腱鞘炎で字を書くのがつらい!そんな時の原因や具体的な対策など8項目

字を書く
LINEで送る
Pocket

腱鞘炎になり、字を書くとだんだん痛みが強くなりつらい。

こういう状態になると、仕事で字を書くことが多い方だと困りますよね。痛みを我慢して書き続けるとさらに痛くなるし、かといって字を書かないわけにもいかない。

このような字を書く時の痛みですが、原因ははっきりしていることが多いです。そして、対策もちゃんとあります。

では、字を書く時の痛みの原因は何か?そして、字を書いても大丈夫になるためには、どんな対策をすれば良いのか?などについて解説をしています。

腱鞘炎になり字を書くのがつらい方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎で字を書くと痛みが出る時の原因は?

黒板

腱鞘炎になり、字を書くと痛みが出てくる。この場合の原因は、多くの場合で腕の腱や筋肉が固まってしまったことにあります。

腱や筋肉が固まってしまうと、動かした時に痛みが出るようになります。こういう痛みは、筋膜性疼痛症候群と呼ばれていて、腱鞘炎の原因の1つと考えられます。

字を書き始めて、最初は痛みがあまりない。でも、徐々に手首などが痛くなり、字を書きづらくなってくる。こういう場合は、腱や筋肉に原因があると思われます。

2 字を書くと痛む時の原因になる腱や筋肉

字を書いていると、だんだん手首が痛くなってくる。こういう場合、どの腱や筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

腱鞘炎の原因になる腱や筋肉

赤い印の部分の腱や筋肉が原因で×印の部分に痛みが出る

写真に赤い印と、バツ印を付けています。赤い印の部分が腱や筋肉。そして、腱や筋肉が固まった状態で字を書くと、バツ印を付けた手首の辺りに痛みが出るようになります。

痛みが出るのは手首だけではなく、指や親指の付け根などのこともあります。

3 字を書くと痛む時にサポーターは有効か?

腱鞘炎のサポーター

腱鞘炎になり、字を書くと手首が痛くなってくる。こんな場合、サポーターは有効なのかどうか気になる方もいるでしょう。サポーターに関しては、まず使ってみてから判断してください。

サポーターを着けて字を書いてみる。そうすることで、少しでも楽に感じるなら使ってみる。全く変わらないなら、むしろ外しておく方が良いです。

サポーターだけではなく、固定用の装具、テーピングでも同じと思ってください。

腱鞘炎はサポーターをしたほうがいい?迷う方にお伝えしたい8項目

4 字を書くと痛む時に湿布は有効か?

湿布

字を書くと、腱鞘炎の痛みが出てくる。この場合に、湿布を貼るのはどうかと考えた方もいると思います。ただ、湿布に関しては、痛みの原因によって有効かどうかが決まります。

腱鞘炎の痛みの原因が、炎症によって出ていることがあります。そして、湿布は消炎鎮痛剤。ですから、炎症による痛みが出ているなら、湿布は有効と考えることができます。

ですが、固まった腱や筋肉のみが原因なら、湿布を貼っても残念ながらあまり効果は期待できないでしょう。

5 痛み止めを飲んでも治まらないのはなぜ?

痛み止めの薬

字を書いていると、だんだん腱鞘炎の痛みが強くなる。そんな時に、痛み止めを飲んでも効かなかったという方もいると思います。なぜ効かないのかというと、薬は消炎鎮痛剤だからです。

腱鞘炎の痛みが、炎症によるものなら湿布と同様に痛み止めも有効でしょう。ですが、固まった腱や筋肉が原因の状態には効果は期待できません。

痛み止めが良い・悪いではなく、腱や筋肉をゆるめる作用がないのです。頭痛がする時に、腹痛の薬を飲んでも効かないのと理屈は同じということですね。

腱鞘炎で痛み止めが効かない!ロキソニンを飲んでも痛む理由と対処法

6 腱鞘炎で字を書くと痛む場合の注意点

注意点

腱鞘炎になり、字を書いていると痛みが強くなってくる。この場合の注意点は、必要以上に手を使うことは控えるということです。

字を書いていると痛みが強くなるのは、固まった腱や筋肉に原因があることが多いです。その状態で、痛みを我慢しながら手を使い続けると、症状が悪化することも考えられます。

仕事で字を書かなければいけない。そういう状況なら、仕事を優先し、それ以外では可能な範囲で手に負担のかかることを控えてください。

7 腱や筋肉が原因で字が書けない時の対策

腱鞘炎

腱鞘炎の痛みの原因が、固まってしまった腱や筋肉にある。そして、それが原因で字が書けない。そんな場合の対策の1つに、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まって痛みの原因になっている腱や筋肉を施術する方法。ですから、腱鞘炎による痛みの原因が、手や指の腱や筋肉にあるなら施術ができます。

字を書いているとだんだん手首が痛くなる。そんな場合は、トリーポイント鍼療法で施術することが可能です。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

8 腱鞘炎の痛みで字が書けない方へ

腱鞘炎になり、字を書いていると手首や親指などが痛くなってきて書けなくなる。こういう状態は、仕事で字を書くことが多い方だと困りますよね。

さらに、湿布を貼っても、痛み止めを飲んでも痛い。サポーターやテーピングも、試してみたけれどやっぱりあまり変わらない。

こうなると、どうすればいいのかと不安になってしまうと思います。

ただ、腱鞘炎による痛みの原因は、ほとんどの場合で腱や筋肉が固まったことにあります。炎症だけが痛みの原因ではありません。

だからこそ、湿布や薬がダメな場合でも、ガッカリせずにいて欲しいのです。そして、腱や筋肉をゆるめるにはどうすればいいのか?ということを考えて欲しいのです。

自分で出来ることとしては、今回も解説したようにできる範囲でいいので手を使うことを控えること。そして、その上で、筋肉をゆるめる対策をしていく。

そのための方法の1つが、トリガーポイント鍼療法という施術。こういう方法もあるということを知ってもらえればと思います。

腱鞘炎による痛みで字を書くのがつらい方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎による痛みで字を書くのがつらい。その場合の原因は、固まってしまった腱や筋肉にあることが多い
  • 腕の筋肉、手首や指の腱が固まって痛みが出ている。そんな場合には、湿布や飲み薬の痛み止めが効かないことがある。なぜなら、それらは炎症に対しての消炎鎮痛剤だから
  • 固まった腱や筋肉が原因の痛みがある時は、優先順位を付けて手を使うことを決める。そして、それ以外はできる限り手を使うことを控えるのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。