腰の椎間板ヘルニアになった時に今日から禁止して欲しいこと

バツ 腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアになり、腰からお尻、足にかけて痛みやしびれがある。

こういう状態の時、ほとんどの方は何らかの治療を受けていることと思います。ただ、そういった治療に加えて自分でも何かできることをしたいと思う方も多いでしょう。そこでいわゆるセルフケアを始める。

セルフケアに取り組むこと自体はとても良いことですよね。ですが、その中にはやってはいけないことを知らずのうちに一生懸命やってしまっている場合も意外と多くあります。

やってはいけないことをやるわけですから、当然続けているといつかどこかのタイミングで痛みやしびれがひどくなることが考えられます。ひどくならないまでも長引くきっかけにそのセルフケアとして取り組んだことがなってしまう場合も。

早く良くなりたいって思って始めたことが、悪化や長期化の要因になってしまっているのはもったいないですよね。それを避けるにはどういうことをやってはいけないのかを知っておけば大丈夫ということになります。

じゃあセルフケアとしてやってはいけないことは何か?ってなりますよね。

そこで今回は、腰の椎間板ヘルニアになり痛みやしびれがある時にセルフケアとして今日からすぐに禁止して欲しいやってはいけないことについて解説をしていきますのでぜひご参考ください。

それでは始めますね。

痛みやしびれを運動で治そうとすること

ウォーキング

セルフケアとして今日から禁止して欲しいことの1つ目は、運動することによって痛みやしびれを治そうとすることです。

腰の椎間板ヘルニアによる痛みやしびれがある時に、運動でもすれば良いのでは?と思って痛い・しびれるにも関わらず運動を始めてしまう方は多いです。お気持ちはよく分かりますが、運動すれば治るわけではないのでこれはおすすめできません。

筋肉が原因のことが多くある

腰の椎間板ヘルニアと言っても、実は筋肉が原因で痛みやしびれが出ていることが多くあります。

筋肉は固まってガチガチの状態になると筋肉そのものが痛みやしびれの原因になります。こういう状態のことを専門用語で筋膜性疼痛症候群といいます。要するに筋肉がケガをしている状態と思ってください。

そんな筋肉の状態で運動をするとどうなるか?当然筋肉に負担がかかりますので筋肉はさらに固まってしまいます。そうなると、痛みやしびれがひどくなったり長引いたりする結果になりかねません。

だからおすすめできないのです。

ウォーキング程度なら良いのでは?

歩かないと筋力が落ちるとか、将来歩けなくなったら困るという理由でウォーキングを始める方もいます。ですが、これもダメですしそもそも必要ありません。

ウォーキングは痛みやしびれを治すためのものでしょうか?違いますよね。健康な時に、体力をつけるとか、ダイエットとか、そういう目的なら分かります。ですが痛みを治すためのものではありません。

ウォーキングは確かにハードな運動ではありません。ですが、続けることで先ほどと同じように筋肉にとっては負担になります。だからダメだし必要ないということ。

痛くなってから始めるものではない

もう1つだけ。運動ってそもそも痛みが出てから始めるものではありません。腰の椎間板ヘルニアによる痛みやしびれがある方で、どちらかというと普段運動をしない方が運動によって痛みやしびれを治そうとしてしまいがち。

なぜかと言うと、普段運動をしていないからヘルニアになってしまったんだと考えてしまうんですね。これもお気持ちはよく分かりますよ。でも運動不足とヘルニアは関係ないです。そしてヘルニアの痛みやしびれが出てから運動は始めるものではないですよね。

だから必要ないということです。

やってはいけない体操

バツ

セルフケアとして今日から禁止して欲しいことの2つ目は、やってはいけない体操やエクササイズです。

やってはいけないことなので当然といえば当然。じゃあどういうことをやってはいけないのか?具体例を紹介しますね。

腰とお尻を突き上げる体操

腰痛体操

1つ目は腰とお尻を突き上げる体操です。

これくらいの体操ならやろうと思えばよほど痛みが強い状態でもない限りできるでしょう。ですが、そんな風にできる方ほどやってはいけません。なぜかと言うと、腰やお尻の筋肉にとっては負担になるからです。

