脊柱管狭窄症で見られる6つの症状と症状別の治療や対策6選

黒板
Pocket

脊柱管狭窄症になるとどういう症状が出るのか?

脊柱管狭窄症の症状には程度の差はありますが、だいたいどの方にも共通してみられる症状があります。また、重症の方にのみ見られるような症状も。

では、脊柱管狭窄症になると具体的にはどういった症状が見られるのか?そして、その場合にはどういう治療方法や対策などがあるのか?

脊柱管狭窄症でよくある症状や重度の症状、そしてそれぞれについての治療や対策について解説しています。

脊柱管狭窄症の症状が気になる方は続きをどうぞ。

1 脊柱管狭窄症で見られる主な症状

間欠跛行

脊柱管狭窄症になると、いろいろな症状が見られるようになります。その中でも、多くの脊柱管狭窄症の方に共通してみられる症状があります。

まずは、そういった主な症状について解説しますね。

1-1 痛み

脊柱管狭窄症で主に見られる症状に痛みがあります。痛みが出る部分としては、主に腰、お尻、足ですね。

原因としては、神経が圧迫されている場合と、筋肉が固まってしまったことによる筋膜性疼痛症候群の2つがあります。

脊柱管狭窄症による痛みの症状は、歩いていると痛くなってくるとか、立ったままでいるとだんだん足が痛くなるということが多いです。

脊柱管狭窄症で足が痛い場合に知って欲しい7つのポイント

1-2 しびれ

脊柱管狭窄症で痛みと同じく主に見られる症状にしびれがあります。主に太もも、ふくらはぎ、足の裏などがしびれます。

しびれの原因も、神経の場合と筋肉の場合があります。また、似たような病気に閉塞性動脈硬化症といった血管が原因のこともあるので注意が必要。

脊柱管狭窄症によるしびれの症状は、痛みと同じく歩いていたりたったままでいるとだんだんしびれてくるということが多いです。

安静時でも、ビリビリ・ジンジンと足や足の裏がしびれる場合も珍しくありません。

脊柱管狭窄症で足がしびれる場合はどうすればいい?原因や対策6ポイント

1-3 間欠跛行

脊柱管狭窄症の主な症状には、間欠跛行という症状もあります。歩くとだんだん痛みやしびれが出て歩けなくなり、休むと症状が治まるのでまた歩けるという状態。

この間欠跛行という症状も、神経圧迫の場合と固まってしまった筋肉が原因で起きていることが考えられます。

どちらが原因なのかは、痛みやしびれといった症状以外にどんな症状が出ているかで判断する必要があります。

脊柱管狭窄症による間欠跛行で歩けない!痛みやしびれの原因と対処法

2 脊柱管狭窄症で見られる重い症状

足

先ほどは、脊柱管狭窄症になった方に共通して見られる症状を挙げました。ここからは、脊柱管狭窄症の症状でも重い症状を挙げていきます。

具体例を挙げながら解説しますね。

2-1 筋力低下

脊柱管狭窄症の重い症状に筋力低下があります。足の筋力が低下してしまうため、足首を動かしづらくなったり、歩きづらくなってしまう症状。

原因は神経圧迫による場合が多いですが、痛みやしびれと同様に筋肉が原因で筋力低下の症状が出ている場合もあります。

足首を起こす時に力が入りにくい、つま先立ちが力が入りにくくでできない。筋力低下の症状になると、こういったことが起こります。

脊柱管狭窄症で筋力低下する原因と筋力低下した場合はどうすればいい?

2-2 麻痺

脊柱管狭窄症の筋力低下がもっとひどくなった症状に麻痺(運動麻痺)があります。力がほとんど入らないとか、麻痺のため動かないという症状。

神経が圧迫されることで麻痺は起こります。馬尾型と呼ばれる症状の1つが麻痺です。

足の親指を動かすことができないとか、座った状態で足首を起こすことができない。そんな場合はかなり重度の麻痺の症状が出ています。

2-3 膀胱直腸障害(排尿障害)

脊柱管狭窄症の重度の症状に、膀胱直腸障害(排尿障害)という症状があります。

これも、神経が圧迫されたことで起こる馬尾型の場合に見られる症状。かなり重い症状なので、手術が必要なことが多いでしょう。

頻尿、失禁、便秘といった症状があるなら、膀胱直腸障害が起きてしまっていると考えられます。

脊柱管狭窄症が重症になるとどうなるの?重症例とその場合の対策

3 脊柱管狭窄症の症状別の治療方法

ここからは、脊柱管狭窄症の症状別でどういった治療や対策があるのかについて解説していきます。

3-1 痛み止め

痛み止め

脊柱管狭窄症の痛みの症状が出ている場合には、程度にもよりますがまずは保存療法として痛み止めが処方されることが多いです。

痛みの原因には、炎症や神経そして固まった筋肉といったケースがあります。

炎症が原因の場合にはロキソニン、神経が原因の場合にはリリカが処方されることが多いです。ただ、筋肉が原因の場合にはこういった痛み止めが効かないことが多いです。

脊柱管狭窄症に痛み止めが効かない場合とそんな時はどうすればいい?

