坐骨神経痛で立ち仕事がつらい!長時間立てない原因や対策7ポイント

坐骨神経痛
Pocket

坐骨神経痛になり、足が痛くなるので立ち仕事がつらい。

最初は良いけれど、だんだん太ももの裏からひざの裏、ふくらはぎにかけて痛くなる。ひどい時はくるぶしやつま先辺りまで痛みが出ることも。そのため、長時間立てない。

途中で少し動いたり、しゃがんだりすると一瞬楽にはなるけれど、その後は結局また同じことのくり返し。

こういう状況困りますよね。では、坐骨神経痛で、立ち仕事ができないくらい足が痛くなる原因は何でしょうか?そして、どうすれば立っていられるようになるのでしょうか?

坐骨神経痛で立ち仕事がつらい、そんな方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛による足の痛みが立ち仕事で増す原因は?

黒板

坐骨神経痛による足の痛みが、立ち仕事をしていると強くなってくる原因は筋肉にあります。神経と思われがちですが、立っていて痛むなら筋肉が原因。

立っている時には、その立つという姿勢を維持するための筋肉があります。その筋肉がガチガチにかたまってしまうと、坐骨神経痛特有の痛みの原因になります。

立っているとだんだん足が痛くなり、少し動いたり、軽くしゃがむと痛みが少し和らぐ。そういう状況なら、神経ではなく筋肉が原因と考えられますね。

2 立ち仕事で痛みが増す原因になる筋肉

立ち仕事で足の痛みが増す原因は、筋肉にあるということをお伝えしました。では、どこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

坐骨神経痛

腰、お尻、股関節周り、足にバツ印をつけています。このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、太ももの裏やふくらはぎなどの痛みの原因になります。

立っているだけでも、こういった部分の筋肉を使っています。そのため、これらの筋肉の状態が良くないと、立ち仕事の時間に比例して痛みも増すということですね。

3 少し動いたり、しゃがむと楽になるのはなぜ?

疑問

立ち仕事をしていて、坐骨神経痛による足の痛みが強くなってきた。そんな時に、少し動いたり、しゃがんだりすると少し楽になるのは筋肉の緊張が一瞬ゆるむからです。

立ち仕事で長時間立っていると、当然筋肉はだんだん緊張して疲労してきます。その時に、少し動いたり、しゃがんだりすると筋肉の緊張がやや緩む。だから、痛みが少し治まるということ。

足が痛くなってきた時に、歩いたり、屈伸をする、イスに座るなどで楽になるのはこういうことが理由ですね。

4 立ち仕事で足が痛くなる時に気をつけて欲しいこと

注意点

坐骨神経痛のため、立ち仕事をしているとだんだん足が痛くなってくる。そんな場合の注意点をいくつか挙げてみます。

4-1 楽になる場合でも無理に歩かない

坐骨神経痛のため、立ち仕事でだんだん足が痛くなる。そんな時、歩くと痛みが少し軽くなる場合があります。でも、決して無理に歩かないでください。

歩いて楽になるのは、固まった筋肉が少し緩むためです。そのため、痛みも少し弱くなる場合があるということ。

歩くと楽になるのなら、早起きしてウォーキングすれば良くなると考える方は多いです。ですが、これは痛みが長引く可能性があるので厳禁。

坐骨神経痛にウォーキングは効果があるのか?悪化の原因か?を解説

4-2 痛む足に体重がかかり過ぎないようにする

坐骨神経痛の痛みが立ち仕事で強くなってくる時は、可能な範囲で構わないので痛む足に体重がかかり過ぎないよう気をつけてください。

左右の足に、完全に均等な割合で体重が乗っている方はいません。つまり、どちらかに体重がかかり気味になるということ。体重がかかり過ぎると痛みが増します。

気がついた時で良いので、痛む足に荷重しているようなら力を抜くようにしてみてください。

4-3 痛みを我慢し続けると長引くことも

立ち仕事をしていると、坐骨神経痛がだんだん強くなるようなら仕事を少し休んだり、立ち仕事以外に変わることも必要です。

仕事なので簡単に休んだり、仕事内容を変えるのは難しいとは思います。ですが、痛みを我慢して立ち仕事を続けると、結局いつまでも坐骨神経痛が続く結果にもなりかねません。

休めるなら休む。代わってもらえるなら代わってもらう。我慢し過ぎないことも大切です。

5 坐骨神経痛は痛み止めで治まる?

薬

坐骨神経痛のため、立ち仕事をしていると足が痛くなってくる場合、痛み止めはどうかというと効く場合と効かない場合があります。

坐骨神経痛の痛みは、炎症や筋肉によることが多く神経の場合は少ないです。それに対して、痛み止めは炎症や神経に対しての薬。

そのため、炎症が原因で痛むなら効くことが多いですが、筋肉が原因の場合には痛み止めを飲んでもダメな場合が多いでしょう。

痛み止めを飲んでも効かない坐骨神経痛による足の痛みの原因と対処法

6 坐骨神経痛で立ち仕事がつらいならこんな方法も

痛い

坐骨神経痛で足が痛くなるので立ち仕事がつらい。そんな足の痛みの原因が、固まった筋肉にある場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

炎症が原因なら消炎鎮痛剤が必要。しかし、固まった筋肉が原因の痛みには痛み止めが効かないことが多いです。筋肉が原因なら、筋肉を施術するのが良いということですね。

立ち仕事で、最初は良いけれどだんだん痛くなってくる。座ったり、ちょっと屈伸をすると一時的に治まる。そんな状態なら筋肉が原因なので、トリガーポイント鍼療法で施術が可能です。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で立ち仕事がつらい方へ

坐骨神経痛のため、立ち仕事をしていると太ももやふくらはぎが痛くなる。その原因が、神経ではなく筋肉にあるというのは意外に思った方も多いかもしれません。

筋肉が原因で痛みが出ている方は非常に多いです。ですが、原因が筋肉ということを知らないがために、症状には良くない対処をしている方が多いのも事実。

ウォーキングがその代表ですが、筋肉が原因の時は絶対に避けて欲しい運動です。筋肉が原因ということは筋肉がケガをしているということ。

ケガをしている時に運動はしませんよね。坐骨神経痛もこれと同じ。薬が良い場合もありますが、筋肉への対応が必要なこともあるのです。

坐骨神経痛で立ち仕事ができない原因が、固まってしまった筋肉の場合は多くあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛で立ち仕事をしていると足が痛くなってくる方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛による足の痛みが、立ち仕事で強くなる場合の原因は神経ではなく固まった筋肉にあることが多い
  • 固まった筋肉が原因で立ち仕事で足が痛くなる場合、少し歩いたり、屈伸をするといった動作で痛みが少し弱くなることがある
  • 動いたら楽になる状態でも、動き過ぎると結局いつまでも長引いてしまう可能性が高いので注意が必要

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。