ばね指とは?指を曲げ伸しすると痛くて引っかかる症状の原因や対処法

ばね指
Pocket

ばね指という症状があります。

指を曲げたり伸ばしたりする時に痛みが出たり、引っかかってしまうという症状です。このばね指ですが原因は一体何でしょうか?

また、実際にばね指になってしまった場合はどういう治療や対処法があるのでしょうか?

今回は、ばね指とはどういう症状で原因は何か、また治療や対策としてはどういう方法があるのかなどについて分かりやすく解説しています。

1 ばね指(弾発指)とは?

ばね指とはどういう症状なのかということから解説していきます。

1-1 ばね指とはこういう症状のことを言います

指を曲げたり伸ばしたりという動作は、腕の筋肉と指の腱によって行われています。

そして指の腱は腱鞘と呼ばれる靱帯によって浮き上がらないように押さえられています。下の写真をご覧下さい。

ばね指

写真はイメージですが、赤い線が指を動かす腱で、綠の部分が腱を押さえている腱鞘と思って下さい。指が動く時に腱鞘はこのようにして腱が浮き上がらないようにする役割を果たしているのです。

そして、この腱と腱鞘の部分で炎症が起きると腱鞘炎になり、さらにそこから指を動かしたときにカクンと引っかかるようになるのがばね指です。

1-2 ばね指と呼ばれる理由は?

ばね指と呼ばれる理由は、指を曲げ伸しする時に引っかかるようになり、その様子をばね現象と言います。そこからばね指と呼ばれています。

なお、正式な名称は弾発指(だんぱつし)と言います。

2 ばね指の原因は何?

ばね指の原因は?

なぜばね指になってしまうのかという原因について解説します。

2-1 ばね指の原因の多くは使い過ぎ

仕事や家事またはスポーツで手先をよく使う方がばね指になる傾向があります。簡単に言うと使い過ぎということになります。

指の腱は腕の筋肉とつながっています。つまり、腕や手先を頻繁に使うことで腱鞘が肥厚したり、腱が腫れてしまうことがあります。

その結果、腱と腱鞘の間で摩擦が起きてしまい動きが悪くなるという状態ですね。また、その結果炎症が起きてしまい痛みにつながります。

2-2 ばね指はこんな状態

ばね指はどういう状態かと言うと、腱鞘でできているトンネルを腱が上手く通れない状態です。

つまり、腱が一部肥厚することで腱鞘をスムーズに通らなくなるため引っかかりが起こるようになります。

  • 腱と腱鞘が正常な状態=動きがスムーズ
  • 腱が腱鞘より腫れたり腱鞘が肥厚する=動きが悪くなり引っかかったり炎症が起きる

2-3 ばね指になりやすいのはどんな人?

ばね指になりやすいのはどういう方か例を挙げてみます。

  • 仕事や家事、スポーツで手や指をよく使う方
  • リウマチの方
  • 糖尿病の方
  • 透析をされている方
  • 出産後や閉経後の女性

仕事や家事、趣味やスポーツで手や指をよく使うの場合は使い過ぎが原因。仕事内容としてははさみをよく使う美容師さんや植木の職人さん、またはパン職人さんがパン生地をこねることで腱鞘炎やばね指になってしまうことも多いです。

趣味やスポーツの場合は編み物やボルダリングをしている方などに多いと言われています。

そして、リウマチの方は化膿性腱鞘炎を引き起こすことがあり、その化膿性腱鞘炎がばね指へと進行してしまう場合もあります。

出産後や閉経後の女性がばね指を発症するのは主にホルモンバランスが崩れるためと考えられています。

2-4 ばね指になりやすいのはどの指?

ばね指にはどの指もなる可能性がありますが、傾向として多いのは次の通りです。

  • 親指
  • 中指
  • 薬指

どれか一本だけの方もいれば、複数箇所ばね指になってしまう方もおられます。

3 ばね指の症状

ばね指になるとどういう症状がよく見られるのかについて解説します。

3-1 痛み

ばね指になると指を曲げ伸しする時に痛みが出ることが多くなります。また、指の付け根が痛くなったり、朝起きた直後が特に痛みが強いといった状態にもなりやすいです。

3-2 ばね現象

ばね指という名前の通り、指がひっかるばね現象も見られるようになります。

  • 指を伸ばそうとすると引っかかるような感じがする
  • 指を伸ばすときに関節がカクンとなる
  • 指を曲げて伸ばそうとするときにばねが弾けるような伸び方をする

このばね現象がひどくなると指を曲げた時にロックしたようになり自分では指を伸ばせなくなることも珍しくありません。

曲げた指がロックしてしまった場合は痛みを我慢しながらその指を症状のない手を使って伸ばさないといけなくなることが多いです。

3-3 腫れや熱感

腫れや熱感は主に指の付け根辺りに見られることが多いです。

4 ばね指かなと思ったら何科を受診すればいい?

