坐骨神経痛で痛みが移動するのはなぜ?理由がわかる7つのポイント

なぜ?
Pocket

坐骨神経痛の痛みが移動することってありませんか?

最初は太ももが痛かったのに、別の日にはふくらはぎが痛くなる。そして、また別の日には脛や足の甲が痛くなったりする。

このように、坐骨神経痛による痛みの場所が変わるのは珍しいことではありません。そして、その理由もとてもシンプルではっきりしています。

痛む場所が変わると不安ですよね。ですが、そのことに関しては問題ありません。そして、対策もちゃんとありますので大丈夫ですよ。

坐骨神経痛になった時に、足の痛む場所が移動する理由は何か?そして、その場合にはどうすれば良いのかについて解説しています。

坐骨神経痛で痛みが移動して気になる方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛の痛みが移動する理由

黒板

坐骨神経痛の痛みが移動する理由は、痛みの原因になっている部分が複数あり、それぞれが別の場所に痛みを出しているからということ。

坐骨神経痛の原因は、神経のみと思われがち。ですが、筋肉が原因で痛みが出ている場合が非常に多いのです。つまり、複数の筋肉が痛みの原因になっていて、それぞれが別の場所に痛みを出しているということ。

例えば、腰の筋肉が太ももの痛みの原因になっていて、お尻の筋肉がふくらはぎの痛みの原因になっているということですね。

2 痛みが移動するのはこういうこと

坐骨神経痛

坐骨神経痛の痛みが移動するのは、痛みの原因が複数あることが理由で、痛みが移動すること自体は問題ないということをお伝えしました。

このことをもう少し正確にお伝えしますね。

2-1 移動ではなくもともと悪い部分だった

坐骨神経痛の痛みが移動するというのは、より正確に言うと、移動したのではなくもともと悪かった部分の痛みを感じるようになったということなのです。

坐骨神経痛の痛みの原因になっている部分が3カ所あるとします。その3カ所が太もも、ふくらはぎ、脛とそれぞれ別に痛みを出しているとします。

この原因となっている3カ所のうち太ももの原因が良くなった場合、太ももの痛みが治まる代わりにふくらはぎが痛くなるということがあるんですね。

1カ所良くなった部分があるため、もともと悪かったけれど痛みを感じていなかった部分の痛みを感じるようになったということ。これが坐骨神経痛の痛みが移動するということなのです。

2-2 筋肉が原因だからこそ移動する

坐骨神経痛の痛みは、神経ではなく筋肉に原因があることが多いです。そして、複数の筋肉が痛みの原因となり、それぞれ別の場所に痛みを出していることがあります。

この場合、どこかの筋肉が良くなると、それに伴い一部痛みが治まります。そして、別の場所に痛みを感じるようになる。

このように、移動するのは神経が原因ではなく、筋肉が原因の証拠とも言えるのです。

3 坐骨神経痛の痛みが移動するのは大丈夫なの?

坐骨神経痛の痛みは移動しても大丈夫

坐骨神経痛の痛みが移動すると、大丈夫なのかなと気になるかもしれません。ですが、大丈夫ですから。全く問題ありません。

むしろそういうものだと思ってもらって構いません。痛みが移動するように感じること自体は全く珍しいことではありませんし、移動したからと言ってそれが異常というわけでもありませんから。

