坐骨神経痛で筋トレしても大丈夫?筋トレして良い時とダメな時

ジム
Pocket

坐骨神経痛になった場合、筋トレをしても良いのだろうか?

こう思ったことがある方は多いのではないでしょうか?実際にはどうかと言うと、筋トレをして良い時とダメな時があります。

筋トレ自体はとても良いことです。しかし、タイミングを間違えると坐骨神経痛による足の痛みが悪化してしまったり、長引いてしまったりすることも。

では、坐骨神経痛で筋トレをしても良いのはどういう時か?そして、してはいけないのはどういう時か?このことについて分かりやすく解説しています。

坐骨神経痛で、筋トレをして良いかどうか迷っている方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で筋トレをしても大丈夫か?

黒板

坐骨神経痛で筋トレをしても大丈夫かどうか?この問いに対しての答えは、その時の坐骨神経痛の状態によるということになります。

筋トレ自体は良いことです。しかし、骨折をしている時に筋トレはしませんよね。坐骨神経痛でも同じこと。筋トレが、痛みの悪化になることもあれば、再発予防として良い場合もあるということですね。

痛みが強い時に、筋トレは当然できないと思います。ですが、痛みが軽い場合でも、坐骨神経痛の状態によっては悪化の原因になってしまうということなのです。

2 なぜ筋トレをして良い時とダメな時があるのか?

マルとバツ

坐骨神経痛になった場合に、筋トレをして良い時とダメな時があるのは、痛みの原因が神経ではなく固まった筋肉にあることが多いからということが理由。

坐骨神経痛は神経ではなく、筋肉に原因があることが多いです。筋肉が原因の痛みに対して、筋肉にさらに負荷をかける筋トレは、坐骨神経痛の状態によっては悪化の要因になってしまうのです。

足の痛む場所が変わることがあるとか、痛みをほとんど感じない日もある。そんな状態なら筋肉が原因。だから、筋トレで負荷をかけて良い時とダメな時があるということなのです。

3 筋トレをして良い時とダメな時

トレーニングマシン

坐骨神経痛になった場合、筋トレをしても良い時とダメな時があります。では、どういう時なら良くて、どういう時はダメなのか?

その違いや理由について解説します。

3-1 筋トレをしても良い時

坐骨神経痛で筋トレをしても良い時は、足の痛みがかなり良くなってきた状態の時です。最も痛みが強い時と比べて、4分の1~5分の1程度。そんな状態なら、少しずつ始めてみてください。

ただし、まだ痛みが良くなりかけている段階です。動けるからといって、ガンガン筋トレをすると一気に逆戻りする可能性もあります。

軽い重量で、体を少しずつ慣らしていくようなつもりで行ってみてください。そして、時間も最初は短めで。当然ですが、途中で痛みが出たらすぐに止めましょうね。

3-2 筋トレをしてはダメな時

坐骨神経痛で筋トレをしてはダメな時は、足の痛みがまだあり、我慢できないほどではないけれど、ある程度は強く感じる時。目安でいうと、最も強い時と比べて半分程度の時。

痛みが半分程度治まると、状態にもよりますが動きやすくなります。そのため、もう筋トレをしても大丈夫かな?と思ってしまう方は多いです。

ですが、痛みが治まってきた時ほど要注意。動きやすくなったからといって、筋トレをしてしまうと強い痛みがまた出る可能性が非常に高いです。

4 坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉

坐骨神経痛の原因は、神経ではなく固まった筋肉にあるということをお伝えしました。では、どこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

主な筋肉は次の3カ所です。

  • お尻
  • 股関節周り
腰やお尻の筋肉

腰やお尻の筋肉が足の痛みの原因になりやすい

股関節周りと足の筋肉

股関節周りや足の筋肉も痛みの原因になりやすい

3カ所の筋肉以外にも、ふくらはぎの外側にある筋肉が、痛みの原因になることがあります。主な3カ所の筋肉は、下半身の筋トレをする時によく力が入る部分ですよね。

筋肉が原因ということは、筋肉がケガをしていると思ってください。そのケガが良くなってくれば筋トレは良い運動になりますし、まだケガをしているなら筋トレは悪化の要因になるということ。

