脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの?重症例とその場合の対策

人形
Pocket

脊柱管狭窄症が重症の場合はどんな症状が出るのか?

そして、もし重症化してしまった場合には、薬や注射で対応できるのか?それとも手術になってしまうのか?

脊柱管狭窄症になってしまった方なら、多かれ少なかれこういったことが気になるのではないでしょうか?

脊柱管狭窄症で重症の場合は、かなり特徴的な症状が出ます。そして手術が必要な場合も多いです。ただ、重症に見えても実は手術以外の方法で対応できるケースも少なからずあります。

脊柱管狭窄症で重症になった場合の症状、そしてその場合の対策について解説しています。

気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症で重症になった場合に見られる症状

黒板

脊柱管狭窄症で、重症になった場合に見られる症状は主に2つあります。

それぞれについて解説します。

1-1 膀胱直腸障害

脊柱管狭窄症が、重症になった場合に見られる症状の1つ目は膀胱直腸障害です。

脊柱管という神経の通り道が狭くなり、馬尾神経と呼ばれる部分が圧迫されるため、神経が正常に機能しなくなってしまうために起こる症状です。

膀胱直腸障害になると、尿意や便意を感じることができず、失禁したり頻尿や便秘になることもあります。

1-2 麻痺

脊柱管狭窄症が、重症になった場合に見られる症状の2つ目は麻痺です。

先ほどの膀胱直腸障害と同様、脊柱管が狭くなってしまうことで神経が正常に機能しなくなってしまうために起こる麻痺です。

足全体が動かなくなってしまったり、下垂足といって足首が起こしにくくなる部分的な麻痺のこともあります。

2 脊柱管狭窄症で重症になった場合はどうなる?

手術

脊柱管狭窄症で重症になり、膀胱直腸障害や麻痺の症状が出た場合はどうなるのか?

重症化してしまうと、ほとんどの場合で手術が必要になるでしょう。誰でも手術はできればしたくないというのが本音だと思います。

ですが、重症化してしまった場合で、医師が手術の必要があると診断した場合は手術を受けるべきです。

重症化すると緊急性が高い場合もあり、放置しておくと後遺症が出てしまい日常生活がかなり困難になることが予想されます。

手術が完璧というわけではありません。ですが、手術をしなければその後の生活が困難になることもありますから必要なら手術を受けましょう。

3 重症に見えるけれど重症ではない場合

腰

脊柱管狭窄症で重症に見えるけれども重症ではなく、さらに原因は神経ではないという場合があります。

詳しく解説しますね。

3-1 重症に見える症状とは?

脊柱管狭窄症で重症に見えるけれど、重症ではない症状とはどういう場合かというと、足に力が入りにくいという症状です。

足に力が入りにくいため、見た目にもそして患者さんご自身も麻痺と感じることがあります。

ですが、力が入らないのと入りにくいはまったく別。力が入らないなら麻痺ですが、力が入りにくいのは麻痺ではありません。

3-2 神経が原因ではない症状とは?

脊柱管狭窄症の原因は神経圧迫とされますが、実は足に力が入りにくいという場合や、痛み・しびれといった症状は筋肉が原因の場合もあります。

筋肉は固まってしまうと痛みやしびれ、さらには脱力感などの原因に。こういった症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

足に力が入りにくいことがあるけれど、常に入りにくいわけではない。また、痛みやしびれはあるけれど、日内や週内での変動がかなりある。

こんな場合は神経ではなく筋肉に原因がある可能性が高いです。

3-3 他の症状と合わせて総合的に判断

脊柱管狭窄症の症状が、重症なのかそれとも重症に見えるだけなのか?また、原因は神経なのか筋肉なのか?

判断が付きにくい場合は、すべての状態から総合的に判断する必要があります。足首を起こしづらいからといってすぐ手術ということではなく、他の症状はどうかということですね。

かなり難しい判断になることもあります。ですが、慎重に判断することで不要な手術を避けることにもなりますし、より適切な治療をすることにもつながるのです。

4 筋肉が原因ならどうすればいい?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で、重症に見えるだけで実は重症ではなく原因も筋肉にある。

そんな筋膜性疼痛症候群による痛みやしびれ、脱力感などが出ている場合はどうすればいいのか?というと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を直接施術する鍼の方法なので、筋肉が原因で力が入りにくい、痛みやしびれが強いという症状の施術が可能です。※重症の場合は適用範囲外です。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

5 脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症で明らかに重度の症状が出ている。こうなると不安だとは思いますが、医師が手術が必要と判断した場合は手術を受けるのが賢明でしょう。

手術が完全ではありませんが、後遺症が出る可能性を考えるならやはり手術は必要。

ただ問題は、今回解説したように、重症に見えるけれども重症ではない場合。この場合、緊急性が高くなければまずは手術以外の方法も考えてみてはいかがでしょうか。

医師が手術はまだ様子を見ましょうと言っているなら特にです。

何でも神経が原因ではありません。ですから、緊急で手術が必要な状態ではなく、医師も様子を見ましょうと言っている場合なら他の選択肢もあるということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症でお悩みならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症の重度の症状には、膀胱直腸障害や麻痺があり手術が必要な場合が多い
  • 重症に見えるけれども重症ではない場合があり、足に力が入りにくいという場合は神経ではなく筋肉に原因がある可能性が高い
  • 重症か重症に見えるだけかの判断は非常に難しいので、他の症状と合わせて総合的に判断しなければいけない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。