坐骨神経痛になるとどうなるの?よくある症状と症状別に必要なこと

ホワイトボード
LINEで送る
Pocket

坐骨神経痛になると、足の痛みを始めその他さまざまな症状が出るようになります。

例えば、痛み以外にも足がビリビリするしびれ。または、坐骨神経痛の程度にもよりますが、痛みやしびれよりもっとひどい症状が出ることもあります。

では、具体的に坐骨神経痛になると、足の痛みやしびれ以外にどういった症状が出るのか?そして、その場合はどうすればいいのか?

坐骨神経痛で見られる代表的な症状と、それぞれに必要なことについて解説しています。

坐骨神経痛が気になる方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛とはどういう状態のことを言うのか?

黒板

坐骨神経痛とは、臀部から足にかけて走行している坐骨神経に沿って痛みやしびれが出ることを言います。

椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症などの疾患になった場合に、神経が圧迫されることで痛みやしびれその他の症状が出ます。

神経が圧迫されるということ以外にも、坐骨神経痛の痛みが出る原因として、炎症や筋肉が固まってしった場合などがあります。

坐骨神経痛の原因になる疾患と痛みについて知って欲しい7ポイント

2 坐骨神経痛で痛みやしびれなどの症状が出やすい部分

坐骨神経痛になった場合、どういった部分に痛みやしびれが出やすいのか?主に症状の出やすい部分について解説します。

2-1 太ももの裏が痛む

太ももの痛み

坐骨神経痛で痛みが出やすい部分の1つ目は太ももの裏です。正確には太ももの裏側で少し外側寄り。この辺りに強烈な痛みが出ることは多いです。

前屈みになったり、立上がる時、歩く時、座ったままでいる時など。いろいろな状況で痛みが出ることが多いですね。

坐骨神経痛で太ももが痛い!原因と具体的な対処法がわかる7ポイント

2-2 ふくらはぎ、ふくらはぎの外側が痛む

ふくらはぎの激痛

坐骨神経痛で痛みが出やすい部分の2つめはふくらはぎ・ふくらはぎの外側です。くるぶしの少し上辺りが痛む方が多いです。

ここに強烈な痛みが出ると、歩くのが非常につらくなります。痛みが強い場合、足を引きずってしまうこともあります。

坐骨神経痛によるふくらはぎの激痛がある方に知って欲しい8項目

2-3 お尻が痛む

お尻

坐骨神経痛で痛みが出やすい部分の3つ目はお尻です。立っていたり、歩いていると痛くなる。また、運転中や仕事で座っている時にだんだんイスに当たる部分が痛くなる。

少し休んだり、立上がってしばらくすると痛みが治まる傾向があります。

坐骨神経痛でお尻が痛む時に考えられる3つの原因とそれぞれの対処法

2-4 股関節周りが痛む

股関節の痛み1

坐骨神経痛で痛みが出やすい部分の4つ目は股関節です。坐骨神経痛で股関節の周囲が痛いというのは、ちょっと意外に思うかもしれません。ですが、珍しいことではないのです。

長時間座ったままでいるとだんだん股関節周りが痛くなり、それに伴って足も痛くなってくるということは多いですね。

坐骨神経痛になり股関節の痛みがある時の原因と対処法7つのポイント

2-5 すねが痛む

すねの痛み

坐骨神経痛で痛みが出やすい部分の5つ目はすねです。すねから足首、足の親指にかけて痛みやさらにはしびれが出ることが多いです。

立っている時、歩いている時にだんだんすねが痛くなり、それに伴って親指がしびれるという方が多いですね。

坐骨神経痛で「すね」が痛い!痛みの原因と大切なポイントを簡単解説

3 坐骨神経痛で痛みやしびれ以外に見られる症状

つま先

坐骨神経痛には、痛みやしびれ以外に見られる症状がいくつかあります。このことについて解説します。

3-1 筋力低下

坐骨神経痛で、痛みやしびれ以外に見られる症状の1つが筋力低下。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に伴い見られることがあります。

症状の程度としては、重い方になります。ただ、神経圧迫が原因の場合と、筋肉に原因がある場合の2つが考えられます。

どちらが原因か?というのは、その時の全体の症状や程度で判断する必要があります。

坐骨神経痛による筋力低下について6つの基礎知識と2つの対策

3-2 感覚異常

坐骨神経痛で、痛みやしびれ以外に見られる症状の2つ目は感覚異常。これも、筋力低下と同じく椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で見られることが多いです。