病院

指を曲げ伸しする時に痛いとか、カクンと引っかかる、ロックしてしまって動かせない。

こんな状態になりばね指かなと思ったらまずは整形外科を受診するのが良いですね。

指を動かす時に痛いとか、時々カクンと軽く引っかかるといった症状が軽い段階で早めに受診するのが良いです。日常誰でも手を使うと思います。ですから、ばね指を放っておくとどんどんひどくなる可能性が高いということですね。

特に仕事で手先を使うことが多いとか、手を使った力仕事をすることが多いという方はまずは整形外科を早めに受診しましょう。

5 ばね指に対しての治療

ばね指に対して一般的に病院ではどういった治療が行われることが多いのか紹介します。

5-1 保存療法

ばね指の保存療法としては次のような方法があります。

5-1-1 安静

ばね指の原因として使い過ぎということがあります。そこで悪化を防ぐためにもできる限り安静を図ります。

  • テーピング
  • サポーター
  • 装具

こういった方法で指を出来るだけ安静にて負担を減らします。

5-1-2 物理療法

ばね指の物理療法としては次のような方法があります。

  • 温熱療法
  • レーザー治療

温めることで指を動かす腱や手の筋肉の柔軟性が良くなれば動きもスムーズになることが考えられます。

炎症があり腫れや熱感の症状が強い時は症状が悪化することもありますので注意が必要です。

5-1-3 注射

ばね指に対して注射が行われることもあります。注射はステロイド注射で炎症を抑えることが主な目的です。

5-2 手術

ばね指の症状に対して保存療法を続けても効果がない場合は手術になることもあります。

手術は、腱鞘の部分を少し切開し腱の通りが良くなるようにします。傷口も小さく短時間で済む手術が多いようです。

6 実はもう1つあるばね指の症状を引き起こす原因

ばね指の原因

ばね指の原因として腱が腫れたり腱鞘が肥厚した結果、腱と腱鞘の動きがスムーズでなくなってしまうこと挙げました。

ですが、実はもう1つ考えられるばね指の症状を引き起こしている原因がありますので解説していきます。

6-1 筋肉・腱・靱帯が固まっている

筋肉や腱そして靱帯は疲労が溜ったままでいるとだんだん固まってきます。固まった例を挙げると肩こりがあります。

ばね指でも実はこれと同じような状態になっていることがほとんどです。つまり、腕の筋肉や手や指にある靱帯が固まってしまうと痛みや引っかかりなどの原因になってしまうのです。

6-2 ばね指の原因になりやすい筋肉

ばね指の原因になりやすいのは、腕の手のひら側の筋肉や手のひら・手の甲にある小さな筋肉や腱です。

こういった筋肉や腱が固まってしまうと痛みや動きの悪さ、そしてばね指特有の引っかかりの原因になります。

具体的な筋肉を一部挙げてみます。

  • 深指屈筋
  • 浅指屈筋
  • 長母指屈筋
  • 短母指屈筋

これらの筋肉は指の関節を曲げる時に働く筋肉です。他にもばね指の原因になる筋肉や腱はありますが、こういった筋肉が固まってしまうことでばね指の症状が出ます。

6-3 ばね指の黒幕的存在

中指や薬指がばね指になってしまった場合、先ほど挙げた筋肉以外に黒幕的な存在があります。

それが深横中手靱帯(しんおうちゅうしゅじんたい)という靱帯です。

イラストをご覧下さい。

深指中手靱帯

赤い印の部分が深横中手靱帯

手の関節部分に3カ所赤い印をつけています。ここにある靱帯が深横中手靱帯と呼ばれる靱帯です。

ちょうど関節の部分にあることがお分かりいただけると思います。靱帯も筋肉や腱と同様固まってしまうことがあります。そして、筋肉や腱に加えてこの深横中手靱帯も固まってしまうとばね指の痛みや引っかかりの原因になります。

6-4 筋肉や腱、靱帯が固まると痛みの原因になるのはなぜ?

このように筋肉や腱、靱帯が固まってしまうとトリガーポイントと呼ばれる痛みの元になる部分が筋肉や腱、靱帯に形成されます。

そして、トリガーポイントが原因の痛みなどの症状を筋膜性疼痛症候群と言います。

腱の腫れや腱鞘の肥厚などもばね指の原因ではありますが、腕の筋肉や腱、そして手の靱帯などが固まってしまうこともばね指の原因なのです。

7 筋肉や腱、靱帯が固まったことによるばね指にはトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

ばね指の原因として、腕や指、手の筋肉や腱、靱帯が固まってしまうことも痛みや引っかかりと言ったばね指特有の症状の原因になるということはすでにお伝えしました。

では、そういった筋肉、腱、靱帯が固まったことが原因のばね指の症状にはどういった対策があるのでしょうか?