筋トレをしても良い時、ダメな時があるのはこういう理由からなのです。

5 再発予防のために筋肉を鍛える

筋トレマシン

坐骨神経痛で筋トレをして良い時は、痛みがかなり治まっている場合です。こういう時なら、体への悪い影響も少ないですし再発予防にもなるからです。

筋肉が原因で痛みが出るわけですから、その筋肉が強くなれば痛みも出にくくなります。そのため、痛みが良くなってから鍛えるのは良いということですね。

運動をしない方が運動を始めると、筋肉痛が出やすいですよね。でも、運動を続けると筋肉痛は出にくくなる。理屈はこれと同じです。

※ただし、鍛えることと治ることは別です。痛みが強い時の筋トレは厳禁です。

6 筋トレ後に気をつけることは?

腰のストレッチ

坐骨神経痛がかなり良くなっていて、再発予防のために少しずつ筋トレを始めた。こういう時、筋トレ後に気をつけることは、疲れを残さないということ。

筋肉の状態が良くなってきたからこそ、坐骨神経痛の痛みも治まってきている状態。その時に筋トレをするわけですから、筋肉に疲れが残るとまた痛みが強く出ることも考えられます。

ですから、筋トレ後はストレッチやマッサージ、または湯船につかって疲れを取る。こういうことで筋肉に疲労を残さないことが大切ですね。

7 筋トレで坐骨神経痛が悪化した場合は?

痛い

坐骨神経痛で、筋トレをしたら痛みが悪化してしまった。そんな場合はどうすれば良いのか?

状態によって対応が異なりますので、それぞれについて解説します。

7-1 安静時でもうずいて痛む場合

筋トレをした後、坐骨神経痛の痛みが悪化してしまった。そして、家で安静にしている時や、夜寝ている時もうずく。そんな場合は痛み止めが必要です。

坐骨神経痛の痛みは、炎症が原因の場合があります。炎症による痛みは、体の中で熱があることによる痛み。ですから、消炎鎮痛剤としての痛み止めが良いということですね。

病院でロキソニンを処方されることがありますが、これは、担当の先生が炎症があると判断したためです。

坐骨神経痛で夜間痛が出る原因は?痛みで目が覚めないために必要なこと

7-2 歩く時の痛みが増した場合

筋トレ後に、歩く時の足の痛みが増してしまった。長く歩けるようになっていたのに、痛みが強くなり歩きづらい。そんな場合は、筋肉の状態を良くすることが必要です。

坐骨神経痛の原因として、固まった筋肉の場合があるということはお伝えしました。ですから、その筋肉が緩む必要があるということ。

筋トレの結果、緩んでいた筋肉がまた固まってしまったことが考えられます。そんな時は、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する鍼の方法なので、筋トレの結果、治まっていた痛みがまた出てしまった場合なら施術が可能ということですね。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

8 坐骨神経痛で筋トレをするかどうか迷っている方へ

坐骨神経痛で、筋トレをして良い時とダメな時について解説してきました。筋肉が原因で痛みが出るということに関しては、初めて知ったという方も多いかもしれません。

ですが、名前こそ神経痛となっていても、実際には筋肉が原因の場合は非常に多いです。そんな坐骨神経痛だからこそ、筋トレをするタイミングが大切ということ。

足が痛いのは筋力不足だから鍛えよう。こう思ってしまう方は多いです。ですが、実際には鍛えることではなく、痛みがある時こそ筋肉を休めることが必要なのです。

そして、足の痛みがかなり良くなってきたなら、筋肉を鍛えることが再発予防になるということですね。

筋トレに取り組むタイミングは難しいかもしれません。ですが、筋肉が原因という視点があれば、判断しやすいのではないでしょうか。

無理をせず、適切なタイミングで筋トレをして、健康な状態を作っていただければと思います。

坐骨神経痛で足に痛みがある方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で足に痛みがある場合、筋トレをして良い時とダメな時があり、その理由は痛みの原因が筋肉にあることが多いから
  • 最も痛い時と比べて、痛みがかなり治まっているなら筋トレを少しずつ始めても良いが、半分程度しか回復していないなら筋トレで悪化してしまう可能性が高い
  • 筋トレ後は、筋肉に疲労を残さないようストレッチやマッサージ、入浴して筋肉の疲労を取るなどが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。