脊柱管狭窄症で筋力低下する原因と筋力低下したらどうすればいい?

足
Pocket

脊柱管狭窄症になり筋力低下した場合の原因は何か?

脊柱管狭窄症になると筋力が低下することがあり、足首や足の指を動かしづらくなることがあります。

そのため、歩きにくくなってしまったり、ちょっとした段差でもつまづくようになってしまうことも。こういった、筋力低下の原因は何でしょうか?

神経が原因と思う方は多いと思いますが、実はそれ以外にも原因があります。

脊柱管狭窄症になり筋力低下してしまった場合の原因と、その場合にはどういった治療や対策があるのかについて解説しています。

1 脊柱管狭窄症で筋力低下した場合の原因は?

黒板

脊柱管狭窄症で足の筋力が低下した場合、考えられる原因は2つあります。それは、神経と筋肉。

神経の場合は、脊柱管という神経の通り道で神経が圧迫されたことによります。そしてもう1つの筋肉の場合は、筋肉が固まってしまったことによる場合。

どちらが原因かというのは、筋力低下という症状以外にどういう症状が出ているかによって異なります。

2 神経が原因で筋力低下した場合について

人形

脊柱管狭窄症による筋力低下の原因が神経にあるというのは、脊柱管という神経の通り道が加齢に伴い変形したために狭くなり神経が圧迫された状態。

病院でMRIの画像をみて説明を受けた方も多いのではないでしょうか。見た方なら、狭くなっていたのがお分かりになったと思います。

神経が圧迫されて筋力低下した場合はかなり重症。そのため、歩きづらくなったり、つま先立ちができなくなったりします。

脊柱管狭窄症でつま先立ちができない場合はどうすればいい?

また、もっとひどい場合は、膀胱直腸障害や筋力低下よりひどい麻痺になることもあります。

脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの?重症例とその場合の対策

3 筋肉が原因で筋力低下した場合について

考える

脊柱管狭窄症による筋力低下は、筋力が原因で起こることもあります。固まった筋肉は筋力低下や、痛み・しびれといった症状の原因になることは珍しくありません。

そういった、筋肉が原因で起こる症状を、筋膜性疼痛症候群と言います。脊柱管狭窄症になっていても、すべてにおいて神経が原因ではないということですね。

神経が原因の場合と違い筋肉が原因の場合は、筋力低下の状態が日によって力が入ったり入らなかったりするというのが特徴。

神経が原因の場合と同様、他にどういった症状が出ているのか?によって、どちらが原因かを判断する必要があります。

脊柱管狭窄症の原因は何?考えられる理由と痛みやしびれの原因を解説

3 神経が原因で筋力低下している場合はどうすれば良いの?

手術

脊柱管狭窄症になり、神経圧迫が原因で足に筋力低下が起きている。こういう場合は、手術が必要なことが多いでしょう。

筋力低下に伴いさらに膀胱直腸障害や、進行して麻痺が出てしまったらかなりの重症。手術をしなければ、後遺症が出てしまうことも考えられます。

筋力低下がずっと続いているとか、その他の神経症状が出てしまっている。そんな場合で、医師が手術が必要と判断した場合は手術を受けるべきでしょう。

4 筋肉が原因で筋力低下している場合はどうすれば良いの?

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症で筋力低下した場合の原因が、筋肉にある場合はどうすれば良いのか?これは、固まった筋肉が原因なので、それらが緩む必要があります。

筋肉を緩める方法はいろいろありますが、その1つが筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。

ツボではなく筋肉に施術をする方法で、固まってしまい筋力低下や、痛み、しびれといった症状の原因になっている筋肉を施術することが可能です。

※筋力低下に鍼の施術をすれば必ず良くなるという効果を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

5 脊柱管狭窄症で筋力低下してしまった方へ

脊柱管狭窄症で、筋力低下してしまった場合はかなり重症。後遺症のことを考えると、手術が必要な場合が多いでしょう。

ですが今回解説したように、筋力低下した場合でも神経だけが原因とは限りません。神経圧迫の状態になっているだけで、原因とは関係ないこともあります。

神経が原因なら、手術が必要でしょう。ですがそうでなければ、判断は簡単ではありませんが他の方法もあるということ。

脊柱管狭窄症に伴う筋力低下の原因には、神経だけではなく他のことが原因の場合もあるということを知っていただければと思います。

※筋力低下に鍼の施術をすれば必ず良くなるという効果を保証するものではありません。

脊柱管狭窄症で筋力低下や痛みしびれでお悩みならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で足が筋力低下してしまった場合に考えられる原因は、神経圧迫と筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群の2つがある
  • 脊柱管狭窄症で神経圧迫が原因で筋力低下している場合は、他の症状の程度にもよるが後遺症のことを考えると手術が必要なことが多い
  • 脊柱管狭窄症で筋肉が固まったことにより筋力低下している場合は、手術の前に筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。