痛くなる方へ

坐骨神経痛になり、座っているとイスに当たる部分がだんだん痛くなる。こういう状況は困りますよね。デスクワークの方や、運転が多い方なら特に。

こういった坐骨神経痛の痛みは、筋肉が原因のことが多いです。そのため、病院で処方される痛み止めが効かないことが多いです。さらにはブロック注射も。

そして、筋肉が原因ということを知らない方がまだまだ多いため、薬も注射も効かないと思ってしまっている方は多いです。

また、筋肉が原因の場合には、運動や筋トレは控えるべきなのですが、薬や注射がダメだから鍛えようと思ってしまう方も同じく多いというのが現状。

今回解説してきた、筋肉が原因で痛みが出るというのは信じがたいことかもしれません。ですが、実際に神経や骨ではなく筋肉が原因の方は非常に多いです。

ですから、痛み止めや注射が効かない場合でも、筋肉が原因ということは十分考えられますからあきらめずにいて欲しいと思います。

早まって手術をしてしまう前に、筋肉が原因なのかもしれないということも一度考えてみてくださいね。

坐骨神経痛で座るとイスに当たる部分や足が痛くなるならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で座るとイスに当たる部分や足が痛くなる場合、原因の多くは神経ではなく固まった筋肉にある
  • 腰、お尻、股関節周りの筋肉が痛みの原因になることが多く、座って太ももの裏が痛む場合でも太ももは主要な原因ではないことが多い
  • 坐骨神経痛で座ると痛みが出る場合、必ずこうすれば良いという座り方はなく、座っても最も楽に感じる座り方で構わない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。