腱鞘炎で親指の付け根が痛い!痛みの原因や対策などについて9項目

親指の付け根
LINEで送る
Pocket

腱鞘炎になると、親指の付け根が痛くなることがあります。

親指を動かしたり、手に力を入れたりすると痛みが出る。また、その他ちょっとした動作などで親指の付け根が痛くなることもあります。

こういう痛みの原因には、いくつか考えられる要因があります。そして、それぞれに対しての対策もちゃんとあります。

では、親指の付け根が痛くなる原因は何か?そして、どういうことが必要なのか?などについて解説しています。

腱鞘炎に伴い親指の付け根が痛む方は続きをどうぞ。

1 腱鞘炎で親指の付け根が痛む理由

黒板

腱鞘炎で親指の付け根が痛むのは、腕や手のひらにある親指を動かす筋肉が固まっているからです。

腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合、原因はいくつか考えられます。そのうちの1つが、親指を動かす筋肉が固まっていること。そして、筋肉とつながっている腱も痛みの原因になっていることも多いです。

親指を動かすとか、力を入れた時に痛む。そんな場合は、腱や筋肉に原因があることが多いです。

2 親指の付け根が痛む時のもう1つの原因

手首

腱鞘炎で親指の付け根が痛む。その場合に、考えられるもう1つの原因があります。それは、炎症が親指の付け根周囲で起きているということ。

炎症が起きると痛みの原因になります。腱鞘炎という名前のとおり、何らかの理由で炎症が起きていると痛みが出るようになります。

腱や筋肉が原因の場合と違って、安静にしていても痛む。または、ズキズキとうずくように痛む。そんな場合は、炎症による痛みと考えられます。

3 親指の付け根が痛む場合にサポーターは有効か?

腱鞘炎のサポーター

腱鞘炎で親指の付け根が痛む。その場合に、サポーターを使うのはどうかと思う方はいるのではないでしょうか。サポーターについては、一度着けてから判断するのが良いです。

着けることで、楽に感じるならサポーターをするのが良いです。しかし、サポーターを着けても変わらない。そんな場合は、むしろ使わないのが良いです。締め付けているだけですから。

一度着けてみて、親指を動かすのが楽になる、痛みが少し軽く感じる。それならサポーターをしているのが良いということですね。

4 親指の付け根周囲に湿布を貼るのはどうか?

湿布

腱鞘炎で親指の付け根が痛む。そんな場合に、親指の付け根周囲に湿布を貼るのは効果があるでしょうか?これは、痛みの原因が何かによって変わります。

腱鞘炎の痛みは、固まった腱や筋肉の場合と炎症という2つの原因が考えられます。そして、湿布は貼る消炎鎮痛剤。ですから、炎症による痛みが親指の付け根に出ていれば湿布は有効となります。

かぶれやすい方には不向きですが、そうでなければ一度貼ってみるのが良いですね。それで痛みが楽になるなら、しばらく貼っておくのが良いということになります。

5 痛み止めを飲んでも変わらないのはなぜ?

痛み止めの薬

腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合に、いわゆる痛み止めを飲んだけれど変わらないという方もいると思います。なぜ効かないかというと、痛み止めの作用に理由があります。

病院で処方される痛み止めは、多くの場合消炎鎮痛剤です。ですから、炎症による痛みが出ているなら効果があるでしょう。ですが、痛みの原因が炎症以外なら、効果はほとんどありません。

例えば、ロキソニンは消炎鎮痛剤ですが、服用しても親指を動かすと痛む。そんな場合は、炎症ではなく固まった腱や筋肉が原因だから効かないということですね。

腱鞘炎で痛み止めが効かない!ロキソニンを飲んでも痛む理由と対処法

6 痛み止めの注射は痛いだけだった方に知って欲しいこと

痛み止めの注射

腱鞘炎で、親指の付け根の痛みがなかなか取れない。そこで、痛み止めの注射をしてもらったけれど、注射が痛かっただけで肝心の痛みは変わらない。こういう方もいると思います。

そんな方に知って欲しいのは、注射の作用についてです。痛み止めの注射は、消炎鎮痛を目的としています。つまり、炎症が原因なら効果は期待できるということ。

しかし、飲み薬と同じで、そもそも炎症が起きていなければ腱鞘炎の痛みは変わりません。そして、注射が痛いだけだったということになってしまうのです。

腱鞘炎で注射をしても効かなかった方に知って欲しい9つのこと

7 痛みの原因になりやすい腱・筋肉はこの辺り

腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合、原因は腱や筋肉が固まったことによる場合があります。

その場合は、どの辺りが原因になりやすいのかを解説します。写真をご覧ください。

親指の付け根の痛みの原因になる筋肉

腕・手のひらの筋肉や腱が痛みの原因になりやすい

親指の付け根辺りにバツ印を、そして、腕と手のひらに赤い印を付けています。赤い印の部分にある腱や筋肉が固まってしまうと、バツ印の部分に痛みが出やすくなります。

つまり、こういった辺りの腱や筋肉への対策が必要ということですね。

8 固まった腱・筋肉が原因の痛みへの対策

腱鞘炎

腱鞘炎になり、親指の付け根が痛む。その原因が、固まった腱や筋肉にある。そんな場合には、腱や筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みの原因になっている部分に施術をする鍼の方法です。親指の付け根が痛む場合でも、炎症ではなく腱や筋肉が原因なら施術ができます。

親指の関節を曲げる、手に力を入れる。こういった動作で親指の付け根が痛むなら、腱・筋肉に原因があるということになります。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

9 親指の付け根が痛む方へ

腱鞘炎で親指の付け根が痛むと、日常生活や仕事で困ることが増えますよね。

そこで、サポーターや、湿布をしても痛みが変わらない。さらには、薬を飲んだり注射をしてもらってもやっぱり痛い。

こうなると、何が原因なのか?そして、どうすれば良いのか?手術しなければいけないのかななど、いろいろいと考えたり不安になったりしますよね。

ただ、こういう親指の付け根の痛みは、炎症だけが原因ではないのです。今回解説してきたように、腱・筋肉が原因のことも非常に多いのです。

腱や筋肉が固まった状態に対して、消炎鎮痛剤は残念ながら効かないです。これは、薬や注射がダメということでないのです。そもそも、原因と作用が合っていないということ。

ですから、炎症が原因なら炎症への対策が良いですが、腱や筋肉に原因があるならそれらへの対策が必要ということですね。

こういうことが分かってしまえば、少し安心ではないでしょうか。そして、腱・筋肉が原因の場合の対策もあるということも、合わせて知ってもらえればと思います。

腱鞘炎で親指の付け根が痛くてお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 腱鞘炎で親指の付け根が痛む。そんな場合に考えられる理由は2つ。それは、炎症と固まってしまった腱・筋肉ということ
  • 親指の付け根が痛む場合、腱鞘炎用のサポーターは一度使ってから判断する。使って楽なら使い続ける。そうではないなら、むしろ外しておくほうが良い
  • 炎症が原因なら、消炎鎮痛剤としての湿布や薬、注射が有効と考えられる。しかし、固まった腱や筋肉が原因なら、消炎鎮痛剤はそもそも原因が違うので効かないということになる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。