坐骨神経痛でブロック注射が効かない理由と対策がわかる7項目

注射
Pocket

坐骨神経痛になり、ブロック注射を受けたけれどまったく効かない。

お尻から太もものやや外側、ふくらはぎやふくらはぎの横から足首にかけて強烈に痛む。そのため、ほんのちょっとしか歩けない。

そんな状況で、ブロック注射を受ければ少しは治まるかと思ったけれど、注射が痛いだけでまったく効かなかった。

こういう方は結構多いですね。このように、坐骨神経痛にブロック注射が効かない場合にはちゃんと理由があります。

では、その理由は何か?そして、ブロック注射が効かない坐骨神経痛の痛みはどうすれば良いのか?

気になる方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛にブロック注射が効かない理由

黒板

坐骨神経痛に対してブロック注射をしても効かない理由は、痛みやしびれの原因が神経だけではないからです。これではよく分かりませんよね。

どういうことか詳しく解説します。

1-1 坐骨神経痛の原因は神経だけではない

坐骨神経痛の原因は、神経だけではありません。では他に何があるのかというと、固まった筋肉が原因でも坐骨神経痛の痛みやしびれは出ます。

そのため、神経だけが原因という前提で投薬やブロック注射を行っても、効かないことがあるというわけですね。

1-2 筋肉が原因でも痛みやしびれは出る

坐骨神経痛の痛みやしびれは、筋肉が固まってしまった場合でも出ます。痛みとしてはまさに神経痛のような痛み。そして、ビリビリ・ジンジンといったしびれも。

こういった、固まった筋肉が原因の痛みやしびれのことを筋膜性疼痛症候群と言います。

筋肉が原因の場合に必要なことは、固まって原因になっている筋肉が緩むこと。そのため、神経に対するブロック注射では効かない場合があるということですね。

2 なぜ、筋肉が原因の痛みにブロック注射が効かないのか?

坐骨神経痛の痛みやしびれの原因が筋肉にある。そして、その場合はブロック注射が効かない。このことについて、もう少し詳しく解説しますね。

まずこちらの写真をご覧ください。

坐骨神経痛

バツ印の部分の筋肉が原因で足に痛みが出る

坐骨神経痛で原因になりやすい筋肉の部分と、痛みやしびれが出やすい部分です。お尻のバツ印が原因になりやすい部分で、足の赤い部分が痛みやしびれの出やすい部分の一例。

筋肉が原因で痛みが出る場合、バツ印の部分にある筋肉そのものが固まって足に痛みが出ます。この状況に対して、ブロック注射は背骨から出ている神経や神経の近くに麻酔薬等を注入します。

お尻の筋肉そのものが痛みの原因なのに、背骨から出ている神経やその周囲に注射をする。だから、ブロック注射が効かない場合があるということですね。

3 ここの筋肉も坐骨神経痛の原因になる

先ほど、坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉としてお尻を挙げました。坐骨神経痛の原因になる筋肉は、お尻以外にもありますので解説します。

まずは、3枚の写真を挙げますのでご覧ください。

腰の筋肉

腰の筋肉

股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉

足の筋肉

足の筋肉

腰、お尻、股関節周りのそれぞれの写真にバツ印をつけています。バツ印の部分が原因になりやすい筋肉。そして、赤い印が痛みやしびれの出やすい部分。

腰、お尻、股関節周りにはいろいろ筋肉があります。そして、それらが固まってしまうと坐骨神経痛の痛みやしびれが足にでやすいということですね。

当然ですが、こういった部分の筋肉が原因の痛みにもブロック注射は効かないことが多いです。

4 ブロック注射が効かないと手術?

手術

坐骨神経痛でブロック注射が効かない場合、手術になるのかというとそんなことはありません。

先ほどから解説してきているように、固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合はブロック注射の効果は期待できないのです。

そして、固まった筋肉に痛みやしびれの原因がある場合に必要なことは、固まった筋肉が緩んで元の状態に戻ることであり、手術で神経を治療することではありません。

5 ブロック注射をする意味はあるのか?

考える女性

坐骨神経痛の痛みやしびれの原因が筋肉にあるなら、神経に対してのブロック注射はする意味がないのでは?と思うかもしれません。

ですが、ブロック注射自体無意味ということはありません。神経が原因の痛みもありますし、麻酔をすることで痛みが一時的に緩和することもあります。

また、炎症が起きている場合は、ブロック注射をする時に消炎鎮痛の目的でステロイドを注射することもあります。

ですから、筋肉が原因の場合ならブロック注射が効かないことは多いですが、ブロック注射がまったく無意味ということはありません。

6 坐骨神経痛でブロック注射が効かないならこの方法

痛い

坐骨神経痛でブロック注射が効かず、その場合の痛みやしびれの原因が固まった筋肉にある場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法です。そのため、坐骨神経痛でも固まった筋肉が原因なら施術が可能。

ブロック注射が効かなくても、筋肉が原因ならトリガーポイント鍼療法という施術があるということですね。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 ブロック注射が効かなかった方へ

坐骨神経痛の痛みやしびれが、ブロック注射でも治まらない。こうなると、いろいろと不安になりますよね。

注射以外に方法はあるのか?手術になったらどうしよう?もしかしたら、自分の症状はかなり重症なのか?などなど。

心配になる気持ちはよく分かります。ですが、ほとんどの坐骨神経痛の原因は神経ではなく筋肉。そのため、ブロック注射が効かないこともある。これが事実なのです。

神経痛のような痛みがあり、坐骨神経痛と言われた場合でも、筋肉が原因で痛みが出ていることの方が多いのです。

ですから、ブロック注射が効かなくても焦らず、慌てず、心配せずでいてください。そして、トリガーポイント鍼療法という施術があることを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛でブロック注射が効かなくてお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛の痛みやしびれにブロック注射が効かない理由は、痛みやしびれの原因が神経ではなく固まった筋肉にあるから
  • 筋肉そのものから痛みやしびれが出ている状態に対して、背骨から出ている神経やその近くに注射をしても効かないことがあるのは当然
  • ブロック注射は炎症が起きている場合や、本当に神経が原因の場合なら意味がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。