脊柱管狭窄症は神経圧迫だけが痛みやしびれの原因ではないと言える理由

腰
Pocket

脊柱管狭窄症は、神経圧迫が原因で足に痛みやしびれが出る。

病院で、担当の先生からこのような説明を受けた方は多いのではないでしょうか。確かに神経圧迫が原因で痛みやしびれは出ます。

ですが、たとえMRIの検査の結果が神経圧迫の状態になっていたとしても、そのことだけが脊柱管狭窄症による痛みやしびれの原因とは限りません。

神経圧迫の状態になっていても、実は他に痛みやしびれの原因があるのです。

では、他に考えられる痛みやしびれの原因は何か?そして、原因が変わるということは、必要な治療なども違うものになるはずです。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれの原因が、神経圧迫以外にもあるということについて解説しています。

1 痛みやしびれは神経圧迫だけが原因ではない

黒板

脊柱管狭窄症になり、足の痛みやしびれがある。こういった症状の原因は、神経圧迫だけとは限りません。

では何が原因かというと筋肉です。このことについて詳しく解説しますね。

1-1 筋肉は痛みやしびれの原因になる

イメージしづらいかもしれませんが、筋肉は固まってしまうと痛みやしびれの原因になります。

そういった、筋肉が固まったことによる痛みやしびれを筋膜性疼痛症候群と言います。脊柱管狭窄症になっていても、筋肉が原因の場合もあるということ。

脊柱管狭窄症で歩くと痛みやしびれが出ると思いますが、これは神経だけではなく固まった筋肉が原因でも見られる症状なのです。

1-2 神経圧迫の状態になっているだけ

病院で脊柱管狭窄症と診断された方は、MRIの画像を見ながら説明を受けたと思います。

あの画像を見ると、誰でも神経圧迫になっているということが分かります。では、神経が原因ではないならMRIの画像は間違いかというとそうではありません。

画像上、神経圧迫になっていたのならそれは正しいです。ですが、そういう状態になっているだけのこともあり、すべての症状が神経由来とは限らないのです。

2 間欠跛行は筋肉が原因でも見られる症状

間欠跛行

脊柱管狭窄症の主な症状の1つに間欠跛行があります。この間欠跛行も、神経ではなく筋肉が原因で起きている場合があります。

固まった筋肉は痛みやしびれの原因になるわけですが、そういった筋肉を歩くという動作で動かすから痛みやしびれが出る。

そして、立ち止まって筋肉を動かさないと、足の痛みやしびれも治まってきてまた歩けるようになる。

間欠跛行もこう考えると、神経圧迫だけが原因ではないということがご理解いただけるのではないでしょうか。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

3 脊柱管狭窄症の症状に変動があるなら筋肉が原因

腰

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれの状態が、一日もしくは一週間のうちに、良くなったり悪くなったりするようなら原因は筋肉の場合があります。

なぜなら、神経圧迫が原因ならその圧迫されている状態は常に変わりません。それなのに日内や週内での変動があるのはおかしいのです。

朝起きた時の痛みは強いけれど、日中は比較的楽とか、週の前半は楽でも後半はつらくなる。

こういった状態なら、筋肉が原因の可能性が高いです。体の状態に筋肉の状態は影響を受けます。

そのため、体調が良ければ症状も少ないとか弱くなり、疲れがたまっている場合は症状も強くなることがあるわけですね。

4 湿布で痛みが治まるなら炎症が原因

湿布

脊柱管狭窄症で腰やお尻、足に痛みがあり、その痛みに対して患部に湿布を貼ったら楽になった。

こういう場合、その痛みの原因は神経圧迫ではなく筋肉に炎症が起きていたことが原因と考えられます。

痛みの原因には炎症があります。体の中で熱を持っていることで痛みが出ているという状態ですね。

湿布は消炎鎮痛剤ですから、湿布を貼って痛みが治まるのなら、その痛みの原因は神経圧迫ではなく筋肉にあるということが言えるのです。

脊柱管狭窄症で足が痛む時に湿布を貼ると良い3つのポイント

5 体が温まった時に症状が治まるなら筋肉が原因

シャワー

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれが、体が温まった時に治まるなら原因は神経ではなく筋肉と考えられます。

固まった筋肉が原因で、足に痛みやしびれが出るということはすでにお伝えしましたね。

例えばその症状が、お風呂上りに少し弱くなるとか、一時的にでも治まるようなら原因は固まった筋肉にあります。

その理由は単純で、お風呂に入ることで固まった筋肉が少し緩んだ。だから、痛みやしびれも軽くなったり治まったりしたということ。

脊柱管狭窄症で足が痛む時にお風呂は大丈夫?入浴して良い時・ダメな時

6 脊柱管狭窄症で手術を迷っている方へ

考える

脊柱管狭窄症になってしまうと、神経圧迫が原因ならもしかすると手術になるのかな?と不安になるかもしれません。

ネットでいろいろと検索すると、悪い情報ばかりが目に止まるのでさらに気分も落ち込んでしまう。

こういう方は多いですね。ですが、今回解説したように筋肉が固まったことで痛みやしびれが出ている場合もあります。

固まった筋肉が原因なら、手術で神経圧迫を取り除く必要はあるでしょうか?ありませんよね。

神経が原因の場合はありますが、すべての脊柱管狭窄症においてではないのです。

脊柱管狭窄症は手術をすべき?手術を検討中の方に伝えたい6つのこと

7 筋肉が原因の脊柱管狭窄症ならこんな対策もある

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれの原因が、筋肉にある場合はどうすればいいのか気になりますよね。

そういう場合は、手術ではなく筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

トリガーポイント鍼療法は、固まってしまい痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する鍼治療の方法。

ですから、脊柱管狭窄症でも筋肉が原因で症状が出ているなら施術が可能ということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

8 最後に

脊柱管狭窄症による痛みやしびれが、神経だけではなく筋肉にも原因があるというのは意外だったかもしれませんね。

ですが、これはもう明らかな事実。神経が原因の痛みやしびれはありますが、すべてにおいて神経が原因ではないということ。

たとえ今、いろいろ試しても良くならない場合でも、筋肉を施術することで見えてくるものがあるかもしれませんよ。

筋肉が原因でも、痛みやしびれが出るということを知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症でお悩みならこちらもあわせてどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれは、神経圧迫が原因のこともあれば筋肉が原因のこともある
  • 脊柱管狭窄症の主な症状である間欠跛行も、固まった筋肉が原因で起こる場合は多々ある
  • 脊柱管狭窄症の症状に変動があったり、お風呂に入ると少し楽になるようなら原因は筋肉と考えられる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。