3-2 湿布

脊柱管狭窄症の痛みが炎症によって起きている場合には、湿布を貼るという方法もあります。

湿布なんかで効くの?と思うかもしれませんが、湿布は貼る消炎鎮痛剤とお考えください。ですから、炎症が原因の痛みなら貼る意味があるということ。

かぶれやすい方には向かないですが、そうでなければ、腰やお尻、足といった気になる部分に貼ってみてください。

脊柱管狭窄症で足が痛む時に湿布を貼ると良い3つのポイント

3-3 血流を改善する薬

脊柱管狭窄症でしびれの症状が出ている場合には、血流を良くすることを目的とした薬が処方されることが多いです。

血管を拡張することで血流を良くし、その結果としてしびれの改善を目的とした薬です。

ただ、血流が良くなれば必ずしびれが治まるということでもなく、筋肉が原因でしびれの症状が出ている場合はあまり効果は期待出来ません。

3-4 ブロック注射

注射

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがひどく、日常生活での影響がかなり大きい場合はブロック注射が行われることもあります。

神経が圧迫されている部分に対して麻酔の注射を行い、その結果として痛みやしびれを抑えることがブロック注射の目的です。

ただ、麻酔なので効果が一時的であったり、痛みやしびれの原因が筋肉にある筋膜性疼痛症候群の場合はブロック注射といえども効かないことも多いです。

脊柱管狭窄症でブロック注射が効かない!そんな時の理由と対処法

3-5 手術

脊柱管狭窄症になり、かなり重い症状が出てしまった場合は手術が必要なことが多いでしょう。

できれば手術は受けたくないというのが誰しも本音だと思います。ですが、緊急性の高い場合や手術をしなければ後遺症が出ることもあります。

筋力低下、麻痺、膀胱直腸障害といった重い症状が出てしまった場合で、医師が手術と判断した場合は手術を受けるべきでしょう。

4 脊柱管狭窄症の症状が筋肉に原因があるならこの方法

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の痛みやしびれは、神経だけではなく固まってしまった筋肉が原因で出ることも多くあります。

筋肉が原因ということは、そもそも手術をして神経圧迫の状態を取り除くということの意味がありません。なので、必ず手術が必要というわけではないのです。

脊柱管狭窄症は手術をすべき?手術を検討中の方に伝えたい6つのこと

では、筋肉が原因で症状が出ている場合はどうすれば良いかというと、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術して、筋肉が緩むようにしていく方法。ですから、脊柱管狭窄症になっていても、症状の原因が筋肉にあるなら施術の対象になるということですね。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれにトリガーポイント鍼療法をする5つの理由

5 脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方へ

脊柱管狭窄症になると、いろいろな症状が出て本当につらいと思います。特に、痛みやしびれは多くの方に見られる症状なので困りますよね。

重度の症状の場合は、手術が必要なことが多いでしょう。ですが、痛みやしびれ、間欠跛行といった多くの方に見られる症状の原因は神経だけではありません。

ですから、痛みやしびれが続く場合でも、神経に対しての治療しか受けていなければ症状の改善は見込めません。

逆に言うと、神経への治療しか受けていなければ良くならないのは当然。ですから、症状が長引いていてもあきらめないで欲しいのです。

脊柱管狭窄症の痛みやしびれが治らない!お悩みの方に伝えたい4項目

本当に神経が原因で症状が出ているなら、神経に対しての治療やさらには必要なら手術を受けるのが良いでしょう。ですが、原因が筋肉ならその必要はありません。

筋肉が原因なら、筋肉の状態を良くすることを目的とした治療や対策、セルフケアといったことが必要ということですね。

脊柱管狭窄症の症状が続いていても、筋肉が原因で良くなっていないだけかもしれませんのであきらめないでくださいね。

脊柱管狭窄症による足の痛みやしびれでお悩みならこちらもどうぞ

まとめ

  • 脊柱管狭窄症で多くの方に見られる主な症状には、痛み、しびれ、間欠跛行がある
  • 脊柱管狭窄症の症状で重症の場合には、筋力低下、麻痺、膀胱直腸障害といった場合があり手術が必要なことが多い
  • 脊柱管狭窄症の症状は、すべてにおいて神経が原因というわけではなく、固まった筋肉が原因でさまざまな症状が出ていることもある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。