痛みの原因が複数あるため、日によって痛む場所が違うとか、どこかが良くなったため別の場所が痛くなったということですね。

4 坐骨神経痛の痛みの原因になりやすい4つのポイント

坐骨神経痛の原因は、筋肉にあることが多いということをお伝えしました。では、どこの筋肉が主に原因になりやすいのかについてお伝えしていきます。

4-1 腰の筋肉

腰の筋肉

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉の1つ目は腰の筋肉です。

写真にバツ印を付けています。このバツ印の部分が固まってしまうと痛みの原因になりやすいです。

主な傾向としては、腰の筋肉が硬くなるとお尻や太ももの裏側の痛みになりやすいです。

4-2 お尻の筋肉

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉の2つ目はお尻の筋肉です。

お尻の筋肉が固まってしまうと、太ももの裏、ふくらはぎ、くるぶしまで痛みが出ることが主にあります。

4-3 股関節周りの筋肉

股関節周りの筋肉

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉の3つ目は股関節周りの筋肉です。

そんなところが?と思うかもしれませんが、ここの筋肉が固まっている人は結構多いです。そして、傾向としては、すねや足の甲の痛みの原因になりやすいです。

4-4 足の筋肉

足の筋肉

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉4つ目は足の筋肉です。

ふくらはぎの外側や、すねに痛みを感じることが多いと思います。この場合、股関節周りだけではなく、痛みを感じる部分の筋肉そのものが原因になることがあります。

5 坐骨神経痛の痛みが移動する時に気をつけて欲しいこと

NO

坐骨神経痛で痛みが移動する。その理由は、痛みの原因が複数の筋肉にあるからだということを解説しました。

このように、筋肉が原因で痛みが出ている場合に気をつけて欲しいことがありますので解説を続けます。

5-1 くしゃみ

くしゃみと坐骨神経痛にどういう関係があるの?って思うかもしれませんがとても気をつけて欲しいことなのです。

なぜなら、くしゃみの勢いで筋肉も動かされるのでズキーン!と腰から足にかけて痛みがはしってしまうのです。そして、痛みが悪化してしまうことも。

難しいとは思いますが、くしゃみが出そうになったらちょっと身構えたり、どこかにつかまると少しでもくしゃみの衝撃を緩和することができます。

5-2 痛みを我慢してでも動く

坐骨神経痛になると、動いている時の方が楽ということがあります。そのため、動けば良くなるのでは?と考えて、運動を始める方は多いです。ですが、これは絶対にダメです。

痛みがあるというのは、実際に目に見えないことであっても怪我をしている状態と同じです。怪我をしている時に無理してウォーキングをしたり筋トレをしたりしませんよね。

動くことで少し楽になるのは、固まった筋肉が若干緩むからです。ですが、これは一時的なことであって治るということではありません。

5-3 マッサージやストレッチをやり過ぎる

坐骨神経痛になった時に、マッサージやストレッチなら良いのでは?ましてや筋肉が原因なら間違いなく良いはずだと思う方も多いです。

筋肉が原因の場合、マッサージやストレッチは良いことです。ですが、長時間自分で揉んだりマッサージ器を使うとか、ストレッチも念入りにやり過ぎるとやはりこれは逆効果です。

優しく丁寧に行い、そして時間はちょっと物足りない位が良いです。いわゆる腹八分で行うようにしてください。

坐骨神経痛になったら要注意!やってはいけない8つのことと対策

6 筋肉が原因の坐骨神経痛はどうすればいいの?

腰痛

坐骨神経痛の痛みが移動するのは、複数の筋肉がそれぞれ別の場所に痛みを出していることが理由。こういった筋肉が原因の痛みには、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの原因になっている筋肉に対して、鍼の施術をするという方法です。ですから、坐骨神経痛でも筋肉が原因なら施術が可能ということですね。

主な施術部分は、腰、お尻、股関節周り、足などになります。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛の痛みが移動して気になっている方へ

坐骨神経痛になり、足の痛みが移動するので気になっている。こういう方は多いですね。確かに、痛む場所が変わると、大丈夫かな?と不安になるかもしれませんね。

ですが、今回解説してきたように、坐骨神経痛による痛みの原因は筋肉にある場合が多数。そして、複数の筋肉がいろいろな場所に痛みを出しているということは多いのです。

そのため、痛みが移動することは珍しいことではないですし、特に異常ということでももちろんありません。むしろ一般的なことと思ってもらって大丈夫。

筋肉が固まってしまうと痛みの原因になり、そして、複数の筋肉が原因になるといろいろな部分が痛みます。こういった痛みには、薬や注射が効かないことが多いです。

そのため、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術が対策の1つとしてあるのです。痛みが移動する理由や、その場合の対策について参考になればと思います。

坐骨神経痛の痛みが移動して気になる方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛の痛みが移動するのは、痛みを出す原因が筋肉にあり、複数の筋肉がそれぞれ別の場所に痛みを出しているから
  • 坐骨神経痛の痛みの原因は神経と思われがちだが、実際には筋肉が固まったことで痛みが出ていることが多い
  • 腰、お尻、股関節周り、足の筋肉が主に坐骨神経痛の痛みの原因になりやすく、筋肉が原因の場合は筋肉に負荷をかけることは良くない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。