股関節が痛む時に絶対に止めて欲しい運動4選

バツ 股関節痛

股関節が痛む時に絶対に止めて欲しい運動があります。

なぜ止めて欲しいかというと理由は単純で痛みが悪化したり長引く恐れがあるからです

改めてこういうことを言うのは、股関節が痛むという方の多くがその痛みに対して良いと思ってそうったやってはいけない運動に取り組んでしまっているから。

痛みがあるから早く良くなりたい、少しでも自分でできることを何かしたい。そういう純粋な気持ちからコツコツと取り組んでいることが、実は逆に痛みをひどくすることになってしまっている。

それってめちゃくちゃもったいないし、そんなの誰でも絶対イヤですよね。

では、いったいどういう運動はやってはいけないのか?そしてなぜその運動をすると痛みが悪化したり長引くことが考えられるのか?さらに、やってはいけないことではなく、何ならやっても良いのか?

今回はこういったことについて具体例を交えながら解説をしていきます。股関節が痛む時に自分でも何かしたい、すでにいろいろやっているという方はぜひご参考ください。

それでは始めますね。

股関節が痛む時にやってはいけない運動 ①

足あげ腹筋

股関節が痛む時にやってはいけない運動1つ目は足あげ腹筋です。

腹筋がナンデ股関節痛と関係があるの?と思った方も多いかもしれませんね。ですがこれはやってはいけませんのですぐに止めましょう。

特にそけい部が痛い方は絶対にダメ。

そもそもなのですが、股関節が痛む場合でも痛みの原因はいろいろあります。例えば多くの方が考えるのは軟骨の減少、骨や関節の変形などだと思います。

実際に軟骨の減少や骨・関節の変形が痛みの原因になっている方はいます。ですが、それほど多くありませんし、軟骨や骨・関節が原因で痛みが出ている方はこういった足あげ腹筋のような動作はそもそもできないと思ってください。

じゃあできる場合は何が原因か?

これは実は股関節周りの股関節を動かす筋肉が固まってしまった結果痛みが出ている方がかなり多いと思ってください。

なので、普段歩くとそけい部が痛いと言うような場合は筋肉が原因と考えられます。そういう状態の方がこの足あげ腹筋をしてしまうと痛みの原因になっている筋肉をさらに痛めつけることになってしまいます。

そのためやった時はなんともなくても、後から痛みがひどくなったり長引くことが考えられるのです。

ちなみにこちらのイラストをご覧ください。

腸腰筋

イラストの赤い部分は腸腰筋と呼ばれる筋肉です。3つの筋肉を合わせて腸腰筋と呼びます。ちょっと難しいかもしれませんが、イラストの赤い腸腰筋の部分をよく見てください。

背骨から足にかけてつながっているのがお分かりいただけるでしょうか。これはどういうことかというと、腸腰筋が股関節を動かす筋肉の1つになっているということなんですね。

つまりそけい部が痛む方の場合、腸腰筋が痛みの原因の1つになっているとも言えるのです。そんな時に先ほどの足あげ腹筋をするとこの腸腰筋を始め他のそけい部の痛みに関係する筋肉も使って腹筋をすることになります。

そうなると当然筋肉には負荷がかかります。そして負荷をかけ続けているといつかどこかのタイミングでそけい部の痛みがひどくなってしまうことが十分考えられるのです。

だからやってはいけない、今すぐ止めましょうということになるのです。こう考えると、なぜ足あげ腹筋をやってはいけないのかがお分かりいただけたかと思います。

補足になりますが、足あげ腹筋自体は健康な時であれば良い運動です。ですが、そもそも痛みを治すためにするものではないということを忘れないでくださいね。

これがまず1つ目ですね。

股関節が痛む時にやってはいけない運動 ②

バランスストレッチ

股関節が痛む時にやってはいけない運動の2つ目は上記の写真の運動です。

これなんていう名前の運動なのでしょうか。正式名称は知りませんが、写真のように右手と左足を上げて、逆の手足で支えてバランスをとる運動。

これも絶対にダメです。

理由は先ほどの足あげ腹筋と同じ。写真では左足を上げていますが、この状態をとると先ほど紹介した腸腰筋やその他股関節を動かす筋肉に負荷がかかります。

なのでこの運動もそれほどハードな運動ではもちろんありません。ですが、この状態で何秒か静止する運動です。つまり、痛みの原因担った筋肉を使って静止するわけですから当然続けているとその筋肉にとって良い影響はありません。

特にそけい部が痛む方は足あげ腹筋同様、この運動も絶対にやってはいけないしもしやっているのなら今日から止めて欲しい運動ということになります。

これが2つ目。

股関節が痛む時にやってはいけない運動 ③

足を横に上げる体操

股関節が痛む時にやってはいけない運動の3つ目は横向きになって足を真横に上げる運動。

これもダメですね。

なんとなく良さそうに思えるかもしれません。実際にテレビや雑誌でこういう運動でさらに足にチューブを巻いて負荷をかけて行っているようなものをご覧になったことがあるかもしれませんね。

