坐骨神経痛で運動しても大丈夫?運動して良い時・ダメな時の違いと理由

ダンベル
Pocket

坐骨神経痛になった場合、運動をしてもいいのかどうか迷うことはありませんか?

足に痛みやしびれがあり、何となく筋力も落ちてきた気がする。運動しないともっと悪くなるかも?こう思う方はいるでしょう。

逆に、今痛みがあるので運動したら悪化するかもしれない。だからできるだけ安静がいいのでは?と考える方もいるはずです。

では、実際には坐骨神経痛になった場合、運動して良いかどうかというと、答えは非常にシンプルです。

坐骨神経痛で運動をしても良いのか?しない方が良いのか?そして、その違いや理由は何なのか?について解説しています。

坐骨神経痛で運動について迷っている方は続きをどうぞ。

1 坐骨神経痛で運動しても大丈夫?

黒板

坐骨神経痛で、足に痛みやしびれなどが出ている場合に運動して良いかどうか?これは、その時の坐骨神経痛の程度によるというのが答えになります。

痛みやしびれが強ければ当然運動はダメ。ですが、かなり治まってきているなら運動しても良いということ。さらに、運動することが再発予防になることも考えられます。

間違いやすいのは、運動して痛みやしびれを治そうとすること。骨折をしている時に運動はしませんよね。坐骨神経痛の場合も同じと思ってください。

2 坐骨神経痛で運動をしてはいけない理由

NO

坐骨神経痛になった時に運動してはいけない理由は、痛みやしびれの原因が筋肉にあることが多いからです。

坐骨神経痛だから神経が原因では?と思う方は多いでしょう。ですが、なんでもかんでも神経が原因ではないのです。固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ることは多々あります。

固まった筋肉が原因で坐骨神経痛が出ている。そんな時に、運動で筋肉を動かして負荷をかけると、さらに痛みやしびれが増す可能性がある。だから、運動はしてはいけないということですね。

3 坐骨神経痛で運動をしても良いのはこんな時

マル

坐骨神経痛で、運動をしても良いのは当然と言えば当然ですが、痛みやしびれがかなり良くなってからです。

まだ少し痛むことはあるけれど、かなり良くなったなと感じる状態。そんな状態で運動を少しずつ始めるなら良いでしょう。筋肉を鍛えることで、再発予防にもつながります。

最も痛みやしびれが強い時と比べて、1割~2割程度の強さ。それくらいまで回復したら、少しずつ軽い運動から始めるのが良いですね。ただし、決して一気にやり過ぎないよう気をつけてください。

4 坐骨神経痛で運動をするなら何から始めると良い?

ウォーキング

坐骨神経痛による足の痛みやしびれがかなり良くなってきている。そんな時に、運動するなら何から始めれば良いかについて解説します。

4-1 ウォーキング

坐骨神経痛がかなり良くなり、運動を始めてみようと思うならウォーキングが良いですね。

手軽に始めることができますし、どれくらい歩くかも自分で管理できます。仮にウォーキングの途中で痛くなれば止めれば良いのですから。

まずは、短い距離でゆっくり歩くことから始めましょう。決して一気にやり過ぎないこと。無理をすると、せっかく良くなっている状態が戻ることもあります。

4-2 プールで歩く

ウォーキングと同様に、プールの中で歩くことも良いでしょう。ただし、決して無理をしないようにしてくださいね。

4-3 エアロバイク

ウォーキング以外にも、例えばエアロバイクでも良いですね。強い刺激ではありませんから、坐骨神経痛が治まりかけている時の運動としては良いですね。

ただし、負荷が軽いからといって長時間こぎ続けないようにしてください。

※痛みやしびれがかなり良くなってから始めるようにしてくださいね。

5 筋トレやスポーツはいつから始めるなら良い?

筋トレマシン

坐骨神経痛になった方が、筋トレやスポーツを始めるならどういう状態になってからが良いのか?

これは、先ほど挙げたウォーキングなどの軽い運動をしても、足の痛みやしびれが出なくなってからが良いですね。つまり、完全に良くなってからということ。

軽い運動で痛みやしびれがでるなら、筋トレやその他のスポーツはまだ早いということです。

6 運動で坐骨神経痛が悪化したらどうすればいい?

坐骨神経痛がかなり良くなってきていて、運動をしても良いだろうと思って軽い運動から始めてみた。無理をしたつもりはないけれど、後から痛みが強く出てきてしまった。

こんな時はどうすれば良いのかについて解説します。

6-1 痛みとともに熱感がある場合

薬

軽い運動だったにも関わらず、坐骨神経痛が悪化した。そして、痛みとともに熱感がある。そんな場合に必要なことは次の2点。

  • 一時的に冷やすこと
  • 消炎鎮痛剤としての痛み止め

痛みに伴って熱感があるということは、炎症が起きている可能性が高いです。そのため、まずは患部を少し冷やすのが良いですね。

その上で、病院で消炎鎮痛剤をもらっているなら服用する。または、病院を受診して薬をもらうということが良いでしょう。

6-2 セルフケアなら湿布

湿布

運動後にズキズキとうずくような痛みに伴って熱感もある。そんな場合は冷湿布を貼るということも良いでしょう。

湿布は貼る消炎鎮痛剤です。かぶれやすい方には向かないですが、そうでなければ患部に貼ってみてください。寝る前に貼って、朝にはがすということで構いません。

熱感が強い時は、お風呂はシャワー程度にして控えめが良いでしょう。

坐骨神経痛で湿布を貼ると良い場所はどこ?4つのポイントとその理由

6-3 トリガーポイント鍼療法

痛い

運動後に坐骨神経痛が悪化した。熱感はないけれど、歩く時や立ち上がる時といった動作に伴う痛みが強い。そんな時ならトリガーポイント鍼療法という施術があります。

坐骨神経痛の痛みやしびれの多くは、固まった筋肉に原因があります。運動によって筋肉に負荷がかかり、治まっていた痛みがまた出てしまったと考えられます。

そんな場合には、薬や湿布では治まらないことが多いです。そのため、筋肉を直接施術するトリガーポイント鍼療法という施術が良いということですね。

坐骨神経痛にトリガーポイント鍼療法をする理由を解説7項目

7 坐骨神経痛で運動をしようかどうか迷っている方へ

坐骨神経痛で足に痛みやしびれがある方で、運動をすれば良くなると考えている方は多いです。また、運動不足だから坐骨神経痛になったと思っている方も同様。

ですが、これはどちらも間違い。運動をすることと、痛みやしびれを治すことは別です。また、運動不足で坐骨神経痛になるのではなく、筋肉の疲労がたまりすぎているからなるのです。

痛みやしびれの原因の多くが筋肉にある。このことを、多くの方が知っていればこういった間違いは避けられます。ですが、残念ながら筋肉が原因ということは認知されていません。

ですが今回、筋肉が原因ということを知った方なら、どういうタイミングで運動をすれば良いかがある程度は分かると思います。また、どれくらいの量で始めれば良いかということも。

何でも神経が原因ではないのです。筋肉が原因の痛みやしびれもあります。このことを前提に、運動に取り組んでもらえればと思います。

坐骨神経痛による足の痛みやしびれで動きづらいならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 坐骨神経痛で運動をして良いかどうかは、その時の痛みやしびれの程度やその他の症状による
  • 坐骨神経痛で運動をしてはいけないのは、痛みやしびれの原因が筋肉にあることが多いから。逆に言うと、かなり良くなってから筋肉を動かすことは再発予防になる
  • 坐骨神経痛がかなり良くなってきている時に運動を始めるなら、負荷の少ないウォーキングやエアロバイクなどが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。