具体的にどういう症状かと言うと、例えば、ふくらはぎを自分で触っても、感覚はあるけれども何となく鈍く感じるという状態。

皮膚が分厚くなったように感じるとか、薄い皮が一枚はっているような感じがすると表現される方が多いですね。この原因も、神経の場合と筋肉の場合が考えられます。

4 坐骨神経痛の痛みやしびれなどの症状が出やすいのはこんな時

坐骨神経痛の痛みやしびれなどが出やすいのはどういう時か?主に症状が出やすい場面について解説をします。

4-1 歩いていると痛くなる

足が痛い

坐骨神経痛で、痛みやしびれなどの症状が出やすい時の1つ目は歩いている時です。これは、坐骨神経痛になった方なら経験があるのではないでしょうか。

歩き始めは大丈夫でも、徐々に太ももやふくらはぎが痛くなる。そして、少し休むと治まるけれど、歩けばまた同じ。こういう状況かと思います。

坐骨神経痛で足が痛くて歩けない!そんな激痛の原因と対策6項目

4-2 立ったままでいると痛くなる

坐骨神経痛

坐骨神経痛で、痛みやしびれなどの症状が出やすい時の2つ目は立ったままでいる時です。立ち仕事などで、長時間立ち続けていると痛みが増してくるという状態。

途中で座ったり、軽くしゃがむような動作をすると痛みが治まる傾向にあります。でも、また立っているとだんだん痛みが出てくるという傾向にあります。

坐骨神経痛で立ち仕事がつらい!長時間立てない原因や対策7ポイント

4-3 座っているとイスに当たる部分が痛くなる

イス

坐骨神経痛で、痛みやしびれなどの症状が出やすい時の3つ目は座っている時です。車の運転中や、仕事で座っている時など、長時間座ったままでいるとイスに当たる部分が痛くなる状態。

お尻のイスに当たる部分が痛くなり、途中で立上がると少し痛みが治まるということが多いですね。

坐骨神経痛で座るとイスに当たる部分が痛くなる時に必要な7つのポイント

4-4 朝起きた直後が強烈に痛い

ふくらはぎの激痛

坐骨神経痛で、痛みやしびれなどの症状が出やすい時の4つ目は朝起きた直後です。強烈な痛みのため、起き上がるのも困難になることも珍しくありません。

ただ、起きた直後は強烈に痛くても、その後、朝の準備をしているうちに徐々に痛みが弱くなるという傾向があります。

坐骨神経痛で朝が強烈に痛い!激痛の原因と快適に起きるために必要なこと

5 坐骨神経痛の痛みやしびれはどうすればいい?

痛い

坐骨神経痛の痛みやしびれはどうすれば良いかというと、何が原因か?ということによって対策は異なります。冒頭で述べたように、坐骨神経痛の原因は神経だけではありません。

炎症や筋肉が原因のこともあります。神経が原因なら、神経に対しての治療や場合によっては手術。炎症が原因なら、消炎鎮痛剤。そして固まった筋肉が原因なら、筋肉が緩む必要があります。

神経や炎症が原因の場合は、整形外科などの病院での治療が必要。ですが、筋肉が原因なら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する鍼の方法です。坐骨神経痛にはこういう施術での対策もあるということを知ってもらえればと思います。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

6 坐骨神経痛による足の痛みやしびれなどの症状でお悩みの方へ

坐骨神経痛になるとどうなるのか?そして、足の痛みやしびれなどの症状や、どんな時に痛みやしびれが出ることが多いのかについて解説してきました。

坐骨神経痛といっても原因も異なりますし、見られる症状も人によってさまざまということをご理解いただければと思います。

他の人と症状の出る場所が違うとか、他の人は良くなっているのに自分は変わらない。そんな風だと、いろいろと不安になるかもしれません。

ですが、原因は複数あるわけですし、程度によって症状も違うということが分かれば不安も減るのではないでしょうか。

坐骨神経痛について、少しでも理解していただき、安心につながればと思います。

坐骨神経痛になり足の痛みやしびれがつらいならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛とは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに伴い、足に痛みやしびれなどの症状が出ることを言う
  • 坐骨神経痛の痛みやしびれは、お尻や太もも、ふくらはぎ、すねなどに出ることが多く、さらに程度が重い場合は筋力低下なども見られる
  • 坐骨神経痛の痛みやしびれなどの症状は、歩く時、立ったままや座ったままでいる時などさまざまな場面で出る

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。