坐骨神経痛で痛くて前屈ができない場合の原因や対策6ポイント

腰
Pocket

坐骨神経痛になり、足が痛いので前屈ができない。

前屈しようとすると、太ももの裏や、ふくらはぎに痛みがはしったり、強く突っ張るのでできたとしてもほんの少しだけ。

坐骨神経痛で、このように前屈できなくなってしまうのはなぜでしょうか?神経や背骨、骨盤などに問題があるのか、またはそれ以外が原因なのか。

いろいろと考えられる原因はありますが、実は前屈できない場合、見落とされている原因があります。そして、その場合の対策もちゃんとあります。

坐骨神経痛で前屈ができない場合の原因は何か?そして、どうすれば良いのかについて解説しています。

前屈ができなくてお困りなら続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で前屈ができない場合の原因

黒板

坐骨神経痛で前屈ができない場合の原因は、腰やお尻、太ももの裏などの筋肉が固まったためというのが多いです。神経や背骨、骨盤が直接の原因ということはほとんどありません。

腰やお尻、太ももの筋肉が固まってしまっている。そのため、前屈という動作をする時にそれらの筋肉が十分に伸びないからできないということですね。

途中までは前屈ができても、深くできない、痛くてできないというのは、固まった筋肉が邪魔をしているということなのです。

2 前屈ができない場合の原因になりやすい筋肉

坐骨神経痛で、痛くて前屈ができないとか、前屈すると痛みが出る。そんな場合、どの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

2-1 腰の筋肉

腰の筋肉

坐骨神経痛で、前屈ができない原因になりやすい筋肉1つ目は腰の筋肉です。

腰の筋肉が固まると、深く前屈できなくなります。また、腰の筋肉が原因でお尻や足に痛みが出ることも非常に多くあります。

前屈して腰に痛みを感じるようなら、腰の筋肉が固まっていると考えられますね。

2-2 お尻の筋肉

お尻の筋肉

坐骨神経痛で、前屈ができなくなる原因になりやすい筋肉の2つ目はお尻です。

お尻の筋肉も固まってしまうと、前屈を妨げる要因になります。また、お尻の筋肉が原因で足に痛みやしびれが出ることも腰と同様多いです。

前屈するとお尻が痛くて、座っているとお尻の当たる部分が痛い。そういう状況なら、お尻の筋肉が固まっている可能性が高いと言えますね。

2-3 太ももの筋肉

太ももの筋肉

坐骨神経痛で、前屈ができなくなる原因になりやすい筋肉の3つ目は太ももです。

太ももの裏側から、ひざやふくらはぎの辺りにかけての筋肉が固まると、前屈した時にこの辺りが突っ張って深くできないことがあります。

坐骨神経痛の痛みが、普段から太ももの裏にもある。そんな状態なら、太ももの裏の筋肉も前屈を妨げる要因になっていると言えますね。

3 筋肉が原因ならストレッチをすればいい?

ストレッチ

坐骨神経痛で、筋肉が固まったことが原因により前屈ができない。そんな場合なら、ストレッチをすれば良いのではと思う方は多いと思います。

ストレッチ自体は悪いことではありません。ですが、坐骨神経痛で前屈ができないくらい痛みがある時は注意が必要。どういうことか解説しますね。

3-1 やり過ぎは悪化につながる

坐骨神経痛で前屈ができない時に、ストレッチをやり過ぎると悪化につながる可能性があります。

固まってしまい、伸ばすと痛みの原因になっている筋肉ですから、ストレッチとは言え刺激が過剰だと後から痛みが出ることも当然考えられます。

適度な加減で、少し物足りないくらいがちょうど良いですね。

3-2 ストレッチをするなら痛みの軽い時に

坐骨神経痛になっている時にストレッチをするなら、足の痛みやしびれなどが比較的軽い時に行うのが良いですね。

筋肉が原因で痛みが出ていることも多いです。ですから、痛みが比較的軽い時というのは筋肉の状態も比較的良い時と言えます。

お風呂上がりは痛みが楽というようなら、ストレッチをするのもお風呂上がりにするのが良いでしょう。

4 前屈できない場合に痛み止めはどうなのか?

薬

坐骨神経痛になり、前屈しようとすると痛い。または、痛みのため前屈ができない。こんな場合に、痛み止めはどうなのか?と思う方もいるかもしれません。

痛み止めといっても、どんな原因の痛みにも効くわけではありません。通常の痛み止めは、炎症や神経が原因の痛みに対して有効。ですが、筋肉が原因の場合は効果は低いでしょう。

痛み止めが良い悪いではなく、筋肉を緩める効果がほとんどないということです。ですから、仮に痛み止めを飲んで前屈ができなくても、がっかりする必要はないということですね。

痛み止めを飲んでも効かない坐骨神経痛による足の痛みの原因と対処法

5 前屈ができない時にはこういう施術もある

痛い

坐骨神経痛で前屈できない原因が、神経や背骨ではなく固まった筋肉にある。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する鍼の方法です。そのため、前屈できない原因や足の痛みやしびれが、筋肉によるものなら施術をすることが可能です。

痛み止めや注射などがダメだった場合には、こういう施術もあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

6 坐骨神経痛で前屈ができない方へ

坐骨神経痛は、名前からして神経が原因と思われがち。また、背骨の間隔が狭くなり神経が圧迫されることで痛みが出るとされることも多いです。

ですが、筋肉が原因でも痛みやしびれは出ます。さらに、痛みやしびれが出るくらい筋肉が固まってしまったなら、前屈という単純な動作ができないこともあって当然なのです。

このように筋肉が原因の場合でも、神経に対しての治療しかされないことが多いのが坐骨神経痛。そのため、前屈ができない状態も続いてしまうわけですね。

薬や注射が必要な時もあります。ですが、筋肉が原因なら、筋肉への対策が必要ということ。

薬を飲んだり注射もしてもらったけれど、坐骨神経痛の痛みやしびれが良くならない。そして、前屈もできない。そんな時でも、筋肉が原因の場合は多々あるということですね。

坐骨神経痛で前屈ができないなどの状態でお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で前屈ができない原因は、神経や背骨、骨盤ではなく筋肉が固まってしまったことにある
  • 腰、お尻、太ももの裏の筋肉が固まってしまうと、柔軟性がないため前屈ができない
  • 固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ることも多く、前屈で足が痛むのは筋肉に原因がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。