坐骨神経痛で「すね」が痛い!痛みの原因と大切なポイントを簡単解説

すねの痛み
Pocket

坐骨神経痛になりすねが痛い。

長く歩くと徐々に突っ張るようにすねが痛くなったり、立ったままでいると重だるくなってきてしまう。また、ピリピリとしびれるような痛みが出ることもある。

こういうすねの痛み嫌ですよね。こういった坐骨神経痛に伴うすねの痛みは、神経が原因と思われることが多いです。ですが、実際には他に原因があることが多数。

坐骨神経痛に伴って、すねが痛む場合の原因は何なのか?そして、神経が原因ではないなら、どういった治療や対策が必要なのか?について解説しています。

坐骨神経痛ですねが痛む方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛ですねが痛む時の原因は?

黒板

坐骨神経痛ですねが痛む時の原因は、神経圧迫や神経が骨に触れているということではなく、筋肉が固まってしまったことにあります。

すねの痛みは神経痛のような痛みかと思います。ですが、筋肉が固まってしまった場合でも、そういったいわゆる神経痛のような痛みの原因になるのです。

安静にしている時はあまり痛くないけれど、歩いたり、長時間立ったままの状態が続くと痛くなる。そんな状態なら、神経ではなく筋肉が原因ですね。

2 すねの痛みはここが原因になりやすい

坐骨神経痛に伴うすねの痛みは、筋肉が固まったことに原因がある場合が多いです。では、どこの筋肉が原因になりやすいかというと主に2か所あります。

  1. 股関節周りの筋肉
  2. すねの筋肉

写真をご覧ください。

坐骨神経痛の原因になる筋肉2

股関節周りと、すねにバツ印を付けています。ここにある筋肉が固まってしまうと、坐骨神経痛特有の痛みの原因になります。

すねが痛むのだから、すねの筋肉が原因というのは分かる。でも、股関節の筋肉はちょっと離れ過ぎなのではないだろうか?こう思う方は多いかもしれませんね。

ですが、筋肉が固まった場合、離れた部分にも痛みを出すという特徴があります。こういった痛みを関連痛と言い、股関節周りだけではなく臀部の筋肉が原因になることもあるのです。

※股関節周りやすねの筋肉以外も痛みの原因になることはあります。

3 坐骨神経痛だから神経が原因では?

考える女性

坐骨神経痛ですねが痛むのだから、原因は神経ではなくやっぱり神経なのでは?と思う方は多いでしょう。では、なぜ神経ではないと言えるのかについて解説します。

3-1 神経圧迫なら常に痛みがなければおかしい

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに伴う症状のことです。そして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、神経が圧迫されて痛みやしびれが出るとされる病気。

ですが、たとえ神経圧迫の状態になっていても、圧迫されているというだけの方は多いです。つまり、神経が圧迫されてはいるけれど、痛みの原因になっているわけではないということ。

神経圧迫が原因なら、常にすねが痛くなければおかしいです。ですが、痛い時もあれば、痛くない時もあるなら神経ではなく筋肉が原因です。

3-2 神経が原因ならもっと重度な症状が出る

すねの痛みが神経に原因があるならば、痛み以外にももっと重度な症状が出なければおかしいです。

例えば、椎間板ヘルニアに伴い麻痺や膀胱直腸障害という症状が出ることがあります。すねは痛いけれど、こういった症状がないなら神経が原因とは言えません。

4 すねの痛みに痛み止めは効く?

薬

坐骨神経痛ですねに痛みがある時に、病院で処方してもらった痛み止めを飲んでいるという方は多いのではないでしょうか?そして、飲んでいるけれども痛いままという方も。

痛み止めが効くのは、炎症が原因の痛みと神経が原因の痛みです。そのため、股関節周りやすねの筋肉などが固まったことによる痛みに薬は効かないことが多いです。

ロキソニンは炎症に対しての薬。リリカは神経に対しての薬。どちらも間違った薬ではありませんが、筋肉を緩めるという作用がないため効果があまりないのです。

痛み止めを飲んでも効かない坐骨神経痛による足の痛みの原因と対処法

5 すねの痛みに湿布は効く?

湿布

坐骨神経痛ですねの痛みがある場合に、湿布を患部に貼れば良いのではないか?と思う方は多いのではないでしょうか。そして、実際に貼ってみたという方も。

湿布はどういう効果があるかというと、炎症による痛みを抑えることです。そのため、すねの痛みが炎症による場合なら湿布は有効。ですが、そうでなければ効果は期待できません。

炎症の痛みは、寝ている時に出ることが多いです。夜寝ていてすねの痛みで目が覚めるなら炎症が原因。そういうことがなければ、筋肉に原因があるということですね。

6 坐骨神経痛ですねが痛む時にやってはいけないこと

歩く

坐骨神経痛ですねが痛む時に、やってはいけないことがいろいろとあります。その中でも代表的なのがウォーキング。これはお勧めできません。

痛みを我慢してでも運動しないと、筋力が落ちそうで心配。だからウォーキングと考える方は多いです。ですが、これは症状を長引かせたり悪化の原因になりがちです。

筋肉が固まったことが原因なのに、ウォーキングでさらに筋肉を使うといつまでも筋肉が固まったままになるためです。だから、ウォーキングはしないで欲しいのです。

坐骨神経痛にウォーキングは効果があるのか?悪化の原因か?を解説

7 筋肉が原因ですねが痛む場合はどうすればいい?

痛い

坐骨神経痛になりすねが痛む。そして、その原因が神経圧迫や炎症ではなく固まった筋肉にあるなら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉に鍼の治療をする方法。ですから、痛み止めの薬や湿布などがダメな場合でも、痛みの発生源となっている筋肉を直接施術するという方法があるのです。

歩くとすねが痛い、立ったままでいると徐々にすねが強く張ってくる。そんな場合なら、筋肉が原因なのでトリガーポイント鍼療法での施術が可能です。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

8 坐骨神経痛ですねが痛む方へ

坐骨神経痛ですねが痛む場合に、神経が原因ではなく筋肉が原因というのは意外に思った方も多いのではないでしょうか。

そして、股関節周りの筋肉という、すねから離れた部分の筋肉が原因で痛みが出るということも。ですが、こういったことはすべて事実なのです。

筋肉が原因ということが分かれば、痛み止めが効かなくても、湿布が効かなくても少し安心ではないでしょうか。何も効果がないと、不安ばかりになってしまいますものね。

坐骨神経痛と名前が付いていても、たとえ神経圧迫の状態にMRIの結果が出たとしても、筋肉が原因で痛みが出ることはあるのです。

坐骨神経痛の痛みの原因や、そして、筋肉が原因の場合に対するトリガーポイント鍼療法という施術。こういった事実もあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛ですねが痛くてお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛ですねが痛む場合の原因は、神経圧迫や神経が骨に触れているということではなく固まった筋肉にあることがほとんど
  • 股関節周りやすねの筋肉が固まってしまうことで、坐骨神経痛特有の締め付けられるような痛みの原因になる
  • すねの痛みの原因が筋肉にある場合は、痛み止めや湿布は効かないことが多く、またウォーキングで痛みが長引いたり悪化することもある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。