坐骨神経痛にウォーキングは効果があるのか?悪化の原因か?を解説

ウォーキング
Pocket

坐骨神経痛にウォーキングは効果があるのか?それとも悪化の原因になるのか?

坐骨神経痛で足に痛みやしびれがある方で、良くなるために何かしたいと思っているなら気になることではないでしょうか?

今回は、坐骨神経痛の方がウォーキングをすることは良いことなのか?それともしてはいけないことなのか?そしてその理由は何か?について解説します。

坐骨神経痛でウォーキングをしようか迷っている方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛にウォーキングは効果ある?悪化の原因?

黒板

坐骨神経痛になった時に、ウォーキングは効果があるのか?それとも悪化の原因になるのか?これは、その時の状態によるというのが正解。

健康な状態であれば、ウォーキング自体は悪いことではありません。ですが、坐骨神経痛の痛みやしびれが強い時、弱い時などでウォーキングの影響も変わります。

痛みやしびれが強い時にウォーキングは当然悪化の原因になりますし、かなり良くなっているなら再発予防という意味では効果があります。

2 なぜ、効果的な場合と悪化の原因になる場合があるのか?

考える女性

坐骨神経痛でウォーキングをすることが、効果的な場合と悪化の原因になる場合がある。なぜ、そうなるのかというと、坐骨神経痛の原因を知れば分かります。

坐骨神経痛の痛みやしびれは、神経ではなく固まった筋肉にあることがほとんど。つまり、筋肉が固まった状態が強ければ痛むし、緩んでいれば痛みも弱くなるということ。

筋肉が固まった状態でウォーキングをすれば痛みも強く出ますし、筋肉が緩んでいる状態でのウォーキングなら痛みもほとんど出ないので運動になるということですね。

3 坐骨神経痛でウォーキングをして良い時

ウォーキング

坐骨神経痛でウォーキングをしても良い時は、坐骨神経痛による足の痛みやしびれがかなり良くなってからです。

こういう場合にウォーキングをすると、筋肉を動かすことで筋肉にとって良い運動になります。そのため、再発予防にもつながりますね。

歩いても、立っていても、座っていてもあまり痛くならない。そんな状態になったら、少しずつウォーキングを始めても良いでしょう。

4 坐骨神経痛でウォーキングをしてはいけない時

歩く

坐骨神経痛でウォーキングをしてはいけない時は、痛みやしびれが強い時や、痛みやしびれが良くなりかけた時です。

痛みやしびれが強い時はもちろんのこと、良くなりかけた時にウォーキングをすると悪化につながる可能性が高いでしょう。

早く良くなりたいとの思いからウォーキングでもと考えるのは分かります。ですが、良くなりかけている段階でウォーキングをするのはまだ早いということですね。

5 ウォーキングで坐骨神経痛が悪化したらどうすればいい?

足の痛み

坐骨神経痛の方が、ウォーキングをして痛みやしびれが悪化した場合はどうすれば良いのか?いくつか考えられる状況について解説します。

5-1 かなり悪化したなら病院へ

坐骨神経痛の痛みやしびれが、ウォーキングでかなり悪化して強烈に痛む場合は病院を受診してください。

受診したその日に、完全に良くなるということはあまりないと思います。ですが、状態に合わせて何らかの処置をしてもらえます。

じっと痛みを我慢しているより、何らかの対策をしたほうが良いですから近隣で構わないので受診してみてください。

5-2 安静にしても強く痛むなら冷やす

坐骨神経痛の痛みやしびれが、ウォーキングをしたことで強くなり安静時でも強く痛んだりしびれる。こういう場合は冷やしてください。

痛みやしびれの原因は、神経だけではありません。炎症が原因で起こることもあります。安静時でもズキーン、ズキーンと体の中から痛むようなら炎症の可能性が大。

冷湿布や、冷却シートのようなもので冷やせばOKです。氷を使うのも良いですが、その場合は短時間にしてください。

5-3 痛みが少し強くなった程度ならストレッチ

ウォーキングをした後に、足の痛みがいつもより少し強くなった。普通に歩くことはできるけれど少し気になる。このくらいなら、ストレッチを試してみてください。

ウォーキングをしたことで、筋肉が疲労して痛みやしびれが少し増した可能性があります。ですから、筋肉の疲れを和らげる目的でストレッチをしてみる。

腰やお尻、太ももなどを”軽く”ストレッチすれば十分です。強くやり過ぎたり、長時間ストレッチするとその刺激で後から痛みが増すこともありますから気をつけてください。

6 坐骨神経痛でウォーキングができないならこんな方法もある

痛い

坐骨神経痛が大分良くなり、ウォーキングをしたい。でも、歩くとまだ少し痛みが出るし、悪化してしまったら不安。そんな方には、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

坐骨神経痛の原因は、固まった筋肉にあることが多いということはすでに解説しました。トリガーポイント鍼療法は、固まった筋肉を施術する鍼の方法。

ですから、坐骨神経痛の痛みやしびれの原因が固まった筋肉にある場合には、施術をすることが可能と言えます。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛でウォーキングについて迷っている方へ

坐骨神経痛で、ウォーキングをした方が良いのかどうか迷っている。こういう方は多いですね。

ウォーキング自体は良い運動だと思います。ですが、痛みやしびれが強い状態の時はやはり良くありません。自分でできることを何かしたいという気持ちは分かります。

ですが、ウォーキングをしたら、すぐ良くなるわけではないということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

痛みやしびれが強い時は、必要以上に動かない、医師から薬を処方されているなら服用する。そういうことが、第一優先ですね。

そして、大分良くなってきた。今後、再発しないように運動でもしてみよう。そういう段階になったら、ウォーキングを始めてみるのが良いですよ。

ただし、決して無理をし過ぎないようにしてくださいね。

坐骨神経痛の痛みやしびれで歩けない方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛でウォーキングをするのは、痛みやしびれがかなり良くなっているなら効果的だがそうでなければ悪化の原因になる
  • 坐骨神経痛の多くは、神経ではなく固まった筋肉に原因があることが多いので、筋肉の状態が悪いときにウォーキングをすると悪化する
  • 坐骨神経痛の痛みやしびれがウォーキングで悪化した場合は、病院を受診したり、冷やすことなどが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。