先ほどお伝えしましたが、腰の椎間板ヘルニアと言っても筋肉が固まってしまった結果痛みやしびれが出ていることがあります。そんな時に、この腰とお尻を突き上げる体操をくり返すのは、痛みやしびれの原因になっている腰やお尻の筋肉を自分で痛めつけているのと同じこと。

だからやってはいけないんですね。

数回程度ならできると思います。ですが、こういうことって何回何セットという形でやりますよね。そして何日も頑張って続けてしまう。健康な時であればそうすることに意味があります。ですが、筋肉が原因で痛みやしびれが出ている時は、続ければ続けるほど悪化や長期化につながることが多いと思ってください。

腰を大きく反らす体操

やってはいけない腰を反らす体操・動作

2つ目は腰を大きく反らす体操です。

これも先ほどの体操と同じで、頑張ってやればやるほど腰やお尻の筋肉にとっては負担になってしまうと思ってください。

特に普段から腰を反らすと痛みやしびれがはしるという状態の方は絶対にダメ。腰やお尻の筋肉が固まって痛みやしびれの原因になっている時に、写真のように腰を大きく反らすという動作は固まった筋肉をさらに自分で押し固めているのと同じ状態になっています。

だからダメなんですね。

そしてこれも先ほどと同じですが、数回やる程度ならできると思います。ですがこの体操も何回何セットという形でやりますよね。また、腰を大きく反らした状態で何秒間静止ということをすると思います。これが良くない。

結局筋肉を痛めつけているだけなのです。だからもしやっているのなら今日からすぐにでも禁止して欲しいのです。

自重のスクワット

スクワット(筋トレ)

最後は自重のスクワットです。

体操ではありませんが、これもやろうとする方が本当に後を絶ちません。何となく良さそうに思えますよね。だからだとは思うのですが、一生懸命やる方が多い。その結果お尻がもっと痛くなったとか、しびれが強くなったという状態になってしまう。

スクワット自体は健康な時なら良い筋トレです。しかし、痛みを治すためにするものではありません。たとえバーベルを使わず自分の体重だけでやる場合でも同じです。

痛みやしびれがある時はまずはちゃんと病院等で治療を受ける。そして良くなってから始めるようにしてくださいね。

やってはいけない姿勢

うつ伏せ

セルフケアとして今日から禁止して欲しいことの3つ目は、やってはいけない日常生活での姿勢です。

具体的に言うと、うつ伏せの状態で上半身を起こしてスマホを見たり、本や雑誌、新聞を読むという姿勢。もちろん写真のようにノートパソコンを見るのもダメですよ。

なぜダメかというと、先ほどやってはいけない体操でもあげましたが、うつ伏せで上半身を起こして何かを見たり読んだりする姿勢は腰を反らした姿勢になるからです。

腰を反らした姿勢でしばらくの間何かを見たり読んだりする。これは腰とお尻の筋肉にとっては負担です。だから今日からすぐに禁止しましょうということですね。

今日から始めていいのはストレッチ

腰の椎間板ヘルニアで痛みやしびれはあるけれど、仕事や日常生活は何とかできる。そういう状態なら今日からストレッチを始めるのであれば構いません。

固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ているわけですからストレッチで伸ばしてゆるめるのが良いということ。具体的な方法については動画をご参考くださいね。

腰の椎間板ヘルニアで根本原因をしっかり伸ばす4つのストレッチ方法

最後に

腰の椎間板ヘルニアになった時に今日からすぐに禁止して欲しいことを紹介しました。どれも問題なさそうに思えたかもしれません。ですが、解説したとおりの理由からダメなんですね。

その代わり、最後に紹介したストレッチなら大丈夫ですから少しずつ始めてみてくださいね。

腰の椎間板ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました