脊柱管狭窄症で足が痛む時にお風呂は大丈夫?入浴して良い時・ダメな時

シャワー
Pocket

脊柱管狭窄症で足が痛む時に、お風呂に入っても大丈夫かな?

こんな風に気になる方はいるかもしれませんね。また、積極的にお風呂に入って温まるようにした方が体にとっていいのかなと思う方もいるでしょう。

実際、脊柱管狭窄症になり足に痛みやしびれがある時にお風呂に入る。それによって少し症状が一時的でも楽になるということはあるでしょう。

だからといって、お風呂に入ることが絶対的に良いわけではありません。では、入浴に関してはどうすれば良いのでしょうか?

脊柱管狭窄症になった場合、お風呂に入ることが良いのかどうかについて解説しています。

気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症になったらお風呂に入るのは大丈夫?

黒板

脊柱管狭窄症になった場合、お風呂に入っても大丈夫かどうか?というのは、その時の症状によるというのが正解。

お風呂に入ること自体は、それほど大きな問題ではありません。

では、何に気をつけなければいけないかというと、どれくらいの時間お風呂に入って体を温めるか?ということ。

症状の状態によっては、お風呂に入ることで楽になることもあります。また、逆にお風呂に入ることで後から痛みやしびれが強くなってしまうこともあります。

ですから、その時の状況で判断ということになるのです。

2 こんな状態ならお風呂に入っても構わない

マル

脊柱管狭窄症で足に痛みやしびれがある場合、お風呂に入ることで少しそういった症状が緩和するなら普段どおり入浴して構いません。

こういう場合は、固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合。そのため、体が温まることで筋肉も緩みむため、痛みやしびれが少し軽くなるということ。

湯船につかる方、シャワーだけの方がいると思います。どちらでも普段どおり入ってください。

3 こんな状態ならお風呂は控える

バツ

脊柱管狭窄症で足に痛みやしびれがあり、お風呂に入るとそういった症状が強くなる場合は入浴は控えましょう。

また、夜寝ていてズキズキとうずくような痛みがする状態の時は、お風呂に入るのは控えるのがいいですね。

こういう場合は、炎症に伴う痛みが出ていると考えられます。体に熱を持っていることで痛みが出ているという状態。熱がある状態でお風呂で温まるため、さらに痛みが強くなるということ。

ですから、こういった時はお風呂は控えるか、入るにしてもシャワーでさっと体を洗って終わるようにするのが良いですね。

4 脊柱管狭窄症の痛みについて知っておこう

腰

脊柱管狭窄症の痛みは、神経が圧迫されることだけが原因と思われがち。ですが、実際には他にもあります。

例えば、先ほど触れた炎症。体の中で炎症が起きている場合も痛みが出ます。この場合は、安静にしている時にズキズキとうずくように痛むのが特徴。

ちなみに、病院でロキソニンが処方されるのは、この薬が消炎鎮痛剤なので炎症に対して有効とされているからです。

炎症以外にも、筋肉が原因の痛みもあります。これは、動作に伴って出る痛み。歩くと足が痛くなってくる場合は、筋肉が原因のこともあります。

こういった筋肉が原因の痛みには、痛み止めやブロック注射が効かないことも多くあります。神経だけが痛みの原因ではないということですね。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない理由とそんな時はどうすればいい?

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

5 お風呂に入って楽になるならさらにこんな方法

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれが、お風呂に入ることで少し楽になる。そんな場合は、神経だけではなく固まった筋肉が原因の痛みやしびれも出ています。

ですから、固まった筋肉に対しての対策も必要ということ。固まった筋肉が原因なら、それらが緩むことが必要ということですね。

そのための方法の1つに、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

一般的な鍼治療はツボに対して施術をします。ですが、トリガーポイント鍼療法では、固まってしまい痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術します。

そのため、お風呂に入って症状が楽になる場合は筋肉も原因と考えられるので、トリガーポイント鍼療法が選択肢の1つになるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

6 脊柱管狭窄症でお風呂に入ると症状が楽になる方へ

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が、筋肉の場合もあるということはちょっと意外だったかもしれません。

お風呂に入った後に症状が少し楽になるというのは、お風呂に入ることで神経圧迫がなくなったわけではありませんよね。

神経の通り道が狭くなっている状態は、お風呂に入っても入らなくても変わりません。それなのに症状が少し楽になることがある。

つまり、原因は他にもあるということになりますよね。そして、原因が神経以外なら、必要な治療や対策も変えなければいけません。

痛み止めを飲み続けても症状が変わらないという方は、一度お風呂上がりの状態をチェックしてみてください。少しでも症状が軽くなるなら、それは筋肉が原因の証拠。

筋肉が原因なら、必要なことは痛み止めやブロック注射、手術ではありませんよね。筋肉が原因の痛みやしびれもあるということも知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが筋肉に原因がある場合ならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症でお風呂に入っても大丈夫かどうかは、その時の症状の状態によるというのが正解
  • お風呂に入って楽になるなら普段どおり入って大丈夫だし、お風呂に入った後に痛みやしびれが強くなるなら控えるのが負い
  • 脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因は神経圧迫だけではない。そのため、原因が変われば治療や対策も変えなければいけない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。