手をつくと手首が痛い!そんな痛みの原因と症状への対処法

LINEで送る
Pocket

手をつくと、手首が詰まるような感じがして痛む。

起き上がろうとして床に手をついた時や、座った状態から立ち上がろうとして手で支えた時などに痛むことがあると思います。

こういう痛みですが、手首の関節が悪いように感じるかもしれません。ですが、捻挫や骨折などをしていなければ、関節は関係ないことがほとんど。

では何が原因かというと、手をついた時に痛むなら原因ははっきりしています。そして、その場合にどういう対策が必要かということも。

手をついた時に手首が痛む原因、そしてその対策について解説をしています。

手をつくと手首が痛む状態でお困りなら続きをどうぞ。

1 手をついた時に手首が痛む原因は?

黒板

手をついた時に手首が痛む。この場合、手首の関節が詰まるように痛むと思いますが、原因は腕の筋肉にある場合がほとんどです。

捻挫や骨折などをしていれば別ですが、そうでなければ原因は腕の筋肉が固まったことにあります。固まった筋肉に力が入るため、痛みが出ている状態です。

捻挫や骨折なら、手をつくだけでなく何もしていなくても痛みます。ですが、手をついて力を入れた時に痛むなら、腕の筋肉が固まったことが原因と考えられます。

2 どの筋肉が原因になるのか?

手をつくと手首が痛む。その場合に、捻挫や骨折をしていなければ原因は筋肉にあります。では、どの辺りの筋肉が原因になりやすいかを解説します。

写真をご覧ください。

手首が痛む原因になる筋肉

手首にバツ印を、そして腕に赤い印を付けています。赤い印の部分にある筋肉が固まってしまうと、バツ印を付けた部分に痛みが出るようになります。

手をついて起き上がろうとすると、手首が詰まるように痛む。この原因は、腕の筋肉にあるということですね。

3 手をついて手首が痛む場合にサポーターは有効か?

サポーター

手をついた時に、手首が詰まるような感じで痛む。この状態の時に、サポーターが良いのではと考える方もいると思います。サポーターに関しては、使ってから判断してください。

サポーターを手首にすることで、手をついた時の痛みが軽減する。もしそうなるのであれば、痛くなくなるまでの間サポーターをするのが良いでしょう。

しかし、サポーターをしても変わらないなら、締め付けているだけですから外す方が良いです。使って楽かどうかで判断してみてくださいね。

4 手をつくと痛む場合に湿布はどうか?

湿布

手をつくと手首が痛い。その状態に対して、湿布を貼ってみてはどうかと考える方もいると思います。ですがこの場合、湿布の効果はあまり期待できません。

なぜなら、湿布は貼る消炎鎮痛剤だからです。つまり、炎症による痛みが原因で手をついて痛むなら有効。ですが、固まった筋肉が原因で痛む場合は、湿布を貼っても痛むでしょう。

炎症による痛みは、捻挫や打撲で見られます。ですが、手をついた時に痛むのは、固まった筋肉が原因。その状態に、消炎鎮痛剤は効かないのです。

5 腕のストレッチは有効か?

腕のストレッチ

手をついた時に手首が痛む。その原因が、腕の筋肉が固まったことにあるなら、腕の筋肉をストレッチすることは良いですね。

手の甲側の筋肉を優しく伸ばしてあげてください。痛みが出るほど強く曲げて伸ばす必要はありません。心地よく感じる程度で十分。

ほんの少しで構いませんから、毎日少しずつ取り組んでみてください。やり過ぎると、後から痛みが増す場合がありますので気をつけてくださいね。

6 筋肉が原因ならこういう施術もある

トリガーポイント鍼療法

手をつくと手首が痛む。その原因が、腕の筋肉が固まったことにある。そんな場合、専門の方法として、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みの原因になっている筋肉に対して直接施術をする方法です。ですから、手をついた時の痛みが、腕の筋肉に原因があるなら施術が可能。

手をついて力を入れると痛む。手をつくと詰まるような感じで痛む。そんな場合は、筋肉が原因なのでトリガーポイント鍼療法での施術対象になります。

腱鞘炎にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際など7項目

7 手をつくと手首が痛む状態でお困りの方へ

手をつくと手首が痛む。この場合、骨や関節が原因と思いがちです。ですが、捻挫、打撲、骨折といった明らかなケガがなければ原因は筋肉。

腕の筋肉が固まってしまうと、手をついた時に詰まるような感じがして痛みが出るのです。ですから、この場合必要なのはそれらがゆるむこと。

湿布がダメということではないですが、そもそも筋肉をゆるめる作用がありません。また、サポーターも良いですが、あくまでも補助具。

ですから、原因となっている筋肉へ直接対策をするのが良いということなのです。そして、そのための方法もあるということを知ってもらえればと思います。

手をつくと手首が痛くてお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 手をつくと手首が詰まるような感じで痛む。その場合の原因は、明らかなケガをしていないのであれば腕の筋肉にある
  • 筋肉が固まって痛みが出ている場合、サポーターは着けて楽なら着ければ良いが、変わらないならむしろ外す方が良い
  • 筋肉が固まったことで痛む場合、湿布の効果は期待できない。なぜなら、湿布は消炎鎮痛剤だから

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。