7-1 筋肉や腱に鍼をするトリガーポイント鍼療法

当院ではこのようなばね指の症状に対して筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

鍼治療というとツボに鍼をするイメージがあると思います。

ですが、トリガーポイント鍼療法ではツボではなく筋肉に対して施術を行います。

7-2 ばね指に対するトリガーポイント鍼療法

ばね指の症状に対してはどの辺りにトリガーポイント鍼療法の施術を行うのかを写真で紹介しますのでご参考下さい。

ばね指の症状が出やすい部分

ばね指で痛みが出たり引っかかりやすい部分

写真にバツ印を付けています。ばね指で痛みが出やすいとか引っかかりやすいのはこの辺りが多いです。

こういった部分にばね指の症状が出ている場合に施術をするのは次のような部分です。

写真をご覧下さい。

ばね指の施術部位

腕の施術部分

ばね指の手のひらの施術部位

手のひらの施術部分

ばね指で施術をするのは主に腕の筋肉や腱です。1枚目の写真で腕の赤い印をつけている部分辺りの筋肉が固まってしまうとばね指の原因になりやすいです。

手のひらにも小さな筋肉があるのですが、手のひらは敏感な部分ですから鍼の施術ではなくトリガーポイント療法専用のツールを使って施術をします。

手のひらの施術部分は2枚目の写真に赤い印をつけている部分ですね。

ここは、ちょうど骨と骨の間に相当します。この骨と骨の間にも小さな筋肉があり、これが固まってしまうことで痛みや引っかかりの原因にもなります。

また、深横中手靱帯も鍼ではなくツールを使った方法で施術を行います。

8 ばね指になった時にやってはいけないこと

ばね指になった時にやってはいけないことがありますのでご参考下さい。

8-1 痛む部分を揉んではいけない

ばね指になった場合、痛む部分を揉んではいけません。

ばね指で患部を揉んではいけない

ばね指になったら患部を揉んではいけない

痛みのある部分をつい揉んでしまいたくなるというのはよく分かります。

ですが、上の写真のように痛みがある関節部分を揉むと腫れたり熱感が出てきたり、ズキズキとした痛みが出てくることが多くあります。

指の骨と骨の間の筋肉を揉むのであれば構わないのですが、痛む部分を直接揉むのは症状が増す可能性が高いですから控えて下さい。

8-2 熱感がある時に温めてはいけない

ばね指になると患部に熱感を生じることがあります。

こういう時は当然ですが温めてはいけません。温めたその瞬間は良いかもしれませんが、後から痛みが炎症が強くなり痛みが増すこともありますので熱感がある時はくれぐれも温めないよう気をつけて下さい。

8-3 指を無理矢理伸ばしてはいけない

ばね指になった時に、痛みや引っかかりのある指を無理矢理何度も伸ばすのは良くありません。

ばね指で指を伸ばしてはいけない

指を無理矢理伸ばそうとしてはいけない

痛みや引っかかりがある場合、自然と写真のように指を伸ばしたくなるかもしれません。

ですが、これもやり過ぎると後から痛みが増す可能性が高いです。写真のような方法だと腱の部分がやや伸びることになりますが、そもそも腱が固まった場合に写真のような方法で伸ばしても十分に伸びるわけではないのです。

ですから、痛みや引っかかりが強い時は特にですが指を無理矢理伸ばそうとしないで下さい。

9 ばね指のセルフケア

ばね指のセルフケアを紹介します。

9-1 安静第一

ばね指のセルフケアとしては安静と使用頻度を出来るだけ減らすということです。

そうは言っても実際手の使用頻度を減らすというのはかなり難しいですよね。ですから、装具やサポーターなどを着けるというのも良いですね。

実際ケアに放っていないかもしれませんが、ばね指はそれくらい程度の重い症状ということなのです。

9-2 ストレッチするなら腕の筋肉

先ほど、指を伸ばしてはいけないということをお伝えしました。

ただ、ばね指の原因として腕の筋肉も関係しています。ですから、ストレッチをするのなら指ではなく腕の筋肉を伸ばすようにするのが良いですね。

前腕屈側のストレッチ

腕のストレッチ

この時、指を無理矢理反らさないよう注意しながら行って下さい。

伸ばすのは指ではなく腕の筋肉ということを忘れないようにして下さいね。

まとめ

  • ばね指(弾発指)とは、指の腱が腫れたり腱鞘が肥厚することで炎症が起きたり動きが悪くなることで指の痛みや引っかかりが出る症状のことを言う
  • ばね指の原因は腱の腫れや腱鞘の肥厚だけではなく、腕や手の筋肉、腱、靱帯が固まってしまったことの場合も非常に多くある
  • ばね指の対処法としては保存療法や手術もしくは筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。