たとえテレビや雑誌で良いエクササイズだと紹介されていたとしても、これもやはり股関節が痛む時は絶対に止めましょうね。

なぜなら理由は同じで股関節を動かす筋肉にとっては負担になるからです。

こちらのイラストをご覧ください。

中臀筋

これは中臀筋といってお尻やお尻の外側に扇形に広がっている筋肉です。上記のイラストは人間の体を横から見たイラストになります。

そしてのこの中臀筋はどういう筋肉かというと、足を真横に上げる働きをする筋肉です。つまり、写真のように足を真横に上げる動作をする時に働く筋肉ということですね。

この中臀筋やその他足を真横に上げる働きをする筋肉が固まってしまうと、股関節の外側の痛みの原因になってしまいます。

その状態で写真のように横向きになって足を真横に上げる動作をくり返す。これはどうなるかもう想像できるかと思います。要するに痛みの原因になっている筋肉にとっては負荷になってしまうということですね。

チューブを足首に巻いて行ったりするとさらに筋肉にとってはマイナス。だからこの運動もやってはいけないということになるわけですね。

これが3つ目。

股関節が痛む時にやってはいけない運動 ④

開脚

股関節が痛む時にやってはいけない運動の最後4つ目は仰向けの状態で足を上げての開脚運動です。

4つのうちでこれが一番危ない運動だと思ってください。なぜかと言うと、気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、この運動は足あげ腹筋と足を開く動作を同時に行っているからです。つまり、股関節を動かす複数の筋肉を使う運動だということ。

この運動をくり返すと、広い範囲で筋肉を痛めつけることになってしまいます。ですから、これが一番良くないということになるのです。

これが最後4つ目ですね。

動かすと楽になるんだけど?

なぜ?

股関節が痛む時に運動はダメという話をすると、動かした方が楽になるんだけどそれでもダメなのか?というご意見が必ず出てきます。

痛い時に運動して楽になるなら、もっと動かした方がいいのでは?こう思ってしまいますよね。ですが、やっぱりダメです。なぜなら、楽になる場合でも次の日になって痛みがピタッと治まっていますか?おそらくそんなことはないはず。

運動したその時は少し楽に感じても、次の日になったらまた同じように痛いのではありませんか。それでは運動で良くなったとは言えませんよね。

ではなぜ一時的とはいえ楽になるのかというとちゃんと理由があります。

筋肉が固まってしまった結果痛みが出ている時に、今回紹介した運動や日常での歩くというようなことででも同じですが股関節を動かすと固まった筋肉が一時的に少しゆるみます。そのため、動かすと少し楽に感じることがあるのです。

ただこれはあくまでも一時的な話。

先ほども触れたとおり、次の日になったらまた同じように痛むのであれば治ったわけではありません。むしろ運動を続ければ続けるほど痛みの原因になっている筋肉にとっては単なる負担。だから、楽になる場合であってもやってはいけないのですぐに止めましょうということになるのです。

こう考えるとお分かりいただけたのではないかと思います。

どうしても運動したいならこの条件を満たしてから

案内女性

そもそも痛みを治すということと、運動をするということは全く別のもの。なので、同じにしてはいけません。ですが、もし運動するならどうなったら運動しても良いのか?と思う方もいるでしょう。

そこで、運動をしても良い場合の条件がありますので紹介します。

  1. 最低7割以上良くなってから
  2. 運動ができる場合でもやり過ぎない
  3. 運動中に痛くなったらすぐ止める
  4. 運動後は必ず股関節周囲のストレッチ

この4つは必ず守って欲しいですね。痛みがある時はケガをしている状態。そういう時に運動をするのであれば、まず7割以上良くなってから。これくらいまで良くなれば痛みも大分軽くなっているはずですし痛みが出る頻度も減っていることでしょう。

ただ、痛みが軽くなったとは言っても、運動は軽い運動にして絶対にやり過ぎないこと。痛みが強くなったらすぐ止めること。これも大事。

運動をした後は必ずストレッチで使った筋肉に疲労を残さないようにしましょう。これもとにかく大事です。

この4つの条件が守れないと、せっかく大分良くなったものがまた逆戻りしてしまうことも十分あり得ますから気をつけてくださいね。

股関節周りのストレッチ方法

ストレッチについて述べましたが、具体的にはどうやってやれば良いのか分からないという方もいると思います。

そこで、股関節が痛む時に比較的簡単にできるストレッチ方法を紹介しますのでご参考ください。お風呂上がりがやりやすいですから、可能であれば入浴後の体が温まっていて筋肉も少しゆるんでいる時にと試してみてくださいね。

股関節が痛む時の原因と簡単にできるストレッチ方法4選

最後に

股関節が痛む時にやってはいけない運動について紹介してきました。

あれもダメこれもダメと言われるとがっかりするかもしれません。ですが、そもそも痛みを運動出直そうとするのは間違い。運動がダメなのではなく、運動は運動で基本的には良くなってから始めてください。

なのでまずは痛みへの対策を始めることが大事です。そして、股関節の痛みと言っても実は筋肉に原因があって痛みが出ている方がかなり多いのも事実。

そんな場合は最後に紹介したストレッチからまず始めてみてくださいね。

股関節の痛みでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました