坐骨神経痛になり股関節の痛みがある時の原因と対処法7つのポイント

7
LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛になり、股関節の痛みがある。

また、股関節が痛むだけではなく、詰まるような感じもする。さらに、歩くとだんだん足にも痛みが出てきてしまう。長時間座っていてもこれは同じ。

こういった、坐骨神経痛に伴う股関節の痛みはなぜ起こるのでしょうか?坐骨神経痛だから神経が原因なのか、または骨盤や背骨のゆがみが原因なのか?気になりますよね。

実は、坐骨神経痛に伴う股関節の痛みは珍しいことではありません。そして、股関節の痛みや足の痛みに対しての対処法もあります。

坐骨神経痛で股関節の痛みがある方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で股関節が痛むのはなぜ?

黒板

坐骨神経痛になり股関節が痛む。この場合の原因は何かというと、神経が圧迫されているとか、骨盤や背骨のゆがみではありません。そうではなく、筋肉が固まっていることが原因。

筋肉は固まってしまうと痛みの原因になります。そして、この場合は、股関節の筋肉が固まってしまったため、坐骨神経痛の痛みが足に出ているというのが正解。

歩いたり、長時間立ったまま、座ったままでいると股関節が痛くなる。そして、脛や足の甲、親指に痛みが出てくる。そんな状態なら、股関節周りの筋肉が原因です。

2 神経が圧迫されるから股関節が痛むのでは?

考える女性

坐骨神経痛が出る代表的な病気に、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症があります。どちらも、神経が圧迫されるために痛みやしびれが出るとされています。

ですが、たとえこういった病気になり、実際に神経が圧迫されていても、必ず神経が原因ということではありません。神経圧迫になっているだけの方も多いのが実際。

神経に原因がある方もいますがかなり少数。股関節の痛みがあったりなかったりする。それなら筋肉が原因です。なぜなら、神経圧迫が原因なら常に痛くなければおかしいのですから。

3 背骨や骨盤がゆがむから股関節が痛むのでは?

腰

坐骨神経痛で股関節が痛むのは、背骨や骨盤がゆがんだ結果だからではと思う方もいるでしょう。ですが、これもよく考えればちょっと違うということが分かります。

股関節が痛む方で、実際に背骨や骨盤がゆがんでいる方はいると思います。ですが、背骨や骨盤は勝手にゆがみませんよね。筋肉に引っ張られた結果としてゆがむこともあるでしょう。

つまり、股関節周りの筋肉が固まった結果、背骨や骨盤にも影響が出たということ。そして、股関節周囲の筋肉が原因で、坐骨神経痛が出ているということですね。

4 股関節を押したくなるなら筋肉が原因

股関節

股関節周りを押したくなるなら筋肉が原因

坐骨神経痛に伴い股関節が痛むのは、股関節の筋肉が原因ということをお伝えしてきました。実際、写真のように股関節を押さえたくなることがあるなら筋肉が原因。

これは、立ったままや座ったままでいることで、筋肉が固まってくるため押さえて緩めたくなるからです。

さらに、股関節周りの筋肉を押さえた時に、足に響いて痛みが強くなるようなら、股関節周りの筋肉が原因の坐骨神経痛ということになります。

5 股関節周りの筋肉が原因だとこういう傾向がある

股関節周りの筋肉が坐骨神経痛の原因になっている場合、傾向としてですが、脛や脛の外側、足の甲に痛みが出やすくなります。

写真をご覧ください。

股関節周りの筋肉

股関節周りにバツ印をつけています。そして、ひざから下に赤い印。バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印をつけた部分に痛みが出やすくなります。

一般的に多く見られる傾向なので、すべての方に当てはまるわけではありません。ですが、股関節周りが原因で、足に痛みが出る方はかなり多いというのが事実。

ひざから下に痛みが出るといっても、日によって楽になったり強くなったりするなら、股関節周りの筋肉が原因です。

6 筋肉が原因で股関節が痛む場合はどうすればいいの?

痛い

坐骨神経痛で股関節が痛む原因が、神経ではなく固まった筋肉にある。その場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

トリガーポイント鍼療法は、一般的な鍼治療とは異なり筋肉を直接刺激する施術の方法。ですから、筋肉が原因で股関節、さらには足に痛みが出ているなら施術が可能です。

歩いたり、立ったまま座ったままが続くと股関節が痛くなる。そんな状態なら、トリガーポイント鍼療法という施術があることも覚えていただければと思います。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で股関節が痛む方へ

坐骨神経痛があり、さらに股関節も痛む。そんな場合、神経や背骨、骨盤が原因と思う方は多いです。また、股関節が変形しているのではと考える方も。

ですが、実際に神経や背骨、骨盤、さらには股関節の変形が原因の方はほとんどいません。そうではなく筋肉が原因の方の方が圧倒的に多数。

筋肉が原因でも、神経痛のような強い痛みが出ることはいくらでもあります。ですから、筋肉が原因ということは特別おかしいというわけではありません。特別重症ということでもないです。

むしろ、筋肉が原因ということは、神経や骨、関節は正常ということですよね。さらに言うと、筋肉が原因の場合は筋肉が固まっているだけ。壊れたわけではないのです。

坐骨神経痛に伴う股関節の痛みの原因が筋肉にある。ちょっと信じられないかもしれませんが事実は事実。筋肉が原因で強い痛みが出ることは多いということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛で股関節の痛みもある方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛に伴い股関節に痛みがある場合、その原因は神経ではなく股関節周りの筋肉が固まってしまったことにある
  • 神経が原因なら常に股関節が痛むはずだし、背骨や骨盤のゆがみも、筋肉に引っ張られた結果。そのため、神経や背骨、骨盤ではなく筋肉が原因ということになる
  • 股関節周りを押したくなるとか、押すとひざから下の脛や足の甲などに痛みが響くなら股関節周りの筋肉が原因と言える

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。